« 敵状視察 ホーム 大阪戦 | トップページ | ハートフル »

2008.05.18

BBがJ最低であることは一般常識だが

そもそも今回の騒動は試合日のかなり前から伏線があって、BBが南に移ったBOOTSに過剰に反応して、クラブに南のBOOTSを何とかしろと言っていたとか。

そんなこともあって、準備万端整えての埼スタ入りだったんでしょう。

BB騒ぐもBOOTS相手にせず。事前に仕込んできたモノは使いたくなるのが心情。水風船、ペットボトル、爆竹、断幕(意味は??だったが)とやりたい放題。

それでも試合前、試合中は浦和サイドからの目立った反抗はなし。試合結果もあり試合後にエスカレートするガンバサイドからの物の投げ入れ、兆発。
兆発コールの前で、ピッチ内の相手へのリスペクトという言葉とは無縁の行為を行うガンバの選手。判定のことも相まって黙って見過ごせなかった浦和の選手に我慢が足らないとはとても言えない。

ガンバサイドからの選手へ向けた物の投げ入れで浦和の中心部が参戦。さすがに浦和サイドもこれで切れた。もう収集がつかなくなる。

堀に転落するのガンバサポの習いみたいなもん。落ちたというよりピッチに向けて飛んだように見えたぞ。飛び越せそうで飛び越せない。デザインされた堀だ。

一般サポまで巻き添えにして封鎖というが、アウェーに乗り込んでくるようなサポなら一連の騒動を眺めて見れば、出られなくなっちゃうかもと思わなないはずがない。
「BBの暴走を止められなかったのか」なんて野暮なことは言わない。でも、同じ方を向いている側の一部があそこまで暴走すれば、とばっちりを受けることを織り込んでおいてもらいたいものだ。

あぁこれは南からは出られないなと思い、北から南への家路に就いたら案の定。でも、帰れなくなってごめんねとはとても言う気になれない。
帰りの交通機関がなくなるまでは封鎖しといてやりたかったが、事態の収拾を図るクラブのなだめに応じたまで。

この手は主催者側に処分が科されるらしく、罰金を払うのは浦和らしい。勝点はく奪なんて話もあるとか。リーグ終盤押し迫ったときに、アウェイで騒げば相手の勝点がはく奪されるのならそんなボロい話はないぞ。

浦和のクラブサイドはガンバのクラブサイドとの間で事実確認はしたという。両方のオフィシャルからコメントはまだ出ていないが、処分とか制裁とかそのあたりの判断を誤ると、とんでもないことになりそうな気がする。

追記
ガンバサイドのオフィシャルに顛末の説明が出ました。納得できる説明だと思います
時を合わせて浦和サイドもオフィシャルに説明が出ました。両フロントですり合わせたうえでのコメントだと見て取れます。
これを契機に収束に向かうのかな。

実に痛い敗戦だったが、この騒動で選手と我々の一体感が深まったと感じる。何となくの首位で何だかなぁ感があったところに違うモチベーションが働いてきて、俄然、サポートに気合が入ってきたぞ。

2008/05/18(日)
5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について

昨日、埼玉スタジアムにて行われましたJ1リーグ第13節、浦和レッズVSガンバ大阪の試合にて発生した事柄につきましての謝罪とご報告をさせていただきます。

まず初めに、昨日の試合にて試合の結果如何に関わらないところでガンバサポーターエリアから、レッズサポーターの皆様へ対しての挑発行為があり、その行為によって、様々な騒動に発展したことについて、サッカーの試合を観戦にご来場の多くの皆様に不快な思い、そしてご迷惑をお掛けしたことをガンバ大阪より深くお詫びいたします。

事実として、試合開始前、ゴール裏席におきましてガンバサポーターエリアからレッズサポーターエリアへ様々な物の投げ込みがありました。 一部の心貧しいファンによる水風船投げ込み等の明らかに計画的と思われる悪質な行為は断じて許されることではなく、それによって怪我をされた方もいらっしゃいます。怪我をされた方、被害を被った皆様へ深くお詫びさせて頂くと共に、このようにご観戦の皆さまの安全を損なう行為が純粋にサッカーを楽しみたいとご来場された多くの観客の皆様の前で行われたことに深くお詫び申しあげます。

現在、浦和レッズのご協力をいただき違反行為実行者を特定する為の事実関係を確認中で、特定でき次第、ご報告させていただきます。 今後ガンバ大阪はこのような悪質な行為を行う者はサッカーファンとは認めず、永久入場禁止等の厳しい処分を行ってまいります。

また、試合終了後には、確実に安全な退出をしていただくように準備をしていたとはいえ、何もしていないサポーターの皆様まで巻き添えにし、長時間に渡りスタンドで待機させ混乱を招きましたことも重ねてお詫び申しあげます。 さらに、試合後、場外において行われておりました、サポーター同士の威嚇行為については特定できないものの、本来「サッカーを楽しむ」場が恐怖感を覚えるような場所になってしまったことについても深くお詫び申し上げます。

また、試合終了直後にガンバ大阪の選手がピッチ中央で円陣を組んだことについてですが、配慮が足りない点があった行為だったことをお詫びいたします。浦和戦に限って実施したことではなく、純粋に試合に勝利した喜びを表現するものでありました。決して相手側を挑発する思いはなかったとはいえ、結果的に混乱を招いた一因になったことについては、深く反省しております。ガンバ大阪選手・スタッフ一同、深くお詫びいたします。

Jリーグに加盟するプロサッカークラブとしてJリーグの理念反した騒動を巻き起こしたことについて、深く謝罪の意を表明させて頂くと共に、今後はホーム・アウェーにて、安全で快適に観戦できるスタジアムつくりを心がけてまいりたいと思います。
また、日本サッカー界の注目である「ナショナルダービー」とも称されるVS浦和レッズとの対戦の場におきまして、一般のサポーターの皆様、そして未来を担う少年少女に夢と希望を与える場にて不祥事を起こしたことにつきまして、心よりお詫びさせていただきます。

17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について


17日(土)に埼玉スタジアムで行われたJリーグ第13節、浦和レッズvsガンバ大阪において、モノ投げをきっかけにスタンド内外が混乱する出来事が発生したことについて、お詫びとご報告をさせて頂きます。

1.家族連れの多いファンエリアに向かって断続的にモノが投げ込まれたことなど不快な思いをされた弊クラブのファン・サポーターの皆様、安全確保のためとはいえ試合終了後スタンドに長い時間待機していただくなど不便を強いることになったガンバ大阪のファンの皆様に対して、主管クラブとして心からお詫び申し上げます。また、ガンバ大阪のファンの男性が3メートル下のスタジアム内の溝に誤って転落しけがを負われました。さらに、取材中の記者の方がサポーターにシャツを破られるという事態も発生しました。心からお見舞い申し上げます。

2.主な概要
(1)試合前からゴール裏ビジターエリアのガンバ大阪サポーター数名が水風船、ペットボトルなどを、緩衝地帯をはさんで隣接する弊クラブゴール裏エリアに断続的に投げ込みました。緩衝地帯のフェンスによじ登ったり激しく揺する行為も続きました。弊クラブのファンの女性やお子様にモノが当たるなどの被害を受けました。この時点では弊クラブエリアからはモノの投げ返しなどはありませんでした。
(2)試合終了後は、両クラブのサポーターがモノを投げ合う状態に拡大しました。フェンスは一部なぎ倒されました。
(3)その後、弊クラブのサポーターやファン約1万人が、ガンバ大阪サイドのスタンド外に集まりました。ガンバ大阪サポーターの横断幕や太鼓が破損されるなどの行為がありました。
(4)安全確保のため、ガンバ大阪サポーターの方約800名にはいったんスタンドにお戻りいただきました。別に手配したバスで近隣の駅までお送りさせていただきましたが、安全確認のためとはいえ、試合終了から最大3時間半もの間、お待たせすることになりました。その間、両チームサポーターの代表が話し合い、今回の事態のきっかけを作ったとしてガンバ大阪のサポーターが謝罪し混乱は収束しました。
(5)詳細の事実関係につきましては新たに判明し次第、必要に応じてお知らせいたします。

3.試合開始前から一般ファンの多いエリアへの断続的なモノの投げ込みがあり、警備体制強化などの対策を講じましたが、結果として事態の拡大を防止できず、多くの方にご迷惑をお掛けしました。収拾に時間がかかったことも含め弊クラブの試合運営面での不手際であり、主管クラブとして厳粛に受け止めその責任を深く反省しております。

4.今回の出来事は安全で快適なスタジアムづくりを進めるJリーグの理念と反するものです。弊クラブでは近年「モノ投げは悪い行為」との文化が根付きつつあります。一般のファンに向かってモノを投げつけることはサポートとは無縁の卑劣な行為です。また、経緯を問わず相手サポーターの太鼓や横断幕を破損させることも許される行為ではありません。破損させた実行者は是非名乗りあげていただきたくお願いします。被害者の方にお詫び申し上げるとともに、ガンバ大阪のご協力をいただきながら誠実に対応をさせていただきたいと存じます。

5.弊クラブは、運営責任を重大に受け止め、緩衝地帯拡大やセキュリティチームの発足など警備体制を見直して参ります。クラブ内の危機管理体制をより強固にするための具体策についても検討致します。一部の心ない人々の行為により、ほかのファン・サポーターの皆様にはご不便をお掛けいたしますが、安全で快適なスタジアム運営を目指して参りますので、ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。「楽しみ・喜び」を求めてスタジアムにお越しいただいた罪のない多くのファン・サポーターの皆様が不安を感じ不快な思いをされたことについて、改めて心からお詫び申し上げます。

|

« 敵状視察 ホーム 大阪戦 | トップページ | ハートフル »

コメント

ご苦労様です。
ブログの更新お待ちしてました。
横浜在住のピンサポです。
昨日の騒動、非常に腹立たしい思いです。
鹿とは違い、もう少し品格のあるチーム&サポかと思っていました。
私も北で観ていましたが、試合前から始まった投げ込みには、周囲のサポの方々も、最初は呆れ、それが次第に怒りに変わっていきました。


ただ、與野市民さんがおっしゃるように、今回のガンバ達の愚行のおかげで、選手と我々との一体感が増したと私も感じています。

クラブ及び協会の対応に注目します。

投稿: GAICHI | 2008.05.18 14:09

コメントどうもです。
あちらの中心部は周りからも浮いている存在で、
この件をきちんと受け止めている相手サポもいるので、お互いが被害者ってことなのでしょう。
あちらの対処が見物です。

投稿: 與野市民 | 2008.05.18 15:46

昨日は、我々は大変な失態を晒してしまいました。大阪人の民度の低さを露呈してしまう結果となりました。
レッズさんに万が一何か処分がされたりしないかと落ち込んでおります。
悪いのはすべてガンバ側です。
私は、BBが存在するかぎり、スタジアムへは、もう行きません!!

投稿: ガンバサポです。 | 2008.05.18 15:47

>>アウェイで騒げば相手の勝点がはく奪されるのならそんなボロい話はないぞ。

そうなんですよね。
理由の如何を問わず騒ぎが発生したら主催者側クラブが罰せられるというならば、例えば、「首位争いをしているクラブのホームゲームに行き、その対戦相手のゴール裏へ行って騒げば…」、という考えを持つ者が仮に出てきてもおかしくないと思いますし。

投稿: kasa | 2008.05.18 22:59

始めまして、ガンバサポです.
ガンバサポより投げ込みが始まったこと、また浦和サポに怪我人が出たとのことお詫びします。

ただガンバの一般サポのことを少しでも知っていただきたく書き込みさせていただきます。

浦和戦は娘が一人観戦でした。
ゴール裏のメインスタンドより後方で観戦していましたが、試合後はメイン側からも浦和サポが応酬しはじめ、出口に急ぐもそこでも浦和サポとガンバサポの殴り合いが始まっていました。
立ちすくむサポや涙ぐむ女の子に向かって、泣くような女はスタに来るな!との暴言が投げつけられるは、面白おかしく写真は撮られるは、柵を揺らして煽るはという状態で、まるで暴動のさなかでした。
サポには子供さんや女性も多く、過呼吸を起こされた方もおられましたが、全く何の説明もなく3時間閉じ込められました。飲料・食料もない中、3時間、子供達に混乱がなかったのが救いでした。

やっとバスで駅までたどり着きましたが、やむなく飛行機をキャンセルされた方、全く違う経路で帰られた方、また赤恐怖症のように浦和サポを見るたび車両を変わりつつ家路につかれた方、それぞれ重い足取りでした。

サッカーの楽しみ方は人それぞれだと思いますが、サッカー場に足を運ぶことが、ここまでのことを想定して行けとおっしゃるのでしょうか?

子供や女性も楽しく安全に見れるのが日本では普通かと思っていましたが…

投稿: Tom | 2008.05.21 23:45

Tom様
他G大阪サポーター様

はじめまして
愛知在住のいちレッズファンです。

はじめに、多大な被害を受けたこを、お見舞いいたします。

同じようなことが、逆の立場でも起こっていたこともご理解いただけると思います。
一般の(しかも大人しい南側)浦和サポーターもおります。被害は受けております。
お願いですから、一方的な考え方で物事を見ないでいただきたいです。

ネット上では浦和側に対して、他のサポーターから色々書かれており、仕事の合間に見ていてつらくなります。

私の家族は色々想定し、たいていは指定席で見に行っております。純粋にサッカーを観戦することをメインに足をはこんでおります。
サポーター同士の衝突はよく海外で見られておりますね。しかし、世界でおきることが、必ずしも日本で起こらないことはありません。海外でも、こういった事件は最初から起こっていないはずです。

この件に関しては、両成敗と判断していただくのが、ベストではと思っております。
始まりがガンバ側、終わりが浦和側。主観を抜きにどちらが悪いとは非常に難しいと。

これを機にJリーグのマナー向上を強く願います。

投稿: いちレッズファン | 2008.05.22 00:54

皆様、いろいろとコメントありがとうございます。
「ここまでのことを想定して行けとおっしゃるのでしょうか?」
とのことですが、アウェーゴール裏はある程度想定して行かないとならないのではないかと個人的には思っています。
あそこまでの兆発をすればああなっちゃうよなぁというのが正直なところ。
サイスタは広いので、アウェーゴール裏の全貌を中にいて把握することは確かに難しいかもしれませんが、でもやはり同じ方向を向いている人間のやったことの顛末ですから。
いいことではないのは百も承知ですが...。

今でこそ浦和がアウェーの試合は遠くでもあり得ないくらいの人が行くようになりましたが、その昔は天竜川を超えたら家族連れでもコアな付近の近くに行けたくらいでした。子連れでゴール裏にいましたが、まずそうなときは早々に退散するようにしたりとか、帰り道で目立たないようにレプリカ脱ぐとかしてました。
そこまでするのかとの意見もあるでしょうが、相手の受け止め方がこちらの思う通りではないこともあるという前提に立つと、何がしかの対策は必要ですよね。

あまり語られていませんが、野次馬が取り巻く南門の外のアフターバーで、青いユニを着て酒を飲んでいる人も多々いました。特に問題なく。
そんなものです。そんな状況下なら当事者足りえない一般サポを何で出してあげられなかったのかといわれると、やはりゴール裏に残っていたのだからとしか言いようがない訳で、そのあたりが問題かなぁと...。

投稿: 與野市民 | 2008.05.22 23:22

コメント有難うございました。

ここ数年サッカーにはまった新参者で、家族も巻き込んでいつもは女3人で観戦しております。
万博ではゴル裏が手狭で見難いためメインで見ておりますが、アウェイではガンバを応援する者としてゴル裏を選んでおりました。

與野市民さまのおっしゃることを受け止めて、もう少し考えたり、話し合ってみたいと思います。


先日の事件はJリーグ史上に汚点を残したという現実を重く受け止め、深く反省をしていきたいと思います。サッカーが怖いスポーツだとか、サッカー観戦は安全なことではないと思った一般の方もいらっしゃるほどです。
これを契機に、さらにガンバも選手もサポも前進していけたらと思います

投稿: Tom | 2008.05.23 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/41242983

この記事へのトラックバック一覧です: BBがJ最低であることは一般常識だが:

» 何やってるんだサポ同士で、埼スタより帰宅 [毎日が浦和レッズ:浦和レッズ参戦記]
⇒サッカー系ブログ探しはこちらから。(人気ブログランキング) ただ今サポ乱闘を横目に帰宅しました。 私は札幌戦ぶりの久々参戦でした。 GWでブンデスリーガ三試合違うスタジアムで観戦して、ヨーロッパ本場の雰囲気を感じてきました。 六万人近くの埼スタ、世界に誇れ..... [続きを読む]

受信: 2008.05.18 20:53

» 昨日のできごと [URAWAREDS.JP]
昨日は、残念でした。もう少しで追いつけるところでしたが。 別に、相手選手が円陣組んで喜んでも別にかまいませんが。 あのブーイング、うちらの近くでは、レフリー達に向けたものでした。 都築が、エキサイトしていた原因はなんでしょうか? 遠くにいたので実情はわかりません。 実際見たなかで、空のペットボトルくらいならしょうがないかなと思いましたが、 旗竿を投げ入れちゃいかんだろ。馬鹿たれが! 他人事としてでは、「投げ入れられても投げ返しちゃだめでしょう」 とか言えますが、自... [続きを読む]

受信: 2008.05.18 22:29

« 敵状視察 ホーム 大阪戦 | トップページ | ハートフル »