« 高円宮杯 準決勝 | トップページ | 来期加入選手 »

2007.10.09

参戦の記録 ホーム 大分戦

2-1 勝利(2007.10.07 駒場スタジアム:徒歩)


坂を下りて上がって
駒場開催の大分戦。キックオフは3時。
東の列整理の時間に合わせ、てくてくと歩いて駒場に向かいます。

北浦和駅で線路を越え、市高通りをひたすら東へ。
駒場体育館の横から駒場緑地を通る東ゲートへの近道。
家を出てから土俵の屋根が見えるまで約30分。


駒場緑地は近道
空気も爽やかでいい運動。

開門直後から異常な密度の東ゴール裏。昔はこれが普通だったのかな。
埼スタ に慣れてしまったからそう感じるのかな。
いつもと違う角度で見るボーイズマッチ。

密度濃い
オーロラビジョンも視力の衰えた自分では漢字が読めません(埼スタ では後ろのビジョンを見ている私)。

快晴、秋晴れ。まさに観戦日和。
対面に見える出島は密度薄。来なかったってよりも、チケットが取れずホーム側に流れたんだろうな。

密度薄
微妙な順位にいる大分ですが、降格に対する危機感の様なものはさほど感じず。
遠いアウェーよりもホームであと幾つか勝点を積み上げれば残留が決まるからかな。

心配された駒場の芝。小学生の足では乱れることは無かったが、GKが練習を始めたらゴール前はあっという間にボコボコ。

ボコボコ
かなり軟らかい感じ。
埼スタ では風と共に芝生の匂いがするのだけれど、駒場では土の匂いが...。チームに過ぎたものと言われた駒場の芝はどこに行ってしまったのだろう。

さてこの日のスタメン。オジェックは結構いじってきました。

GK 都築
DF 阿部、闘莉王、ネネ
MF 永井、長谷部、啓太、平川、ポンテ
FW 達也、ワシントン

永井はFW登録でしたが右サイド。ヤマは相当お疲れの様子でその代わり。
ACLで打撲を負った坪井の代わりは何とネネ。阿部を右に回し守備がヤマより劣る永井のフォローか。
その他はこれで連戦が終わり休みが入るからこの試合頑張れ!って感じか。

・思ったより前に出てきた大分。
・というか、疲れからか思った以上に前に出られなかった浦和。

試合終了、勝利
・何度かマークを剥がされるも最後の精度の悪い大分に救われる。
・永井が初めて前を向いて突っかけたと思ったら、ゴール前へ絶妙のセンタリング、ニアに走りこむワシ。体調上げてきてるんでしょう。先制。
・この1点で前半のノルマ終了なのか、ここからはお疲れモードに。でも1-0で折り返し。
・後半も両翼が押し込まれた窮屈な状態で西側半分で展開されるサッカー。
・フッと抜けた感じであっさり失点し同点に。右サイドからだけど、あれは別に永井のせいじゃない。
・でも負ける気はしない。
・やっとエンジンがかかり、ワシのワシにしか出来ないスーパーなゴールで勝ち越し。凄いの一言。
・達也はこの日ほとんど目立たなかった。シュート何本打ったかな?
・闘莉王、ネネ、ワシが居て守る相手セットプレーは高い。本当に高い。

7連戦を6勝1分。体は疲れても気持ちを切らさなかったのが大きい。この辺りが8人代えてサブにも入れず気持ちを切らしてしまったチームとの違い。


照明塔と飛行機雲
夕闇迫る中、勝利の余韻に浸る。夕日が沈む様が見える駒場。それを計算しての3時キックオフだったとしたら、クラブ関係者は流石だ。

混み合うであろう浦和への外出は控えて、帰り道中にある北浦和駅東口のマルエツで買い物を済ませ、自宅でテレ玉の録画放送を見ながら夕食。
応援する側もつかの間の休息週間開始。

|

« 高円宮杯 準決勝 | トップページ | 来期加入選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/16698591

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 大分戦:

« 高円宮杯 準決勝 | トップページ | 来期加入選手 »