« 久しぶりの | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

2008.07.06

勝利とはかくも甘美なものだったとは

実に久しぶりの勝利。
勝利とはかくも甘美なものだったとは...。しばらく遠ざかっていたもので、忘れてしまいかけた感覚でした。

蒸し暑い中での前半からのハードワーク。気持ちが見えた試合でした。
後半失速は已むなし。凌ぎ切ってのカウンターからのダメ押しは、サッカーの内容はともかく展開としては最高でした。

永井のゴールは...、美しい。

ジュニアユースU-13の試合と含め2試合、存分に楽しませてもらいました。

平山がルーカスだったら3点はいかれていたことでしょう。
我慢して使い続ける相手の監督は忍耐強い。

|

« 久しぶりの | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/41753702

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利とはかくも甘美なものだったとは:

« 久しぶりの | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »