« 大事なものはこぼさないようにしなきゃ | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »

2008.08.13

参戦の記録 ホーム 柏戦

2-2 引き分け(2008.08.09 埼玉スタジアム2002:車)


これは何だったのだろう
毎年盆時の試合は集客が落ち加減。帰省しない(帰省する先がない)我が家には全く関係はないが...。今年は更に浦和の競馬場の花火開催日と重なり、チケットの売れ行きも芳しくない柏戦。

土曜日なのに7時半キックオフ。所用でスタジアム入りは開門してかなり時間が経過した6時前。
時間がないので、スタジアムグルメはなし。南広場の見慣れない物体に興味はそそられるも立ち寄らず、南から入場しメイン側コンコースを通り北ゴール裏へ。


ベンチの椅子が新調(寄付)
バカがペットボトルを2階から投げたせいで荷物検査が以前よりも厳しくなっていた。

曇天で降雨の予報も出ていた空模様。風もあり蒸し暑さは感じない。幸い雨は降らず、ちょうど良いコンディション。

試合前のスタメン速報(携帯)では、攻撃陣は前節と一緒の純国産布陣。


都築のタオルが赤くなった
アップに出てきたのはスタメン+エジミウソン。達也が途中で控室に引っ込む。嫌な予感。
アップ後半にピッチに戻るもシュート練習はほとんどせず。
足首を捻ったらしくこの日は結局、欠場。

スタメンは、
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、堀之内
MF 平川、阿部、啓太、相馬
FW 永井、エジミウソン、高原

達也はサブからも外れており、サブは山岸、堤、高橋、暢久、梅崎、セルの6人。
対する柏はフランサがサブスタート。

・前半の入りは良かった。左サイドから好機を数度演出。
・右サイドは平川が菅沼対策に追われ、高い位置取りが出来ず停滞。
・啓太の動きはかなり戻ってきた感。それに伴い阿部の攻撃への絡みが増えてきているのは相手にとっては脅威だろう。


責任を感じている様子だった
・序盤の攻勢が落ち着いたところでロングボールを坪井が頭で跳ね返したボールが菅沼の足元に入り、サンデーシュートを決められる。中途半端なクリアーだったが、まぁ仕方がない。
・少しずつ平川が上げれるようになってきたと感じていたら、平川からのクロスを受けた阿部が素晴らしい同点弾。本当に味方になってよかった選手。
・エジミウソンは相変わらず右サイドに流れる悪癖。そのプレーは中にFWが2枚くらいいないと成功しないんですけども。
・後半途中のエジ→梅崎は当然。
・柏フランサ投入もしっかりマークに付いて仕事はさせない。
・フル出場でへばり加減の永井の逆転ゴール。今年の永井は何かを持っている。
・ロスタイム4分も3分半が過ぎた頃にもらった左CK、梅崎と永井はもう少し上手くキープできなかったのだろうか。あそこで選手交代を噛ますというベンチワークも勝点3への執念という意味では必要だよなぁ。

それまで全く消えていたフランサの魔法にかかり同点にされて勝点1に終わる。内容が良くなってきているだけに勝点3の結果が何としても欲しかった。
不用意な失点の悪癖が消えないと安定した戦いは出来ない。零封で勝点3を積み上げる試合をしてもらいたい。ACLも始まるんだし。

負けたような気分で家路に。日本の柔道陣のようにすっきりしない。

|

« 大事なものはこぼさないようにしなきゃ | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42148601

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 柏戦:

« 大事なものはこぼさないようにしなきゃ | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »