« 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 京都戦 »

2008.09.30

参戦の記録 アウェー 名古屋戦

1-1 引き分け(2008.09.28 瑞穂陸上競技場:車)

首位を窺う名古屋戦。久しぶりの瑞穂開催。2005年以来か。
その時は行けていないので、その前の年の2004年のナビスコ準決勝以来の瑞穂。

キックオフは夜7時。のんびりと日曜の朝に出発。
心配された首都高5号線の復旧工事の影響の渋滞も大したことはなく、その後の東名も非常に順調で、伊勢湾道 大府IC経由で約5時間の所要時間でスタジアムに到着。
道中、ツアーバスは多数見かけたが、自家用車での遠征組はいつもほどではなかったか。


大竹
事前の案内通り、高校の陸上競技の大会が開催されており、車も止められずの状態。
開門は午後5時。陸上競技の試合が終わるのが午後4時ということで、ひとまずスタジアムを離れ食事。

いろいろな選択肢がある中で、酒とは一番関係性が薄い味噌煮込みうどんにすることに。
大竹」、ちょっと離れた港区七反野にある味噌とうどんにこだわったお店。見た目以上にサラッとした味で汁まで完食。うどんはかなりこしのあるタイプで何とも言えない食感。


味噌煮込みうどん
すっかり腹ごしらえをかんりょして瑞穂へ戻る。3時前、まだ陸上競技大会は続いており、駐車場も満車状態。プール横の第4駐車場は待機可能だったので、そこの5台目に並び、空きを待つ。

4時に陸上競技大会が終わったら、一気に車がはけてすんなり入庫。公園の緑地内を不思議な経路で繋がる待機列へ。
5時に開門するも待機列はなかなか動かず、入場は5時45分。
入場して思い出した。瑞穂はスタジアム内の横移動が非常にしづらいスタジアムだったんだっけ。


駐車場空き待ち中
クルヴァは一番メインよりのポジション。ゴール裏の密度は濃いとは言えないが、アウェーゴール裏は赤一色で染まる。

さて先発は、
GK 都築
DF 坪井、闘莉王、阿部
MF 平川、細貝、啓太、相馬、ポンテ
FW エジミウソン、高原


公園内の待機列
ACLで存分の働きを見せた暢久はサブ。ACL要員か。その代りに啓太がスタメン復帰。
足の調子の思わしくない闘莉王もスタメン。

大粒の雨がバラバラと降ったり止んだりはっきりしない天気の中、キックオフ。

・これまで3対戦、散々ぱら破られてきたサイドの守備は、ある程度持たれるも致命的な突破は数度に抑える。

・中の守備を犠牲にしてでもサイドの守備に人数をかけた感じ。
・名古屋の中央からの攻撃は、その意識の少なさ(サイドからの意識の強さの裏腹)から迫力はなく。
・左の相馬からの攻撃が良い。あららというミスもあるが、総じて期待が持てる左サイドからの攻め。
・高原の強引な突破からその左に展開して中に待っているエジというパターンで先制。前半40分というとった時間もGOOD。
・後半、圧力を増してくる相手に10分こらえられればこちらの展開と思ったのだが...。
・競り負けた闘莉王は、足の状態からくる反応の遅れなのか。
・同点で活気づいた相手に対して、疲れからか失速気味の浦和は決定機を作れず。
・8合目のポンテの調子が全開になればなぁ...。

結局、1-1の引き分け。アウェーの我々が落胆し、ホームの名古屋が喜ぶという図式は??
首位奪取はならず。この先の厳しい日程を考えると、勝っておきたかったなぁ..

.。

家路に就く前に汗を流す。植田トロン温泉天の湯。帰りは名古屋ICから東名をひたすら東進。途中、激しく雨が降る。眠気と闘いながら3時過ぎに到着。
結果がいま一つだと帰りの道程が長い。

|

« 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 京都戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42635929

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェー 名古屋戦:

« 参戦の記録 ACLホーム アルカディシア戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 京都戦 »