« ナビスコ 後半戦の展望 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ アウェー 名古屋戦 »

2008.05.23

敵状視察 ナビスコ アウェー 名古屋戦

でもって名古屋戦です。
日曜夜開催という厳しい洗礼。うちは車ですが、電車組はムーンライトながらしか足が無い。
天気も悪そうで、でも豊田スタジアムは屋根あるから大丈夫と思いきや、可動屋根が壊れちゃってるそうです。これも洗礼(キックオフ時には止みそうだ)。
こういう悪条件の時には、いい試合を見せてくれると期待して...。

さてサッカーの方は、7人引っこ抜かれてる浦和に対して、名古屋は楢崎、玉田、吉田の三人抜け。ヨンセン欠場はあっても、概況としては明らかに劣勢。

相手の心配をするよりも自分とこの構成を心配する方が先ではありますが...。

蹴りたいグランパス     リーグ前節の札幌戦の現地レポート。詳しく分析されていてためになります。いろいろ書いてあるなかで、やはり気になるのは先発が予想される杉本の記載。本当に一皮むけた感じで怖いっす。誰をマッチアップさせるか。ホリじゃないことは確かだ。
センターハーフコンビに係る記載もなかなか興味深いです。

BlogAnoia     敵状とは全く関係ないのですが、おもしろかったので。浦和の笛、感じてみたいですよねぇ。前節、正義にやられちゃった感があるのでなおさら。
人も多く入って注目の集まる浦和戦に、J1経験の少ない審判が当たることは少ないので、有名どころ=物議を醸す系の審判が割り当てられることが確かに多いでよね。吹いてくんないかなぁ、浦和の笛。

深井のブログが面白いという件について確認してみましたが、確かに面白い。2トップのかたわれの有力候補。うちにとっては与し易いFWだが。

自分とこの心配。
DFは久しぶりに坪井の雄姿を見ることが出来そうですね。サブにやっと近藤が入るのかな。
GKはギシでしょうか。

ボランチがいないんですよねぇ。ウッチーと暢久?めちゃめちゃ平均年齢が高くなりますなぁ。あとは西澤、直輝で弾切れです。ほんとに抜かれ放題。
サイドも左の相馬は決まりでしょうが、ヤマが中に取られると岡野、西澤くらいでしょうか。峻希の出番が少なからずありそうですね。

一番の人材難はトップ下。ポンテはまだムリでしょうから永井となるのですが、ガンバ戦で謎のメンバー落ち。ふくらはぎ痛らしいですがムリだと人がいない。とするとヤマでボランチに若手でしょうか。
FWは達也が戻ってきているので豊富。原口元気の出番が作れるような展開になればいいなぁ。
原口を含めて35人選手がいる中で、GKを除くと31人。代表4、五輪3抜かれ、怪我でムリな状況の選手が4人とすると残り20人。
いやぁ、厳しいですなぁ。

|

« ナビスコ 後半戦の展望 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ アウェー 名古屋戦 »

コメント

トラック及び当Blogをご紹介いただきありがとうございます。

ナビスコはお互い頑張りましょう。
次の試合は審判が試合を決めるのではなく良いサッカーをしたチームが勝つような試合にしたいですね。

水風船を用意してお待ちしておりますw

投稿: しょうちゃ@BlogAnoia | 2008.05.23 10:25

どうも雨みたいなので、そこまでご用意いただかなくとも同じことになりそうです。

投稿: 與野市民 | 2008.05.23 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/41286436

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ナビスコ アウェー 名古屋戦:

« ナビスコ 後半戦の展望 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ アウェー 名古屋戦 »