« アジアの厳しさ | トップページ | 参戦の記録 アウェー 大宮戦 »

2008.09.19

敵状視察 アウェー 大宮戦

日本にあるアル何とかというチームとの試合です。

チームはクウェート帰りでヘロヘロ、サポはチケットその他の問題でヘロヘロ。
そこらあたりまでは栗鼠さんチームの思い通りの展開ですが、そういうときほど結果は思い通りにならないもの。意地を見せてもらいたいし、意地を見せるぞ。

ベストゴールを選ぶ委員会!     J1での対戦はまだ勝ち越していたとは...。確かに最近、勝ってない。試合の内容の良さで勝とうとは全く思いません。
涙が出るような素晴らしいサッカーを展開してもらって結構です。そんなことをうちは望みません。
ただただ、勝点3をいただければそれで良いのです。

大宮観戦備忘録     前節瓦斯戦のメンバーなど。1-3で完敗している割には評点が高めに設定されているところには目を瞑ってと。
レアンドロ出場停止という朗報も、大砲と呼べるような信頼のおけるFWが未だに見当たらない今の浦和にはとっては朗報と感じない。
出停明けの藤本が右に入り、片岡あたりがDFラインに入るというのが予想される布陣か。
小林慶も戻ってくるのかな。(欠場濃厚とのこと

芝職人の日記     大宮の誇る外国人ツートップについての記載があるエントリー。いろんな外国人FWをとっかえひっかえ試しながらチームに合う選手を見つける栗鼠さん。
デニスマルケスはフィットして定着。来年、ガンバあたりに引っこ抜かれるんじゃないか?
スロベニア代表で身長190㎝の電柱FWラフリッチとの絡みはまだまだこれから熟成というところらしい。
でもこうやってマークしている選手以外にポコっと点を取られることが多いのが難点だ。



地元小学校のスポ少にまで浦和戦のチケットをばらまいたらしい栗鼠さんチーム。そこまでやるかねぇ。
もらった小学生が浦和側じゃなくて残念と言っているあたりがいけてる。

|

« アジアの厳しさ | トップページ | 参戦の記録 アウェー 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42509447

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 アウェー 大宮戦:

« アジアの厳しさ | トップページ | 参戦の記録 アウェー 大宮戦 »