« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.31

梅乃宿 純米吟醸 長期熟成酒

梅乃宿 純米吟醸 長期熟成酒 昭和63年醸造

精米歩合:50%
アルコール分:16~17%
梅乃宿酒造株式会社(奈良県葛城市)

昭和63年醸造の純米吟醸酒を20年くらい長期熟成させた古酒です。
製造年月日は2008年11月ですから、熟成させたものを瓶詰めしているんですかね。

色も味わいも紹興酒に似た感じ。好き嫌いは分かれる味だと思います。

非常に特徴のあるお酒で、一緒に食べるツマミを選びます。買ったお店ご推奨はウナギ。
独特の癖の強さがウナギにマッチします。

うちではウナギを食べる時用のお酒です。

※写真は2合瓶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

北浦和西口のゲーセン

小学生の頃、北浦和駅西口には3件のゲーセンがありました。
17号と埼大通りの角、地下道近くのサンドーレの向い、そしてハッピーロードのゲーセン。
最後まで残っていたハッピーロードのゲーセンが、いつの間にか更地になっていました。

塾をサボったり、ちょっと怖い思いをしたりと子供の頃の思い出はいろいろあるのですが、最近は全然、足を踏み入れていなかった。
なくなって少し寂しさが...。
大して広くない敷地ですが、跡地は何になるのだろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.28

鯉川 純米吟醸 しぼりたて生酒

鯉川 純米吟醸 しぼりたて生酒 20BY

米:出羽燦々
精米歩合:50%
日本酒度:+3.5
アルコール分:15.3%
酵母:協会9号
酸度:1.6
アミノ酸度:0.7
鯉川酒造株式会社
(山形県東田川郡庄内町)

DEWA33のラベルが貼ってあります。
純米吟醸酒「DEWA33」には次のような酒質基準があるそうです。
・「出羽燦々」を100%使用していること
・純米吟醸酒であること
・精米歩合55%以下であること
・山形酵母を使用していること
・山形オリジナル麹菌「オリーゼ山形」使用のこと

しぼりたてでまだ若いお酒、飲んでいる間にも空気に触れて味が変化している気がします。
きつい吟醸香はしません。口中前方で感じる独特の香りが華やか。

熟成を重ねるとどう変わるか楽しみ。2本頼んだ1本は、冷蔵庫の野菜室で三ヶ月ほどの眠りに就きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

リーグ開幕戦

鹿国アウェーで開幕は報道で周知の事実。

リーグ開幕がアウェー鹿戦は2003年以来ですね。最終戦はホーム埼スタで鹿戦ということになるのでしょうね。
話題戦は十分だ。

3月7日のキックオフは16:00とのこと。3月上旬の鹿スタは寒いんだよねぇ。海から吹きつける風が...。西城秀樹の国歌独唱が余計寒かったんだよなぁ...。

去年のように電車組が帰れなくなるようなことにはならなさそうな時間で何より。
さてどういうルートで乗り込むか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.24

すっぴん るみ子の酒 9号酵母

すっぴん るみ子の酒 9号酵母
 無濾過あらばしり純米生原酒


米:伊賀産山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+6
アルコール分:17.7%
酵母:協会9号
酸度:1.8
アミノ酸度:1.1
合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)

鯵のタタキ、酢ガキとともに。

年間生産量200石の小さな蔵のお酒です。神田のとある飲み屋で飲んでおいしかったので、ネットで調べて蔵元の直販で買ったお酒です。
上槽日が20年12月18日、家に届いたのは12月22日だったか。槽口から流れ出てきたあらばしりをそのまま瓶に入れて即送られてきたもので、うすにごりです。
蔵元直送。

かなり白濁していてうすにごりというよりは濁りに近い。酸味が何ともフレッシュ、オリの甘味を酒自体の辛味(アルコールか)がバランスをとっておりうまい。香りも華やかで若々しい溌剌としたお酒です。
あっという間に四合瓶はカラに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.21

順調な仕込み...

宮崎合宿で体作りの後、代表戦日程明けにシドニー合宿。

補強はないが早めの始動とじっくり取り組んでいるシーズン前の仕込み。

派手さはないがバタつく感じもなく、いい感じの準備が行われているんじゃないですかね。

日程の取り方も色々な状況を織り込んでしっかり練られている感じもあるし。去年の災いを転じて福となすシーズンになることを願いたい。

アウェー鹿国で始まるシーズン、遠征日程が気がかりだ。景気対策で高速代が大幅に割り引かれる制度が出てくるらしいので、車長距離遠征は制度導入後でお願いしたいなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

るみ子の酒 特別純米 にごり生原酒

るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒

20BYの活性濁りです。
活性生原酒の極み。出荷時から瓶内熟成が進行しているお酒です。

四合瓶だからまだ良いのですが、一升瓶だと確実に噴き出すお酒らしい。
正月4日に開栓しましたが、噴かないようにするにはかなり気を使いました。
結局、短気を起こして少しだけ吹きこぼれてしまったのだけれども...。

瓶には丁寧に開栓時の注意書きが事細かに書いてあります。

「るみ子の酒」は、伊賀上野の合名会社森喜酒造場という年間生産量200石小さな蔵のお酒です。
神田のとある飲み屋で飲んでおいしかったので、ネットで調べて直販で買ったお酒です。
活性濁りは、その際、たまたま巡り合った逸品。

発泡するにごり酒は甘口という固定観念があるのですが、このお酒はそういう認識を覆すくらい、しっかりとした、引き締まった味わいのある活性濁りでした。ウマい。

瓶底にごっそり固まっているオリは開栓と共に持ち上がってくるのですが、酒の味をヘンに変えることはない感じでGood。

同時に買ったうす濁り(こちらは噴かないお酒です)も結構楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

2009シーズン 始動

始動に合わせて背番号の発表

間際に移籍が決まった9番と、外国人DF向けに空けておくことの多い5番が空き番になるのは予想の範囲でしたが、土壇場で16番まで空き番になるとは思いもよりませんでした。

新加入の新人はサイド系が複数いるので、去る者をああだこうだ言うより未来志向で前向きに考えよう。大卒の野田に即戦力の期待をかけているのかな。

梅崎7番以外は空き番号に加入選手を入れていった背番号で驚きは無し。
高原は本当に19番が好きなんだね。希望通りの番号でこちらの希望通りのプレーを見せてほしいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.01.11

全国高校サッカー 準決勝 埼スタ

今年は埼スタで行われる高校サッカー準決勝。国立の確保が難しいらしい。

前橋育英(群馬) 3-5 鹿児島城西(鹿児島)

所要で後半から見たのですが、前半に7点も入っていた...。この日は2試合で9ゴールが生まれているのに2ゴールしか見ることができなかった悲しみ。
中盤でのキープからサイドに散らしてのスマートな前橋育英と、ゴールへの意識が今日悦に感じられる鹿児島城西。ゴールへの姿勢が結果の差に出たか。5点目のダイレクトボレーは見事でした。

広島皆実(広島) 1-0 鹿島学園(茨城)

守り合いという感じでしょうか。お互いにトップに球が収まらないので攻めの形が作れず。終始押し気味だった広島皆実が勝利。

バックスタンドは寒風が吹きつけとにかく寒かった...。

続きを読む "全国高校サッカー 準決勝 埼スタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.08

ユニが2枚お蔵入りなる訳だが...

永井移籍か。

シーズン終盤から気配を感じさせるものがありましたが、何だかんだ言って残るんじゃないかと思っていたので少し残念。

浦和での選手生活終盤に、天皇杯、ACLとカップ戦で記憶に残る結果を残してくれたことが印象に残りますが、今年の夏にはそんな思いも消え去るのでしょう。

永井はチームに冷たくされのでしょうが、サポは永井に半ば捨てられた感があるかなぁ...。

背番号9への思いの違いかな。

続きを読む "ユニが2枚お蔵入りなる訳だが..."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

奥播磨 山廃純米

奥播磨 山廃純米 雄町65% 19BY

米:雄町
精米歩合:65%
日本酒度:+5
アルコール分:17~18%
下村酒造場
(兵庫県姫路市安富町)

山廃仕込みの生原酒、19BYですが製造は20年12月ということで蔵元で熟成されていたものか。
雄町のストレートな米の味わいが辛口のポイントになり引き締まった味わいです。
せんまい刺しよりは、ぶり照りに合ったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.05

渓流 朝しぼり 出品貯蔵酒

渓流 朝しぼり 出品貯蔵酒

米:白樺錦
精米歩合:65%
日本酒度:-6
アルコール分:20%
酵母:協会7号
杜氏:勝山敬三
株式会社遠藤酒造場(長野県須坂市)

菅平樽沢伏流水で仕込んだ槽しぼりを、そのまま10ヶ月間氷温貯蔵して熟成させたお酒、限定3000本でシリアルナンバーが打たれています。

900ml入り、直射日光を遮断し温度変化に対応するため新聞紙にて瓶が包装されているのはユニーク。

ポッタリとした感じですが、ベタ付く感はありません。甘さとアルコール度数のバランスのなせる技なのか、意外とすっきりしていてキレがあり呑み易い。
長野の酒造好適米「白樺錦」は、山田錦と比べると味の厚み少しうすいかなぁ...。

甘く味付けした煮豆と合いそうな気がします。しょうゆ豆をアテにして飲んだらgoodでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

高校選手権 2回戦 埼スタ

埼玉県代表、市立浦和の初戦は2回戦、滝川第二 戦。

スコアレスからPK戦4-5で力尽きました。

縦ポンで攻めない、繋ぐ姿勢は良かったのだが、繋ぎの場面を狙われた感があり、ペースをいま一つ攫めず四分六の劣勢でPKへ。
PKは4人目のインサイドで流した唯一のキックをきれいに止められ4-5。

PKで勝ってきっかけを攫めればなぁ...。
全国レベルでの古豪復活の機会はやはり連続出場しかないでしょう。なかなか難しいと思うけど。
今の顧問になって初めての選手権。ここから次のステップを踏むんでしょうかねぇ。

しかし、うちの母校は何やってんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

謹賀新年

本年もよろしくお願いいたします。

元旦午前1時の調神社、メチャ混み...。

二つのお祈りをしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »