« 敵状視察 アウェイ 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 新潟戦 »

2009.04.30

参戦の記録 アウェイ 清水戦

2-2 引き分け(2009.04.29 静岡スタジアム エコパ:車)

今年の東海アウェイはこの時点で1勝1分。3試合目の東海アウェイはエコパでの清水戦。
清水より80キロくらい遠いのは玉に瑕だが器が大きいのは何かと便利。

7時過ぎに出発。環八から用賀で東名に入り掛川まで目立った渋滞はなし。本格連休前で外出量は少な目か。天気は快晴、暑すぎず過ごしやすい気温。富士山はクッキリ見えました。

11時過ぎにスタジアム着。家からおよそ3時間。入場の1時までには時間があるので車を駅付近の駐車場に止めて電車で袋井まで移動し昼食。
何度か来ている「小太郎」で鰻。ここの鰻は個人的に好み。幸せに浸りながら特大サイズを完食。

のどかな風景の駅までの道を戻り東海道線で再び愛野へ。空きのあった駐車場は戻った頃には満車。車を置いて行って良かった。
遅々として進まない入場の列で待つこと30分ちょい。入ってもやることはないので焦らない。
前日の不摂生と帰りの運転に備えてしばし睡眠。

さてスタメンは、
GK 都築
DF 山田、坪井、闘莉王、細貝
MF 啓太、阿部、ポンテ、直輝
FW エジミウソン、原口

前節と一緒のスタメン。サブには峻希に代わり浜田水輝が入る。

営業の成果なのか清水サイドはバックスタンド上段もほぼ一杯。3万人超。よく入った。

・序盤からペースは握るも動きは前節よりも重めな感じ。前に押し出していく圧力、スピード感に少しかけていた序盤。
・PA内の強引なボール奪取をファールに取られた闘莉王。判定も判定だが少し軽率な対応だったかな。PKはノーチャンス、無失点が途絶える。
・右SBのヤマがフリーになる機会が多くそこから度々チャンスメイクもクロスの精度が...。少しお疲れか。
・直輝が球に絡む場面が前節よりも少し減ったか。マークもされるだろうし。でもやはり良く動く。
・同点の場面は遠くで良く見えなかったが、完全に崩しきってた良いゴール。
・後半はエンジンがかかりなおしたか浦和ペース。
・闘莉王が上がりっきりになる場面も多発。攻めの姿勢は感じられる。
・直輝のゴールはもう嬉しくて嬉しくて。僅かに相手をかわしての素晴らしい軌跡のゴールが左サイドから右サイドネット奥へ。
・原口→セル、直輝→ホリ、守りきる体制を取るも裏目に。サイドを基点に押し込まれ、振り回された挙句に児玉に決められ同点。ガッカリ。
・それでもロスタイムは4分あり、十分に勝ち越せる機会はあったのだが...。
・エジ、あのヘディングは決めて欲しかったなぁ、フリーだったけどポンテが気合でクロスを上げた分、少しかぶったか。

2-2引き分け。あちらさんは勝った様な騒ぎ。ホームで引き分けなのだが、それでいいのだろうか。
こちらは直輝の決勝ゴールを唯のプロ初ゴールにされてしまった感じで意気消沈。これから先、もっと興奮する場面を作ってくれるだろうからと割り切るしかないかな。

引き分けだと両チームのサポがスタジアムから吐き出されるタイミングが一緒なので、愛野駅へ続く通路はいつもよりも人が多い感じ。

昼に贅沢をしたので帰りのお楽しみは無し。東名から首都高をひたすら走り10時過ぎに帰宅。目立った渋滞もなく順調な遠征でした。勝点3を取れなかった以外は。

|

« 敵状視察 アウェイ 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/44847208

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 清水戦:

« 敵状視察 アウェイ 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 新潟戦 »