« きっかけとなる勝点3 | トップページ | 菊姫 山廃純米 無濾過 呑切原酒 »

2008.08.18

参戦の記録 アウェー FC東京戦

1-0 勝利(2008.08.16 味の素スタジアム:車)


道は空いていた
甲州街道もこんな感じ
味スタでのアウェーです。電車だと新宿乗り換えが凄く面倒臭く感じるので、ガソリン価格高騰の中でも車参戦を選択。エコじゃない。

首都高がこの日のために作ってくれた中央環状線山手トンネルは、先日の熊野町ジャンクションでのタンクローリー横転火災のため通行できず。
ってことで、首都高は通らず。環八の渋滞状況も読めずということで、埼玉県西部から都下をチマチマと下道で。出発は12時半。西武池袋線、西武新宿線、中央線の3線を横切る行程の中、遠回りにはなるが踏切ではない交差ルートを選択し1時間で味スタ周辺に到着。


不気味な雷雲が迫る

去年は深大寺で蕎麦なぞを食していましたが、この日は開門まであまり時間はなくお楽しみは無し。
金額上限のある駐車場はどこもすでに満車。普段は上限金額ありなのに、この日に限って上限なしでしかも割高な料金設定になっている駐車場があり腹が立つ。盆時は閑散期だろうに。
西調布駅付近の20分100円の駐車場に停める。6時間ちょっと停めて1,900円でした。


アミドバイタルフィールド内の
待機列。45分経過
いつも並ばされる駐車場には待機列が無く、あれ?っと思ったら、アミノバイタルフィールドの周囲を使って待機列を形成していました。アスファルトの上では茹ってしまうので、少しは改善されたのでしょうか。たまたま空いていただけって気もするが。

開門の3時半より30分前位から北西の方角の空が鉛色に変わり、稲妻が見えるように。こんな逃げ場のないところで雷雲に襲われたら...、と焦りましたがこちらにはやって来ず、事なきを得ました。
去年はやたらに時間のかかった入場も、入り口数を増やして対処したらしく、45分ほどで入場できました。人多すぎだからまぁ、仕方のない時間か。


幸い、雷雲は遠ざかり
ひどい状況と噂の味スタの芝、ゴール裏の高さのない方向から見ると色が若干薄いかなくらいにしか見えませんでしたが、ビジョンに映る映像を見ると、まぁ酷いこと酷いこと。完全に囲まれた環境で風通しが悪いからなのでしょうかね。スタンドの蒸し暑さも尋常ではなく、持ってきた飲み物が無くなる無くなる。
帰りの運転を嫁さんに託すわけにもいかないので、ビールは我慢。これは辛い。

先発は、柏戦の時の当初先発予定メンバー
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、堀之内
MF 平川、阿部、啓太、相馬
FW 永井、達也、高原
サブにはポンテが戻ってきてセルと高橋はサブ落ち。でも帯同はしてウォーミングアップには顔を出していました。
トップ下に永井という感じではなく、スリートップ。


ポーランド審判団
浦和はうまく順応した?
でも、カードは3枚頂戴した
さて試合。
・審判団はポーランドから招へいしたセット。ユニ引っ張りとかボールが来る前のコンタクトとかに厳しい。が、試合の中でのぶれは少なかった。
・永井が左サイドのやたらに低い位置まで下がって守備をしており、4-4-2っぽく見えたりした。
・縦に早い瓦斯に結構悩まされるが、坪井、闘莉王の紙一重のカバー、クリアーで凌ぐ。
・平川と坪井の隙間をずいぶんえぐられたが、じきに慣れて試合は落ち着く。
・前半、20分過ぎからは両者ともに運動量が落ちて低調な内容に。あの蒸し暑さでは仕方がない。
・ゴール面に透明の板が張ってあるかと思うくらい決定的な高原のシュートが跳ね返ってくるし。
・カボレを徹底マークすると残りは平山という瓦斯も迫力不足。与し易い。
・達也のゴールへの姿勢はやはり素晴らしい。チェイスも。浦和はやはり達也だ。
・前半0-0で1点勝負の覚悟を決める。
・後半途中に相馬とポジションチェンジをしていた平川が痛み細貝に交代。右の守備が安定した結果、左の相馬の位置が前掛かりになってくる。
・高原→ポンテ。2トップに。トップ下のポンテのところに起点ができる。前回の復帰時点よりもポンテの状態は良さそう。
・決勝点が相馬とは。飛び込んできた感じから阿部と思ったが、相馬だった。ナイスボレー。

相馬がコールされて
嬉しそうで嬉しそうで
・限界を超えた永井を10分くらいは引っ張った末に堤と交代。1-5-4みたいな感じになり完全に逃げ切りの姿勢。
・前節のこともあり、なりふり構わず時間を使う。イエロー2枚を使って。

動かないといわれる浦和より動きの少ない瓦斯、あれでは勝てない。逆に浦和は後半に少し引きすぎたきらいはあるけれど動き続けた。その差でしょう。雨が降って幾分、涼しくなったのも幸いしたかも。

やっとWe are Diamondsが歌えた。次はホームで歌いたい。反転攻勢のきっかけとなったと後で思えるような試合になってほしいなぁ...。

帰りも行きと同じルートで1時間程度で帰宅。オリンピックをそっちのけでビデオで試合を振り返る。後半のロスタイムで映像が途切れてた。物凄いで大変なことになっていたらしく停電の仕業。
得点シーンは確認できたからまぁいいか。

|

« きっかけとなる勝点3 | トップページ | 菊姫 山廃純米 無濾過 呑切原酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42191577

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェー FC東京戦:

« きっかけとなる勝点3 | トップページ | 菊姫 山廃純米 無濾過 呑切原酒 »