« 強い方の横浜に弱い方のさいたまが勝ちました | トップページ | 参戦の記録 アウェー 横浜FM戦 »

2007.09.24

ユース 高円宮杯 準決勝へ

準々決勝は西が丘。
レディースのカップ戦決勝とどちらに行くかに迷いは無く。攻撃的なサッカーを展開する今年のユースのチームが展開するサッカーは見ていて小気味良いから。

赤羽からバスで西が丘へ。
前の試合、反対側の山の準々決勝、名古屋スース対広島皆実の後半途中から観戦。

延長で名古屋がPKを決めてそのまま1-0で名古屋。がたいのいい広島皆実に対して線は細いが狡猾なサッカーをする名古屋の勝利。20人くらいでゴール裏で応援する名古屋サポが新鮮。
思わぬところで"おっ魚っ、アレアレアレッ"が聞けたのは収穫(ホントはフォッツァ名古屋、ですがね)。

20分遅れの13:42キックオフでレッズユース対市立船橋。
GK 柴田
DF 和田、浜田、菅井、永田
MF 矢部、鈴木、山田、高橋
FW 林、原口
4バックに中盤は中央部底に矢部、その前に山田、鈴木。
前線は林のワントップというか、右に高橋(やや下がり目)、左に原口のスリートップというか。これがなかなか攻撃的で見ていて面白い。

バックラインから前線までしっかりと繋ぐサッカー。決してドーンと蹴らない。
矢部、山田の二人の運動量(特に守備)が半端じゃない。そのうえ技術もあるから始末に終えない。真ん中辺は制圧。市船はサイドからしか攻め手なし。

DFラインは終始2バックといっていいほどの両サイドの上がりよう。
市船の生命線のサイドを真ん中の二人(浜田、菅井)がキチンと止める。その間の真ん中は中盤でカバー。この連動するサッカーが見ていてホントに面白い。

攻めの起点は山田直輝。ホントにいちいち上手い。山瀬っぽい感じ。
そこから左サイドに張る原口へが攻撃の生命線。前半で対面の市船の選手がイエロー喰らっているのでいい感じに左サイドを蹂躙。まだ線は細いけど、何かを感じさせるんだよなぁ。
繋いで好機を作る浦和、サイドから力技(セットプレー含む)の市船。1,2年主体のチームにインハイチャンプはタジタジの展開。こりゃ痛快。

試合は前半、右サイドから自分が起点になってファーに流れてヘディングした鈴木君の得点で先制。
後半の半ば以降、パワープレー気味に来ていた市船のサイドの突破をそれまで頑張って抑えていた菅井君のPA内のファールでPKを献上し1-1で延長へ。

延長は入から何かを感じさせる動きアリの浦和。高さ対策か左サイドにタッパのある山路君を入れる。
原口君の左サイド突破がついに成就しGKのニアをぶち抜いて勝ち越し(ここで足を攣って原口→阪野)。
後半も退かないで前から圧力をかけて市船を圧倒。
右サイド山田の突破からフリーで打てるタイミングもありながら中に折り返し阪野ゴールで引き離し勝負アリ。
延長でかえって浦和強しの印象。

次は国立でインハイ4本、プリンスリーグ関東2位の流経大柏との対戦。インハイ1,2位を潰した浦和の勢いに期待したい。

浦和に入団予定の市船 橋本君もCBで出場。確かにデカイ。
高さ勝負を求めなかった浦和相手に活躍する場面は少なかったかな。体をしっかり作って中心選手になってほしいね。

2種以下の試合はよほどの事が無ければプロ仕様の応援体制を敷かない浦和。この日も静かにメインとバックで観戦。レディースにかなり人が流れたかな。

対する市船はゴール裏に位置取り、結構、激しい野次と罵声を飛ばしていたっけ。2種の試合でアレはありなんだね(ほとんどは判定に不服の審判への罵声なんだけど)。
ゴール裏からGKをかなり野次ってもいたし。臨戦モードなのかもしれないけどこじんまりした西が丘ではかなり鬱陶しい存在でした。
そんなの気にせず結果で返したユースの面々が頼もしい。
市船のインハイの成績のお陰で浦和がこの大会に出られた恩をしっかり返したし。

前の試合の名古屋の監督が、審判に詰め寄る選手に言った言葉が良かったね。
"文句言ってないで集中しろ!審判は良く見て取ってくれるんだから!"

レッズユースの選手は堀監督の指導が行き届いている感じでした。

|

« 強い方の横浜に弱い方のさいたまが勝ちました | トップページ | 参戦の記録 アウェー 横浜FM戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/16562082

この記事へのトラックバック一覧です: ユース 高円宮杯 準決勝へ:

« 強い方の横浜に弱い方のさいたまが勝ちました | トップページ | 参戦の記録 アウェー 横浜FM戦 »