« 浦和と名の付くからには | トップページ | 参戦の記録 アウェー 甲府戦 »

2007.08.17

敵状視察 アウェー 甲府戦

万博への長征を終えて、ヘロヘロになって戻ってきました。ガンバ戦で休んだ視察、甲府戦は軽めに。

6勝11敗3分で勝点21、14位の甲府。下との差は小さく厳しい後半戦、前節は横浜FCを叩き、鼻の位置を水面上にキープ。粘り強い。

さあ行こうぜ!ヴァンフォーレ甲府     2-0で完勝した前節、横浜FC戦の様子。3トップの攻撃陣も真ん中に張る須藤頼みのようで(チーム内6連続得点だとか)。両翼の位置取りの低さは全体的な守備力の劣勢からくるものなのでしょうかね。新しい力を見たいサポに対して、残留という大きな課題をこなさなければならない監督。選手の見方のギャップは大きいようで。恐らく結果を出した前節と一緒でくるのでしょう。

せっかくの国立開催。その恩恵は十分に活かしたい。
でも、もう国立ではやりたくないと思わせる一歩手前くらいまでで、勝点3が取れれば十分。

|

« 浦和と名の付くからには | トップページ | 参戦の記録 アウェー 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/16142056

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 甲府戦:

« 浦和と名の付くからには | トップページ | 参戦の記録 アウェー 甲府戦 »