« 参戦の記録 ナビスコ準々決勝 ホームG大阪戦 | トップページ | 印象深い遠征ではありました »

2007.07.12

敵状視察 NABISCO QF アウェーG大阪戦

さてアウェイでの第二戦。相性のあまり良くない万博ですが、今年は西の方が方角良いみたいだから気にしない。
あちらがホームで負けなしならこちらはアウェーでリーグ6連勝中。コンディションと気持ちの問題かな。試合当日のチケット争奪戦も無いし大丈夫。


Excelsior!     まずはこのネタでしょう。試合当日は分からなかったけど、録画を見たらヒールを出すときにピキッと来たらしい。純埼玉産DFラインもせっかくマグノと二川のコンビに慣れたのだが、また違う対応が必要となるのですね。
バレーはまさかないだろうし、1試合もたない家長が三人分はねぇ。中山とか監督の大好きな前田かな?

超 攻"劇"     システムをいじってきた自チームへの苦言ですかね。次はリーグ戦で慣れ親しんだシステムに戻してくるのか?
策士ではあるが勝負強くない、印象には残るが決定的な結果をなかなか残せない浦和出身の監督の気質はまさに出身高校の気質。だから一発勝負はいけそうな気がするんだよなぁ。

~青空の向こうへ~     非常に真っ当な試合評。右の青木、左の入江の両サイドは確かに弱かった。でも、お互いにギリギリのメンバーで戦っているナビスコ、そうそう代わりはいないでしょう。でもいじってくるか?
こっちも前線はいじるだろうなぁ。

遠征する身の一番の敵は台風4号。
大阪府の暴雨風雨域に入る可能性は11日夜の段階ではまだ10%だが...。
試合が終わったら台風と追っかけっこって感じか
ナビスコ、台風というと2004年の準決勝名古屋戦を思い出しますなぁ。
吉祥吉祥。
2泊分持って遠征か。

|

« 参戦の記録 ナビスコ準々決勝 ホームG大阪戦 | トップページ | 印象深い遠征ではありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15719011

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 NABISCO QF アウェーG大阪戦:

« 参戦の記録 ナビスコ準々決勝 ホームG大阪戦 | トップページ | 印象深い遠征ではありました »