« 2008 ACL 日程終了 | トップページ | 敵状視察 アウェー 新潟戦 »

2008.10.23

参戦の記録 ACL準決勝 ホーム G大阪戦

1-3 敗戦(2008.10.22 埼玉スタジアム2002:車)

大事な試合。気持ちの昂りを抑え午前中は黙々と仕事。
スパッと午前中で切り上げて午後はACLモード。

家族が揃うのを自宅で待ち、5時過ぎにはスタジアムに到着。
ボーイズマッチのないACLの試合、選手ウォーミングアップまでの約2時間がいつもよりも長く感じられる。

スタメンは、
GK 山岸
DF 坪井、闘莉王、堀之内、堤
MF 平川、山田、阿部、ポンテ
FW エジミウソン、高原

GKサブは順大。永井もいろいろあったがサブに復帰。永井、達也、高崎、セル、梅崎と攻撃的な選手がサブに並ぶ。

ゴール裏は皆で手を繋ぎすきにならずにいられない。大一番での緊張感、負けられない気持ち、今年これまでの悔しい思い、やってくれという選手への願い。目頭に熱いものがこみ上げてくる。
選手入場と同時に赤・白・黒の三色に塗り分けられたスタンド。この時点で気持ちは一つに集中したと思う。

・DF陣は4バック。平川の位置が低く、堤の位置が高い右に重心が寄ったような変則4バック。
・前線のプレス、中盤のサイドへの飛び出し、申し分ない前半のサッカー。
・セットプレー以外のさしたる危機は見当たらず。
・高原のゴールで先制。この1点に実は大きな意味はない。もう1点が取れるか取れないかが勝負。
・高原のロングシュートがバー直撃、入っていればなぁ...。
・内容も得点もあった前半、1-0折り返し。惜しむらくはとどめの2点目が取れなかったこと。
・後半、慎重に立ち上がるも受けに回る。
・セットプレーしか得点の雰囲気のなかったガンバにセットプレーで山口をフリーにして失点。
・ゲームの流れをこの失点で失う。
・流れを失い後手に回る選手、そしてベンチ。1-3の敗戦も全ては1失点からの綻び。後半開始の10分を持ち堪えていれば...。

去年、一昨年の強い頃であれば耐えられている場面であっさり失点するケースが目立つ今年。その悪癖を大一番でも出してしまっての完敗。
後半、運動量が落ちた感じはするが総じて選手はよくやっていたと思う。
でも、大事な場面でこらえきれない今のチームは、大きな問題を抱えているのだと思う。

チームの雰囲気、気持ちの持ち方、何かを勝ち取ろうという意欲。シーズン当初から内部調整に時間を取られ、外に向かって戦う体制がなかなか整わなかったつけがここに来て一気に噴き出した感じ。
そういう意味ではチームを編成した側にも問題があるのだと思う。

過去の栄光、蓄えた色々な財産の上に胡坐をかいてそれを浪費し続けた。また一から築き上げなければいけない。そういうことを感じさせる敗戦だったと思う。

リーグ残り5試合と天皇杯、積み上げていくという気持ちでチームを見ていこうと帰り道、そして速攻で寝た布団の中で考えた。

|

« 2008 ACL 日程終了 | トップページ | 敵状視察 アウェー 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42884479

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ACL準決勝 ホーム G大阪戦:

« 2008 ACL 日程終了 | トップページ | 敵状視察 アウェー 新潟戦 »