« 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 | トップページ | 雑賀 純米吟醸  »

2009.03.31

参戦の記録 ナビスコ アウェイ 横浜FM戦

1‐0 勝利 (2009.03.29 日産スタジアム:車)

前日にW杯最終予選バーレーン戦があり、日曜開催のナビスコ横浜戦。日産で午後3時キックオフ。
高速道路の割引が開始された週末ということで少し警戒して若干早めの9時頃に出発。首都高5号線から都心環状線を通り3号用賀から環八へ。全く渋滞なし。
玉川から第三京浜で港北、スタジアム近辺まで50分余りで到着。これなら下道で良かったかも。

ナビスコということで駐車場の埋まり具合はかなり遅め。スタジアム近辺の駐車場でも1日料金が2000円を超えるところは空き多数。
スタジアムからは少し離れた1200円の時間貸し駐車場に止める。

去年は工事中だったのビル建築が竣工しており、見た目が随分と変わった新横浜駅近辺を横目に見ながらスタジアムへ。

日差しは春ながら気温、吹きつける風は完全に冬仕様。日向は温かいが日陰は寒い。待機列で日焼けをしないように顔を防御しつつ寒さを避けて寝て開門を待つ。

相変わらず荷物チェックのないゲートを越えて入場。大丈夫かいと思うくらい入りの悪いスタンド。ビジターサイドも出足はかなり悪目。最終的には2回は8割方は埋まったが、やはりナビスコだと近間でも来ないんだなぁ...。

特段のお楽しみもなく、開門から試合までの時間も短いのですぐにウォーミングアップが始まる。それまでの短い時間にかなりしつこく歌を摺り込まれた。

さて先発は
GK:山岸
DF:山田、坪井、堀之内、平川
MF:啓太、阿部、ポンテ、直輝、原口
FW:高原

広島戦で足首を痛めたエジはお休みで、代表帰りの阿部がボランチに入り、直輝は1列前か。FW紹介だった原口は左サイドっぽい位置取りだった。
直輝が動き回るので、3ボランチだったのか4-2-3-1だったのかはようわからん。

・相変わらず1試合に1回はDF同士で一瞬お見合いする悪癖は、そろそろやめにしないと。相手が緩いから失点には至らず。
・決定的な場面を序盤に外してくれるマリノスさんは心優しい。
・直輝は本当によく動いていたな。
・原口はボールのないところで少しさぼり気味。その分、トップに張るべき高原が戻ってきてしまい、前線に人が足らない前半。
・それでもPKを取るプレーあり。何かを持っているんだろう。
・PKはロビーがしっかり決めて1-0。
・後半は近い方で攻め続けてくれると思いきや、数度の好機を除いては、ほぼ遠い遠い向こう側でのプレーに終始。
・高原が決められる好機をゴール直前で原口に流し相手GKに弾かれて...。あれは決めとかんと。
・そこから先は、ギシに神が降りたことしか記憶にありません。
・濱田の初出場は覚えてるかな。

シュート22本打たれたが無失点で勝利。無失点勝利がないないと気をもんでいたが、こんなに相手がシュートを打った試合で無失点が達成できるとは...。
途中で濱田と交代して下がり、試合後にインタビューを受けていた直輝のベンチコートは裾を地面に摺っていたぞ。

日曜夕方ではお楽しみをしていると翌日の仕事に響くので、寄り道せずに家路に着く。お楽しみは今回の遠征では一切なし。勝点3を持って帰れるのだからそれでいい。

岸根公園方面から東神奈川に出て首都高横羽線から八重洲線、5号線。八重洲トンネル内で渋滞に捕まるも新横浜近辺から2時間弱で与野に戻ってこれた。

良く考えたら、去年の最終戦と天皇杯の汚名を雪ぐ試合だったんですね。3割くらいしかお返し出来ていない感じだけど、去年からの悪い流れを変えられた試合では無かったかなと。

|

« 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 | トップページ | 雑賀 純米吟醸  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/44517060

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ アウェイ 横浜FM戦:

« 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 | トップページ | 雑賀 純米吟醸  »