« CWC M4 | トップページ | 澤屋 まつもと 越中山田錦 »

2008.12.24

丹沢山 吟醸 槽しぼり 垂れ口の酒

丹沢山 吟醸 槽しぼり 垂れ口の酒

米:五百万石
精米歩合:50%
日本酒度:+5
使用酵母:9号系
アルコール分:18~19%
杜氏:上川修
合資会社川西屋酒造店
(神奈川県足柄郡山北町)

しぼってから1年くらい蔵元の氷温庫で熟成されたお酒です。
槽(ふね)から垂れ落ちたお酒をそのまま詰めたお酒で「うす濁り」です。
吟醸の軽やかさ、爽やかな香りが鼻に抜けます。
うま味と酸味がバランスした味わいは、料理を選ばずイケます。
アルコール度数の高さを感じさせない呑み口。調子に乗って盃を傾けると腰が抜ける...。

坂本が岡山へ。赤星が水戸から復帰。
若手を今年以上に起用するであろうフィンケ体制に合わせた若手の選別も着々と進んでいる。

近藤はレイクタウンのイオンのトークショーに出るのだから来年はいるのでしょう。若手CBの層の薄さが課題だなぁ...。

阿部はボランチだからCB候補は、闘莉王、坪井、堀之内、堤、近藤、橋本の6人か。

|

« CWC M4 | トップページ | 澤屋 まつもと 越中山田錦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/43506840

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢山 吟醸 槽しぼり 垂れ口の酒:

« CWC M4 | トップページ | 澤屋 まつもと 越中山田錦 »