« 酒井の移籍 | トップページ | 敵状視察 ホーム 広島戦 »

2007.07.29

サテライト草津戦 雷雨

欠乏症ここに極まれりで前橋 敷島公園まで行きました。

12時半出発、17号、熊谷バイパス、上武道路経由で15:30のキックオフ5分前到着。
メインスタンドのみ開放、5分入りくらいですかね。

草津はサテライトでもいつも熱いよなぁ。ユース4人の入る浦和、座ってじっくり若手の出来をチェックって感じの観戦。
日に焼けて色の黒さが目立ったなぁ、ウチの若手は。

4-4-2の布陣だったんですかね。DF真ん中二人は堤、坂本。ストッパーはユースの二人。中盤は真ん中二人が赤星、中村。サイドは右が西澤、左はユース。FWは小池+ユースの選手。
ユースもクラブユースがあるので1、2年生主体。

序盤は押しまくられるが徐々に支配。繋ぐ浦和、カウンターの草津という展開に。
カウンターのチームの方が好機といえる機会は多かったかも。でも浦和も右サイドを中心によく繋いだけれども決定機といえるような場面は草津より少なかったかも。

前半0-0、ここで雷が近づき猛烈な雷雨へ。あっさり中止。お金取ってなかったから中止も決断しやすかったかも。でもいい判断。
とても歩けるような振りではなく、結局5時半頃まで競技場で足止め。チームバスは我々より早く競技場を後に。
とにかく半端じゃない雨の降りよう。万博でもアレだけの時間降り続けなかった。

帰りの道中は前橋から関越道。雷雲と雨雲を連れてきちゃった感じで約1時間半、雷・土砂降りと共にの道中。途中、嵐山付近で落雷で照明が落ちるし。
未だかつて無い様な運転の経験をさせてもらいました。

余りに雨が凄かったので試合の印象が薄くなってしまいましたが、相手の攻勢でバタバタしている中で、チームを落ち着かせられる役割がプロには欲しかったなぁと。
贔屓目かもしれないが、堤は落ち着きがあったかなぁ。

雷雲は概ね時速50キロで移動することが体感できました。

|

« 酒井の移籍 | トップページ | 敵状視察 ホーム 広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/15941969

この記事へのトラックバック一覧です: サテライト草津戦 雷雨:

« 酒井の移籍 | トップページ | 敵状視察 ホーム 広島戦 »