« 参戦の記録 ACL準決勝 ホーム 城南一和戦 | トップページ | 疲労との戦い ドロー »

2007.10.26

敵状視察 ホーム 名古屋戦

偉大なる中位チーム、名古屋との対戦です。
ここまで11勝15敗3分で勝点36の13位。と4つの負け越し。中位復帰への復元力が働くとチョット厄介。
埼スタでの試合は去年の0-0の印象が強いのですが、意外にも2試合しかしておらず一昨年は3-0勝利。つまり名古屋は埼スタで得点していないということに。
一方、名古屋の失点は、2006年49(1試合平均1.4)、2005年49(同1.4)、2004年43(同1.4)、2003年42(同1.4)、2002年43(同1.4)とほぼ一定。ということは残り5試合で5失点しかしない計算。そのうち何点を浦和に分配してくれるのでしょうか。


鷺草日記     残り5試合の終盤戦で名古屋の置かれた微妙な位置取りに関して。
残留決まってれば目の色変えてって感じで来られることは無いのですが、数字上はまだ決まってなくて、でもまさかここから大宮にひっくり返されるはずも無く...。
監督交代も決まっている現状、名古屋の選手達は何を目標に戦うのだろう、この5試合を。

Nagoya Grampus Fan's      前節、瓦斯戦のメンバーなど。ヨンセン復帰で4-3-3というか4-1-4-1の布陣。DFラインの構成も確かに内と外が逆の様な...。
玉田、杉本って好調じゃなかったのか?小川って誰だ?
今期限りの名将?の采配は趣き深いんだろうけども、名古屋の知識の浅いものには理解が難しい。
エントリー最後にあるヨンセン、増川の復帰によりセットプレー云々のところは注意しておきたい。


とまぁ、敵状を見ているのですが、城南戦でボロボロになった我がチームの構成がどうなるのかの方が、実のところは心配だったりして...。

せっかく調べた名古屋の過去の順位等を載せておきます。

2006年 13勝12敗9分 勝点48 7位 51得点49失点
2005年 10勝15敗9分 勝点39 14位 43得点49失点
2004年 12勝10敗8分 勝点44 7位 49得点43失点
2003年 11勝7敗12分 勝点45 7位 49得点42失点
2002年 15勝14敗1分 勝点45 6位 51得点43失点

|

« 参戦の記録 ACL準決勝 ホーム 城南一和戦 | トップページ | 疲労との戦い ドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/16872716

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ホーム 名古屋戦:

« 参戦の記録 ACL準決勝 ホーム 城南一和戦 | トップページ | 疲労との戦い ドロー »