« ここ3試合で0-7か | トップページ | 敵状視察 ホーム 清水戦 »

2009.07.31

参戦の記録 ナビスコ 準々決勝 アウェイ 清水戦

0-3 敗退 (2009.07.29 アウトソーシングスタジアム日本平:車)

夏季休暇の一部を半休にして参戦。
午前中の仕事は打ち合わせ主体なので集中力の欠如は露見せず。

スカスカの下り京浜東北で帰宅。自宅出発は1時半過ぎ。
首都高は順調。もうすぐ完成する大橋ジャンクションを横目東名へ。あれができれば時間的には20分くらい短縮できるかな。

雲の動きが速い不安定な天候。山の斜面に近いところではにわか雨が降る。富士山が見えるのは勝利の吉兆なのだが、低い雲に隠れて見えずじまい。不安だ。

清水ICを降りたのは開門の4時を少し過ぎた時間。入りは少なめとの情報があったので、腹ごしらえに向かう。
市場の店でと思ったら、水曜日は定休の携帯ネット情報。やむなくドリームプラザのすし横丁へ。苦境の家計を鑑みると、育ち盛りを抱える家計には不本意ながら回転寿司系しか選択肢はなく、「魚がし」でお茶を濁す。1皿180円の鰯はなかなかだった。生シラスと鰯は旨かったぞ。

マグロの唐揚げ180円をレジ横で購入。同施設1階のスーパーで浜松餃子(モヤシが付いていればそう呼ぶのか?)とご飯ものを買い足し準備完了。スタジアム方面へ。

遺跡通りの工場系駐車場は余裕で停められる(開門1.5時間前)。後はひたすら上るのみ。
天候は曇り。日本平の山筋から霧のような雲が照明灯をかすめるように吹き下ろす。
心配された雨の心配はひとまずなさそうなので何より。

先発は
GK 山岸
DF 山田、坪井、阿部、永田
MF 啓太、細貝、直輝、原口
FW エジミウソン、高原

サブに近藤が入っているのが目新しいところ。

・一度も球が切れない45秒でオウンゴールで失点というあたりで、この試合の運命は決まったか。
・1点取れば形勢が変わるアウェイでのカップ戦。じっくり攻めた前半。シュートもここ数試合よりは多かったのは評価できるが...、決まらない。
・前半終了間際の2失点目は痛すぎ。
・点を取られるタイミングが悪過ぎなのを仕様としてほしくない。
・直輝も本調子ではないねぇ。試合勘が戻っていないのかミスパスを連発。我慢だな。
・前線の連携のズレが気になる。今の面子での練習が足りないんだろうなぁ。
・止めの一撃がクロスからのヘディングという既視感には閉口する。
・退いて守れば手詰まりになるという辺りが相手に理解されすぎ。これをどう打破する?伯剌西爾勢頼みはいかんよなぁ。
・攻めて攻めても破れない相手の壁に減退する攻撃意欲。それだけはNGだが...。

0-3完敗は堪える。アウェイとはいえ、負けてはいけない試合。それをあっさり、為す術もなく負けるのには腹が立つ。

久しぶりに見たくもない花火を見せられてしまった。幸い、雲中に消えて光っていただけの感もありますが、聞きたくもない凱歌を背中越しに聞きつつ家路を急ぎます。

清水IC流入が21:20、おぉ!、速い。

裾野近辺で降られるもそれ以外は順調で首都高経由の自宅と到着は23:40。
翌日に影響が少ない静岡遠征でした。
清水辺りまでの距離感は感じないね。

清水エスパルス3-0(前半2-0)浦和レッズ
得点者:0分オウンゴール(清水)、44分岡崎慎司(清水)、62分青山直晃(清水)
入場者数:12,014人

|

« ここ3試合で0-7か | トップページ | 敵状視察 ホーム 清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/45788066

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ 準々決勝 アウェイ 清水戦:

« ここ3試合で0-7か | トップページ | 敵状視察 ホーム 清水戦 »