« まだまだ成長途上 | トップページ | 東一 大吟醸 うすにごり »

2009.03.23

参戦の記録 アウェイ 磐田戦

1-1 引き分け(2009.03.21 静岡スタジアムエコパ:車)

三連休中日のエコパ遠征。前日は墓参のため当日の早朝出発。

5時に出て東名 東京料金所を6時より前に通過して、早朝深夜割引の適用を受ける目論見も、起きるのが15分遅く東京料金所通過は6時5分。無念。

富士山周辺の天気は快晴。雪をいただく富士山がきれいに見える。これは吉兆。

2時キックオフだと開門は11時半。エコパだと袋井のこちらで鰻を食すというのが定番なのだが、時間的に無理。
そこで、吉田ICで東名を下りて遠州小山城の横を通過(観光用の摸擬天守閣なので時間もないことだしスルー)して、静岡うなぎ漁業協同組合の売店へ。
朝8時からうなぎ弁当の直売を行っている。弁当を買って、サービスエリアで贅沢な朝食という算段。

8時少し過ぎに売店の到着。注文するとそこから調理するらしく、15分ほど待たされる。
ついでに土産の蒲焼と肝焼串を購入。

吉田ICに戻り赤い人と大宮ナンバーが溢れる牧の原SAでうなぎ弁当の朝食。
うなぎ弁当(上)、1200円。贅沢な朝食。香ばしく焼かれており、タレも甘ったるくなくなかなか良い。ボリュームもあり食べ応えあり。これで夕方まで腹は持つと思われる。

掛川ICから愛野へ。以前は法多山方面の駐車場に車を止めていたが、雨の日の夜の斜面の登山で嫌になり、最近はもっぱら愛野駅付近の駐車場に。

10時少し前の到着だったが1日700円の時間貸し駐車場は結構、スカスカ。(帰りの時点ではしっかり埋まっていたが)
エコパとは反対口にあるコンビニで買い物をしてスタジアムへ。なぜか、薪を背負って本を読んでいない真新しい二宮尊徳の銅像が立っている。理由は不明。
次回に行った時までの宿題か。

駅からスタジアムに向かう人の8割方が赤サポ。人ごとながら磐田さん大丈夫?と心配になってしまう。
大きい器に人影まばらだと本当に寂しい。この日の入りは18000人強。明らかに赤い人の方が多かったから...。

エコパの待機列はふんだんにあるスペースを使ってきちんと作られているので、いつもながらのスムースな引き込み。荷物チェックがユルユルという別の理由もあるのですが。

先発は
GK 都築
DF 山田、坪井、闘莉王、細貝
MF 啓太、阿部、ポンテ
FW 高原、エジミウソン、達也

達也はかなり左サイドっぽい位置取り。体調不良の原口はサブ。
足を痛めた林の代わりのサブは西澤。

・開幕3試合目となると相手もそれなりに研究してくるのか、最終ラインから前方への出し所がしっかり塞がれていてテンポがなかなかあがらない。
・達也が左を抉ってのチャンスが数度あるも不発。
・最後方からのダラッとした球回しでリズムが上がらない。
・そんな中、連係ミスをジウシーニョに掻っ攫われて失点。勿体無さすぎる。
・闘莉王の額が...。ビックリしたが、よく考えれば当たり前か。
・後半はかなりの時間帯を支配して好機を作るも、なかなかシュートに結びつかない。
・かなり焦れる。が、決まるときはあっさりと細貝からのクロスをエジミウソン、頭で。
・あれは川口のミスが大きいが、しっかり合わせたエジミウソン、去年と違う。
・選手交代は達也→セルの1人のみ。

その後、高原のボレーとか色々と好機があるも、勝ち越せず引き分け。まだまだ発展途上のチーム。ミスからの失点という悪癖はいろいろとチャレンジしている中での詰め切れていない部分と理解。同じミスは繰り返さないことをお願いしたいなぁ。

帰りもお楽しみは無く、ひたすら家路を目指す。
4時15分には駐車場に着き、掛川ICを4時半に通過。ここまでは順調だったが、神奈川県内で30キロ渋滞の表示。
東名を諦め、富士ICから富士山西側を回りこみ中央道河口湖ICへ。7時に河口湖を通過し、小仏トンネルの渋滞を40分で抜け、圏央道川島から与野へ。

自宅到着は午後9時。土産は鰻の蒲焼と勝点1。

|

« まだまだ成長途上 | トップページ | 東一 大吟醸 うすにごり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/44430673

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 磐田戦:

« まだまだ成長途上 | トップページ | 東一 大吟醸 うすにごり »