« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.29

ユニフォームにまつわる諸々

チーム名 サプライヤー 胸スポンサー 背中スポンサー
札幌 Kappa ニトリ 白い恋人
鹿島 Nike TOSTEM Yellow Hat
大宮 lotto DCMX フレッツ光
umbro HITACHI maxcell
千葉 Kappa 富士電機 なし?
F東京 adidas ENEOS Enesta
東京V Kappa Ameba なし?
川崎 asics FUJITSU 日興コーディアル証券
横浜 Nike NISSAN ANA
新潟 adidas 亀田製菓 TSUTAYA
清水 PUMA Suzuyo glico
磐田 PUMA 飯田産業 ジョインベスト証券
名古屋 le coq TOYOTA DENSO
京都 Wacoal 京セラ 任天堂
大阪 umbro Panasonic ROHTO
神戸 asics 楽天 Kawasaki
大分 PUMA なし オメガ・プロジェクト
浦和 Nike ZAVAS
DHL
MITSUBISI MOTORS

開幕まであと1週間。各チームのユニとスポンサー関係を眺めてみました。

<ユニフォームサプライヤー>

ユニのメーカーの勢力分布は、
3チーム Nike、PUMA Kappa
2チーム adidas、asics、umbro
1チーム lotto、le coq、Wacoal

adidasの象徴のようなチームだった横浜を引っこ抜いたNikeというサプライズのあったユニフォームサプライヤーですが、他にも降格・昇格で明暗が。

去年からは降格でhummel、umbro、MIZUNOが1減。
大勢力だったMIZUNO。一昨年あたりから他メーカーの草刈場の様相を呈していましたが、広島降格でついにJ1から消えてしまいました。

昇格の増はKappaが2、Wacoalが1。
ちょっと前まで全くいなかったKappaが3でトップ勢力。フェニックスとサッカーってちょっと結びつかないんだが...。やるなぁ。


<ユニフォームスポンサー>

全米が泣いた一昨年の磐田の飯田産業、昨年の浦和ほどのインパクトがあるニュースはなく小粒なネタの並ぶ今年。

胸では偽装で背中に回った白い恋人の代わり、ニトリになって戻ってきた札幌が目立つ程度。
大分の胸なしは恒常化。マルハンから支援を受けている限りにおいては、胸に他のスポンサーのロゴは入れづらいのでしょう。

背中では、Kit Katが消えた磐田。おそろいの大旗もお蔵入りか。
代わりに見つけてきたジョインベスト証券。
何だ?と思ったら、野村證券系列のネット証券会社だとか。
出資会社のロゴをつけない選択をしたチームのスポンサー探しは浦和を含めてしたたかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.27

水曜の旗の製作について

Rosso Bianco Nero URAWA

皆さん今晩は、Rosso Bianco Nero URAWAです。強風の中、週末に作業へお越しいただいた方、ありがとうございました。
本日は水曜の旗の製作の予定について、書き込みさせていただきました。現在、新シーズンを迎えるにあたり、新たなビジュアルのアイテムとして、サポーターの象徴となる新しい旗を作成しています。今後、浦和レッズが常に日本、アジアのトップクラブであり続け、そして、いつの日か世界の頂点に輝くことを目指して選手を支え続ける、大切な旗にしていきたいと考えています。前回お知らせしたように、なるべく多くのサポーターに、製作にかかわってもらいたいと考えています。
日程:2月27日(水)、パーミンダイゴウ3F
時間:10時~17時
※都合により、場所が埼スタから変更になりました。
パーミンダイゴウは北浦和東口より徒歩約2分、中仙道を渡った右手です。お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
この件を、皆さんの仲間にも広く伝えてください。ブログをお持ちの方は転載していただけると助かります。長文、失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.25

悦 凱陣 純米原酒 無濾過生

悦 凱陣 純米原酒 無濾過生 オオセト 19BY

米:オオセト
精米歩合:55%
日本酒度:+3
酸度:1.7
使用酵母:熊本9号
アルコール分:18~19%
醸造責任者:丸尾忠興
有限会社丸尾本店(香川県仲多度郡琴平町)

香川のお酒、丸尾本店の「悦 凱陣」。19年度の新しいお酒です。

凱陣は、同じ製品表示でも作った年によって味が変わります。お米のでき、仕込みの環境によっては味が変わるということ。工業化されていない手作りだから。蔵元もそういうポリシーだとか。
ちなみに、前に飲んだ18BYは同じ材料ながら日本酒度は+6+。味わいはかなり違います。

今回の方がやはりフレッシュな感じ。
今にも発泡しそうなフレッシュなお酒。舌先のピリピリ感で新鮮さを感じながら、旨みが口の横っちょのほうに広がる濃い味わい。
おいしい。

つまみは、ビン長(生)、ぶり(養殖)、イカ(スルメ)、カキ酢など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.16

東一 純米 にごり酒

東一 純米 にごり酒

米:山田錦
精米歩合:64%
アルコール分:17~18%
五町田酒造株式会社(佐賀県嬉野市)

フライパンで作るローストビーフと共に。

このお酒、美味すぎます。
フルーティーな香り、米の味のふくらみ、舌の奥に残る仄かな苦味が絶妙なバランスです。日本酒度の表示はありませんが、実は辛目なお酒なのではないかと思いますが、それを全く感じません。キリッとしまった感じがありつつふくらみのある感じ。

うすにごりのお酒は冬季の限定出荷。タイミングが合わないとなかなか手に入りません。
地元佐賀の契約栽培の山田錦を使い、丹念な仕事で作られる東一は、知る人ぞ知るお酒から密かなブームになりつつあるとか。
日本酒の印象が変わるようなお酒です。あぁ、もうすぐなくなってしまう...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.15

L旗がやってきた


Lフラ

オフィシャル・サポーターズ・クラブのグッズが佐川急便で送られてきた。

Lフラには今年のスローガンの「Go Forward Hand in Hand」
スタジアムをしばらく離れていると随分大きく感じるLフラ。


小物の数々
その他の小物は去年と同様に、カードとストラップ状のフックとピンバッジ。フックが今年は星型だ。

大きくなったシーチケホルダーに取り付けて今年は使えるかな。

取り付けるとこんな感じ


徐々に体温が上がっていく感じ。

さて明日はナビスコアウェーの名古屋戦(豊田)のチケット発売日か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松の司 山廃 純米

松の司 山廃 純米 限定生原酒

米:竜王山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:+4
酸度:1.4
使用酵母:金沢酵母
アルコール分:18%
杜氏:瀬戸 清三郎
松瀬酒造株式会社(滋賀県蒲生郡竜王町)

蔵元のある滋賀県竜王町産の低農薬山田錦を山廃で仕込んだ味わい深いお酒、限定600本の仕込みです。
つまみはアジの南蛮漬け。濃い目の味のつまみに負けない力強さがありつつ、最後にはキリッとした切れ味もあります。
米の味のうまさを感じるお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

シーチケが来た

シーチケが来た。うちはいつも遅めの発送らしい。
噂のホルダーは確かに今までのよりゴツイが実用的。
500mlのペットが2本入る。1000mlも当然入るやね。具合が良い。
自由席シーチケの我が家は、ホルダーがホルダーの役目を果たす必要がないから、別の使い方ができる今回のようなものの方がありがたい。

この辺は人それぞれなのだろうけれども...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.12

隆 純米吟醸 若水

隆 純米吟醸 若水 無濾過生原酒

米:足柄若水
精米歩合:55%
日本酒度:+4
酸度:1.8
使用酵母:9号系
アルコール分:17~18%
杜氏:上川 修
合資会社川西屋酒造店

若水は関東エリアに多い酒造好適米です。すっきりした吟醸酒。吟醸香よりも米のうまみが立つお酒です。
ワイングラスに入れたらワインっぽい感じになるから不思議。


ACLのDVDが届きました。印象的なゴールが多かった大会。右45度からの永井の二発とワシの一発が秀逸。チケットの発売とか、徐々に温度が上がって行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.10

虚偽表示

2月13日(水)から24日(日)まで行なわれるU-23日本代表米国遠征メンバーに細貝 萌、梅崎 司の2名が選出されました。

U-23日本代表米国遠征メンバーと日程

ここまでは良いのですが...

2.細貝 萌
   HOSOGAI Hajime      1986.06.10  177cm/64kg  浦和レッズ

64kg???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

奥播磨 純米 袋しぼり

奥播磨 純米 袋しぼり 仕込二十九號 おりがらみ

常夜鍋とともに。
薄く濁っています。
口当たりはスムースだが後から軽い辛さを感じがきて、吟醸香の余韻が着ます。味は深みがある大変においしいお酒。

下村酒造は兵庫県の北西、今は姫路市ですが旧安富町にあります。酒造好適米の山田錦の産地の近く。手作りの小さな蔵のお酒です。

米:山田錦
精米歩合:55%
日本酒度:+5


坪井は代表の坪井ではなく、浦和レッズの坪井。レッズで輝いている坪井がいつまでも見ていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.01

伸二、二度目の旅立ち

伸二がドイツ ボーフムに完全移籍で二度目の旅立ちをして行きました。
前回の旅立ちとは大違い、実にひっそりと。

怪我に泣かされた二年間。我々が求める伸二本来の輝きは、コンディション不良でたまにしか見られず、コンディションが戻ってきても昔より層の厚い浦和の中でチームの核という居場所を確保できず
、互いに考えるものとのズレを抱えたフラストレーションの溜まる二年間でした。

次に戻ってくる時には結構な年齢。欧州の一流どころで活躍した選手が、晩年どのように選手生活を送るのか、まだはっきりとしたパターンが見えていない中、どのような展望を描いているのかは本人しかわからない。
でも少なくとも、前回よりは「次に戻ってくる時は浦和」という雰囲気が薄い今回の移籍であります。
そのことに一抹の寂しさを覚えますが、浦和がそれだけ前進していると理解するしかないかな と。

浦和の伸二ではあるけれど、伸二の浦和ではない訳で...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »