« 敵状視察 ホーム 京都戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ 千葉戦 »

2008.10.02

参戦の記録 ホーム 京都戦

2-2 引き分け(2008.10.01 駒場スタジアム:自転車)


久しぶりの駒場だ
久しぶりの駒場での試合。平日開催。
今回は行いが良かったか、仕事をすんなり切り上げることができて外出先から直帰。
人身事故で遅れている京浜東北には乗らず、埼京線で外出先の新宿から戻ってくる。

時間に余裕があるので自宅で着替え、自転車で駒場へ。駒場ラーメンを食べる時間はなさそうなので、途中コンビニでホットスナックとおにぎり&ビールの夕食を調達。


痛そうだった
心配された天気は予報以上に回復し晴れ。ちょっと蒸す感じか。

先発は、
GK 都築
DF 坪井、堀之内、阿部
MF 山田、細貝、啓太、相馬、ポンテ
FW エジミウソン、高原


出島はこんな感じ
東ゴール裏も密度はいま一つ
足の調子の思わしくない闘莉王はサブスタート。ホリがDFの真ん中に入り、右サイドにはヤマ。
サブ組でウォーミングアップに出てきた闘莉王の足が痛そうなこと痛そうなこと。

あわただしく腹ごしらえを終えてキックオフに備える。

・序盤、相馬のいる左サイドから攻める。相手も相馬好調は織り込み済みで人をかけてここを抑えてくるが、それでも数度突破する。が、得点できず。


芝の荒れ具合がねぇ
・カウンターを食らうシーンが散見されちょっとまずいぞと思ったら、ミスから相手に球を奪われて失点。あれはカウンターというより献上点。
・自ら試合を難しくするマゾな浦和。
・前半に同点にしておきたいと願ったら、なんと3分で2点取って逆転。
・エジミウソンも高原も前半限定だが好調を維持しているのは良い傾向だ。
・ゴール付近の芝がやはり荒れる。都築も足の裏に付いてしまう土を気にする。信じられないミスキックあり。珍しい。
・試合中、芝の匂いではなく土の匂いがピッチから漂ってくる。一度、根本的に手を入れないとまずいんじゃないのかなぁ。
・後半開始早々の失点癖は何とかならないのでしょうか。いともあっさり大事な点を取られる。
・後半は動きも止まってきて...。うーん引き分けか?
・相馬→平川、ポンテ→永井で4バックに。SBがヤマと阿部、永井と平川が開いてという布陣。これがそれなりにはまり、攻勢に転じる。
・闘莉王FWという久々に飛び道具を使用。
・右寄りからバー直撃弾と左からのポスト際惜しいシュートの2本を内見せ場を作るも...。決まらない。闘莉王個人のキープ力と足もとの巧さから来た好機なので責められないのだが、どっちか決まらなかったかなぁ。

結局、2-2の引き分け。ホームでの引き分けは痛い。
固定していたDFラインの怪我とはいえ入れ替えて守備に穴が開いた感は、代わりに出たホリにはつらい結果だが、現実としてしっかり受け止めて次の機会に活かしてほしい。
連戦が続く正念場、踏ん張りどころだ。

勝ったら駒場デー、タイアップ店である北浦和のサムシングに寄ろうかなんて話していたのだが、引き分けではとても行く気になれず素直に帰宅。
お楽しみは日曜日のフクアリでの試合の日に持ち越しだ。

|

« 敵状視察 ホーム 京都戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ 千葉戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/42656335

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 京都戦:

» ホーム [ホーム]
もっと痩せたいね [続きを読む]

受信: 2008.10.02 11:16

« 敵状視察 ホーム 京都戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ 千葉戦 »