« 開幕 旅立ち | トップページ | 鷹勇 純米吟醸 なかだれ »

2009.03.10

参戦の記録 アウェイ 鹿島戦

0-2 敗戦(2009.03.07 カシマサッカースタジアム:車)

週半ばの天気予報では雨の予報も雲の動きが早まったのか、金曜日凄まじい荒天から明けた土曜日の朝は、風は強いものの曇り空で天気好転の兆し。
2009年の開幕は異国鹿島でのスタート。午前8時に与野を出発し鹿の国へ。

首都高は5号線が積荷の散乱で渋滞との情報。外環浦和から三郷JCTを経由し常磐道から圏央道へ。三月上旬には1区間延伸し稲敷まで開通するはずだった圏央道、新区間開通は3月21日となり、去年と同じ阿見東ICで一般道へ。
阿見東IC横ではアウトレットモールの建設工事が進行中。開業は夏とのこと。片側1車線しかないこのあたりの圏央道、来年は渋滞度合いに注意が必要だ。

阿見東から鹿島までは霞ヶ浦南岸をひた走り、北浦大橋を渡ってスタジアムに北から回り込むルートで。渋滞知らずのこのルート、ICからスタジアムへは小1時間、都合2時間半で異国の地に到着。

朝方強かった風も収まり快晴の好天。待機列で開門を待つ間も顔が焼けるのがわかる。

開門が1時間くらい早まるとの事前情報があったが、そんなことはなく1時少し前に開門。遅遅として進まない入場。
駅側に適当に作られた後方待機列、スタジアム側に何列か引き込んだところで、待機列そのものを横移動させるというアウェイの洗礼。さすが鹿の国、やることがこちらの想像を超える。

入場したのは2時過ぎ。ピッチ上ではすでにFC浦和と鹿島U-12の試合が2面展開で実施中。これも楽しみの一部だったんだから、入場には少し気を使ってほしいんだが...。
試合は完全に余興扱い。一生懸命小学生がプレーしている時に、関係ない場内放送を延々流すのはやめようよ。ラーメン売るより未来を託す子供たちの方が大事だろうに。

お約束の煮込みは一応、買ったが、さしたる感動は無し。アウェイ側の煮込みはさして美味しくないという噂。まぁ、仕方がないか。
3色塗り分けのビジュアルが企画されており、真ん中に丸い穴の開いたビニールシートが新アイテムとして配られ、これを頭から被って90分跳ねると試合を通してゴール裏が三色に塗り分けられるという算段。
(ビデオで確認したが結構きれいに塗り分けられていた。)

百里基地のF-15三機編隊がスタジアム上を低空で通り抜けるというアトラクションあり。なかなか味わい深い。

監督も代わり、ウォーミングアップのタイミング、やり方も変わる。GKとフィールドプレイヤーがほぼ同じタイミングで入ってくる。

先発は、
GK 都築
DF 細貝、坪井、闘莉王、平川
MF 達也、阿部、啓太、原口、ポンテ
FW 高原

サブには林や直輝、セルといった若いメンツが並ぶ。

快晴で乾いた空気、年1回の大旗虫干しには絶好の気候、相変わらず統制のとれていない大旗の展開。虫干しだから統制もナンもないか。
CHANPIONがSHANPIONになっていたのには思わず笑ってしまったが、このあたりが気を抜かせる罠なのかもしれない。

奇を衒わない国歌独唱はなかなか良かった。さぁ、キックオフ。

・新しい監督は結構、ベンチ周りでの動きが年齢の割に多い印象。
・待望の4バック、日が浅いので熟成はこれからか。CBの距離感、サイドの攻守の切り替え等、課題はいろいろある。ここからどう進化するかだ。
・パスをつなぐ意図はよくわかった。あとは、相手をえぐるパスがどれだけ前線に入るかだ。まだまだ、横やマイナスのパスが多い印象。こちらも熟成はこれから。
・トップの高原にボールが入らず、高原が消えていた印象強し。
・一生懸命ボールを回すもシュートシーンはなかなかつかめず。
・逆にセットプレー崩れのカウンター2発に敢え無く沈む。両方とも平川の後ろ。狙ってたんだろうな。
・あそこを簡単に破られたら4バックはもたないよなぁ...。次にどう修正してくるかだな。
・セットプレーからのヘディングの好機を外すこと数度。タラレバは言うまい。
・原口は可能性を見せたね。
・2失点後に左を総トッカエ、平川・原口がヤマとエジに。山田さんの守備力はさすがだ。ポカもあったが...。
・達也は終始、肩に力が入っていたなぁ。

監督が代わり、システムが変わって初戦で安直に結果が出せるほど安易な相手ではなかった開幕戦。ここを基線にどこまで積み上げて行くかだ。
我慢して見守り、成長を見届けるシーズンであることを再確認した開幕戦。

挨拶にきた選手の背中にゴール裏からの浦和レッズのコールがかかる。共に歩もうとする雰囲気が自分としては好きだ。

相変わらず人が集中する線路を跨ぐ歩道橋の渋滞を乗り越えて駐車場へ。行きに来た道を戻り帰りも2時間半。

最終戦でホームで対戦する時に、チームが1シーズンでどれだけ成長したかが計測できる。スタートラインを確認する開幕戦は、想定の範囲内で終了。

|

« 開幕 旅立ち | トップページ | 鷹勇 純米吟醸 なかだれ »

コメント

浦和ファンの者ですが、所々で鹿島を馬鹿にする文を入れたりと、負け犬の遠吠えにしか聞こえませんよ。
「浦和ファンってこういう人たちばかりなんでしょうか?」と思われてしまいます。
ブログは全世界の人々が見れるものですから、もう少し大人になったほうがよろしいですよ。
それともまだ子供でしたか?

投稿: | 2009.03.10 19:07

上の人へ。
全世界の人が見ようが、個人の日記みたいな物なのだからいちいちケチをつけるのもどうかと。あと最後の一行に貴方の歪んだ心中があらわれていると思います。人を注意する前に自分が高潔な人間になれるように努力してください。

與野市民さん、上の奴共々ご迷惑をおかけいたしました。

投稿: SS | 2009.03.10 22:13

匿名の方は、現地には行かれていないのでしょう。
現地でホーム側に掲げられたアウェイ側を蔑む断幕の話は、私はあえて触れていません。
そんなやり取りもありの現地での出来事を、多少面白おかしく伝える日記風のブログに、現地に行かれていない方に厳しい批判を受けることは、甘んじて受けたいと思います。
あくまでも、現地で受けた印象を記していきたいと思います。

投稿: 與野市民 | 2009.03.11 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/44295994

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦:

« 開幕 旅立ち | トップページ | 鷹勇 純米吟醸 なかだれ »