« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »

2008.04.01

敵状視察 アウェー 清水戦

一説によれば、去年のゴタゴタで水曜日の平日開催となったとの噂のある清水アウェー。

ようやく片目が開いた状態での苦手(と言われる)東海アウェー二連戦はかなり酷ですが、ここで今年のチームのステップアップした姿を見せつけてほしいなぁとおもう今日この頃。

前線のエースが抜けたという状況がうちらと似ている清水。ここまで1勝1分1敗といまいち波に乗れていない様子。

☆パーラー ヨシ☆     前節はホームで栗鼠相手に引き分けの清水。今年は攻撃力のいま一感が否めないようで、得点の無い引き分けは重たい様子(まぁ、うちは二試合で6得点だし)。

オーレ!ンジ     栗鼠戦の布陣等、詳しくレポートされてます。見方によっては4-3-3ということなのでしょうかね。ご多分にもれず、新戦力のフィット具合はいまいちということらしいです。本田と萌は五輪代表で微妙にポジション被るし、細貝には奮起してもらいたいところ。
よく読んだら3ボランチのつもりはないようで、そのあたりに調子の上がらない苦悩を感じさせるエントリーです。先週までだったらうちもらも共感できたのだが、いまは違う(キッパリ)。

蹴狂日記     こちらもはやり沈滞気味の状況に悲観的なエントリー。そういう浦和も、まだ行き当たりばったり感が漂っているので、二戦続けてのオレンジ色相手はある意味正念場というか試金石というか。何気に方向性を左右する重要な試合なのかも。
軽快すべきは「えいやっ!”ってなシュート」らしい。それは防ぎようが無いから厄介。

東海アウェーであればバスは運転手さんがえっちらおっちら持ち込むはずだから、試合放棄とは言われないはずだよな。PKで試合を決められるか?

|

« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/40710706

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 清水戦:

« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 磐田戦 »