« 澤の花 特別純米 限定うすにごり | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »

2008.04.01

参戦の記録 ホーム 新潟戦

3-0 勝利(2008.03.30 埼玉スタジアム2002:徒歩)


浦和区本太 延命寺の桜
所用があり点呼の12時には間に合わないので焦らずゆっくりとスタジアム入り。
桜も開花しはや満開という勢い。天候は曇り。予報では試合開始の午後4時には雨の可能性。風も若干、冷たい。

外出先から歩いてスタジアムに向かう。新見沼大橋から見る見沼代用水沿いの桜がきれい。桃の花が咲いている畑もあり、ソメイヨシノの薄いピンクと桃の花の濃いピンクのコントラストがきれいだ。代用水沿いの桜は八分咲き程度でした。


浦越線のフラッグ
1時間ほど歩いてスタジアムに到着。ちょうど開門した直後で、人の波が切れるまで南広場でビールを飲みながら過ごす。ビールを飲むには少し肌寒い。
チームの調子が上がらないながらも10数台のバスで応援に駆けつける新潟さん。熱心熱心。
スタジアムの周囲の桜も満開。

30分ほど経ち人の波も捌けた頃に南から入場。この頃からポツポツと雨が降り出す。これで3試合続けての雨絡みの試合だ。
北はまずまずの密度で埋まるも南の上の方には空席も目立つ。天気が悪くてもチームの調子がよければこんなことは無いのだが...。


ソメイヨシノと桃の
見事なコントラスト
ホームの雰囲気を作り出すことが大切と基を切り替え集中だ。

先発は
GK 都築
DF 堤、堀之内、阿部
MF 平川、闘莉王、啓太、相馬、山田
FW エジミウソン、永井


新潟交通と越後交通
MF登録の闘莉王。DFは調子の上がらない坪井を下げ堤を残す。大胆とも思えるが今の状態を考えれば正解だろう。

いきなりPride of URAWAでスタート。CBで試合に入ると見せかけてやっぱりボランチ出場の闘莉王。2トップというよりはエジミウソンのワントップに誓い布陣か。少し下がり目のFW永井の動きのよさを活かす作戦か。
序盤の攻勢から少し落ち着いた段階で啓太が痛み早々に細貝に交代。結果的にそうなったのだが開幕とはかなり異なる布陣だ。以降、雑感は箇条書き。


南門付近
・永井と平川の絡みが良くなり平川が球をこねずにシンプルに突進するようになり勢いが戻った。
・闘莉王、細貝の組み合わせになったボランチ。相手に中盤で球を回されることも多々あったが、グイグイと前に球を運ぶ闘莉王の技術と推進力と細貝の飛び出しは良いんじゃないかな。調子が上がらないチームの状態を考えたらネガっているよりも良い所に光を当てて見て行くべきだと思う。
・永井の動きに触発されたのかヤマもよく動く。
・新潟のDFが甘いのかもしれないが、エジミウソンにキチンと球が収まる。途中で代えられちゃったが、今迄で一番出来が良かったと思う。
・調子のよさに裏付けされた相馬の思い切りの良さが結果を呼ぶ。
・前半終了間際に矢野の枠内ヘディングシュートを頭でクリアーした阿部が実は勝利の立役者なのではと思う。

遠路遥々 負組の皆様
・新潟のGK野澤のキックは本当にへたくそだった。左に曲がっていく弾道はプロとは言い難い。まぁ、そのへぼキックのおかげで後半早々の闘莉王の美しいゴールが生まれたわけで感謝か。
・永井の得点は頑張っていることのご褒美か。左足で振り抜いた弾道はステキ。
・エジミウソンが怒って交代したのもまぁ仕方が無いかな。試合が続くし大事にされてるって解釈してもらいたいね。

贅沢を言えばキリがないけど、評論家じゃないんだから素直に三得点、無失点、初勝利を喜ぶのがお作法ってもんでしょ。突っ掛るものがあったらWe are DIAMONDSを歌うなよ。

降り続けた雨がしっかりと着ている物を濡らして風邪をひきそうな雰囲気満々だったけど、気持ちが充実しているからそんなことにはならなかったし。

家に帰って温かいものでもと思い中央区役所横の肉のワタナベで豚肉を買い家で常夜鍋。ホワイトデーに嫁さんに買った赤ワインをようやく開けることができました。

やっぱり勝つっていいことだなぁ。

|

« 澤の花 特別純米 限定うすにごり | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/40710437

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 新潟戦:

« 澤の花 特別純米 限定うすにごり | トップページ | 敵状視察 アウェー 清水戦 »