« ユース 高円宮杯 | トップページ | とにかく暑かった広島遠征 »

2007.09.13

敵状視察 アウェー 広島戦

勝点29、13位の広島との対戦でリーグ再開です。
ワーストの失点51を喫しながらも中位につける広島。ダバツが欠けている守備の安定のために千葉を干されたストヤノフを補強。これが8月に対戦したときとの一番大きな違いですかね。

代表関連は、あちらさんがフル代表に佐藤、駒野、U-22に柏木、青山。
こちらがフル代表に達也、啓太、闘莉王、U-22に細貝。
出場時間、移動距離等考えると、まぁ影響の度合いは一緒くらいでしょうかね。
阿部の有給に対してあちらは出場停止なし。ベストメンバーを組んで来るんでしょう
ある意味、分かりやすくてよいかも。

蓬莱探索記     前節、横浜FC戦の様子。この試合勝っておけたから尻に火がつかなくて済んだ試合。
内容はあまり良くなかった様ですが、駒野、佐藤、ウェズレイの三人で何とかしてしまうのでこの順位。プロパーのFWってのはそういないもんです。
この試合のDFは左から戸田、ストヤノフ、森崎和でしたが、盛田、槙野といったところも居ますから、どうなりますか。ちなみに、浦和はビッグアーチで2年連続4得点中です。

サンフレッチェ広島世界最強!!!     ユース強いし、広島県内からいい選手出てくるし、駒も揃っているのに上位に来ない広島。
確かにスタジアムも、広島という土地柄からくる印象と比べてかなり緩い。なぜだろう。
マツダのサッカー部っていう雰囲気から抜け切れていないのかも。浦和も1999年の最終戦で広島に勝ちきれなくてJ2に落ちて地獄を見て、三菱自工の企業としての凋落があって脱三菱を図った経緯があるからなぁ。
有望な若手が居ながら他チームからの草刈場にならないのは、選手にとっては暖かいチームで、それが温さなのかも。
ダービーで負けたらブーイングくらう位の緊張感があるほうがチームは強くなるのでしょう。

|

« ユース 高円宮杯 | トップページ | とにかく暑かった広島遠征 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/16428792

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 広島戦:

« ユース 高円宮杯 | トップページ | とにかく暑かった広島遠征 »