« 高円宮杯 準決勝国立へ | トップページ | 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 »

2008.09.26

敵状視察 アウェー 名古屋戦

休む間もなく名古屋戦です。
週2試合のペースがACL準決勝進出で8試合続くことになります。そのうちの5試合目、折り返しです。

今年はこれまで3戦して3敗。3得点11失点と相性最悪です。どうしましょう。
ACLの厳しい戦いを経て一皮むけた浦和を瑞穂で見ることがきっとできるはず。

紅鮭ブログ     前節は17位の千葉に2分で2失点の鮮やかな逆転負け。書いてある通り内容もいまいち。相手に研究されてきた結果か。冷静に考えれば得意の中位力を発揮し始めたと解釈もできるが、そこまでの勝点差は13あるのでそれはないか。
お得意様と書かれてしまう今年の結果がかなり悲しい。

蹴りたいグランバス     ユースのサッカーのないようなら絶対に負けない自信はあるのだが...。それは置いておいて。
マギヌンの負傷離脱は大きな影響を与えているように千葉戦の中継を見ても思いました。代わりが杉本ではサッカーも変わろうかというもの。
前半の動きが良いうちに試合の大勢を決めておきたいなぁ。


浦和レッズ戦開催に関するお知らせ 2004年のナビスコ準決勝の時も午前中は陸上競技のイベントがあって、その時は4-1で勝っているんですよね。吉兆かな。

|

« 高円宮杯 準決勝国立へ | トップページ | 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42596182

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 名古屋戦:

« 高円宮杯 準決勝国立へ | トップページ | 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 »