« 敵状視察 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 横浜戦 »

2009.09.24

参戦の記録 アウェイ 川崎戦

2-0 勝利(2009.09.19 等々力陸上競技場:車)

連休初日、いろいろと用があり開門には間に合わないことは所与。
午後四時過ぎに自宅を出発、焦る必要もなく、道も連休で都内は比較的空いているので下道で。

17号バイパスから池袋を経由して九段下から皇居西側を回り国道1号から中原街道へ。
台風襲来が心配された天気は持ち直し、きれいな夕焼け。

丸子橋手前で少し渋滞するもおおむね順調、6時前には多摩川を渡り駐車場探し。
時間貸しはほとんど満杯。市民ミュージアム横の駐車場に幸い空きがありセーフ。帰りの出庫は結構厄介なのだが、500円はやはり魅力だ。

駐車場からスタジアムに向かう途中に山岸のコールが聞こえる。
GKは山岸か。

スタメンは
GK 山岸
DF 山田、坪井、闘莉王、細貝
MF 鈴木、阿部、梅崎、ポンテ
FW 原口、エジミウソン
直輝がサブに復帰、高原、達也も控える豪華なサブメンバー。

風が強くアウェイゴール裏に吹き付ける。半袖では耐えられないくらい。動いて寒さを凌ぐしかない。
前半は風下スタート。

・前節、山形相手に半信半疑だった守備が確信的な守備に変わった感じ。
・縦ポンへの対応もバタつくことなくこなす。結果という自信はやはり大きい。
・原口はFW登録ながら、実質はエジのワントップという布陣か。エジのワントップが孤立する場面が散見。
・右に張る梅崎からの良い突破、良いチャンスメイクが光る。躍動しているという表現がピッタリの梅崎。頼もしい。今期リーグ初スタメンらしいが、そんなこと気にする方が失礼だ。
・アウェイでスコアレスの折り返しは浦和にとって上々。
・後半の先制点、何度かあったセットプレイの中で、フッと相手も気が向けた感じがした。そんな空気は正直に結果を出す(まぁ、川島のミスといえばそれまでだが)。
・追加点の啓太ゴールは...、冷静にコメントすることは出来ません。
危ない場面もありつつ、無失点に抑えたことは最大級の評価対象。

今、一番波に乗っている川崎に2-0の完勝は素晴らしいの一言。
早く帰って家で祝杯を挙げねば。

駐車場からの脱出に多少難儀するも大きな問題はなく、丸子橋を渡って中原街道から荏原で首都高へ。
渋滞はなく、高島平から流出し、自宅到着は10時半過ぎ。順調そのもの。

スポーツニュース等、しこたま見て感想戦。
勝つと楽しいや。

|

« 敵状視察 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46282148

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 川崎戦:

« 敵状視察 アウェー 川崎戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 横浜戦 »