« 参戦の記録 アウェー 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »

2008.05.08

参戦の記録 ホーム 千葉戦

3-0 勝利(2008.05.06 埼玉スタジアム2002:車)


好天 五月晴れ
連休最終日、爽やかに晴れ上がり五月晴れ。少し強めの南風が吹くも乾いた風で心地よい。
少し早めにスタジアム入りし、芝生に寝転び青空の下でビール。最高。

4/26から始まった5連戦の4試合目。2勝1分で乗り切っておりホームでは何が何でも勝点3がほしいところ。相手は連敗中の最下位千葉。
チーム状態とは対照的にアウェーサポの出足は早く、ゴール裏は一杯。メインとバックアッパーのアウェー寄りに黄色いレプリカがチラホラ。


ビジターエリアは満員
アウェーゴール裏席のカップホルダーには黄色いシートがセットされている。最近、どのチームの皆様も浦和との対戦ではで色々なヴィジュアルを私たちに見せてくれてます。
この日の千葉は黄色時に紺の横帯。なかなかきれいでしたが、メッセージ性は感じられませんでした。

さてスタメンは、
GK 都築
DF 堀之内、阿部、堤
MF 永井、山田、闘莉王、相馬、梅崎
FW エジミウソン、高原

DFは前節と一緒。右サイド永井、左サイド相馬となりヤマはボランチ。梅崎がトップしたという新布陣。南へ攻め下る前半は向かい風を受ける風下でキックオフ。

・試合の入りは相変わらず慎重。
・開始5分くらいで今までのイメージとは違うJEFがそこにいることを認識。壊れちゃってるぞ。
・早い時間に1点入れば7-0くらいのタコ殴りの試合になることは想像に難くないのだが、なかなかゴールを割れない。
・前半の途中で永井と梅崎がポジションチェンジ。永井は若干、精彩を欠いていた。
・お付き合いして0-0で折り返しはかなり不満。相手に合わせちゃいけないよ。・
・後半開始から永井を下げて細貝を投入。闘莉王システム発動、トップ下。
・凄く良いプレーをしていて得点の匂いがプンプンするのに何故か萌のシュートは決まらない不思議。


サポカレ 撮影会
・闘莉王の先制点、ポストに当たった瞬間に随分の人が「アーっ、またか」と思ったがボールが内側に跳ねてた。
・明らかにこの1点で千葉の選手の気持ちが折れていた。浦和より動けない千葉に勝ち目はなし。
・相馬の得点はおいしすぎ。っていうか、千葉の棒立ちっぷりが物凄い。
・闘莉王下がり内舘、高原に代わりセル。ヤマはこの日3箇所目のポジショントップ下へ。
・ウッチーの左足にしばし酔いしれる。
・エジのダメ押し点はほぼ萌の得点。でもエジは自分で決める。やっと決まった。
・ヤマは3人交代したの気づかずに代えてほしい旨を監督に訴えたらしい。久々の真ん中でのプレー、緊張感を持ってやっていたら疲れちゃったらしい。普段はそうじゃないってこと?
・立石のキック、ヘボ過ぎ


刀削麵 浦和
3-0快勝だが7-0くらいにはしていないといけない相手だった。前半に相手に合わせたのは反省材料。でも、何だかんだといいながら首位はキープ。気持ちが悪いわけは無い。

明るい笑顔でサポカレの撮影テントに立ち寄り連休の締めくくりに外食。浦和の刀削麺酒家。勝って飲むビールもまた美味い。

|

« 参戦の記録 アウェー 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/41126300

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 千葉戦:

« 参戦の記録 アウェー 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »