« 敵状視察 ホーム 山形戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »

2009.09.15

参戦の記録 ホーム 山形戦

4-1 勝利(2009.09.13 埼玉スタジアム2○○2:車)

雲ひとつ無い青空、カラッとした晴天の中、埼スタへ向かう。久しぶりの埼スタ、8月15日以来、約1ヶ月ぶりだ。連敗続きなので気分を入れ替えたい気持ちもあり、新たな開幕という感じ。

見沼用水沿いの桜の木はもう既に葉を落としている。スタジアム内のサルスベリももうすぐ花を落とすころ。秋を感じる。
チームも夏休みは終了といきたいところ。

正面から日差しを受ける北ゴール裏は、入場時には夏を感じさせるも、ボーイズマッチが終わった頃には太陽がメインの屋根に隠れ爽やかな秋の陽気に。あちこちで8月下旬の広島と神戸の遠征のお土産が飛び交う。
ビジュアルを行うとの事で入場後に準備。赤と白の市松模様をロウァーで330度。

アッパーの入りはあまり良くなく入場者は41,500人。勝たないと人気も落ちるねぇ。
ホームA自由の売れ行きが芳しくなかったからなのか、山形さんが熱心だったのか、最近の試合では破格の3ブロックを山形さんにご提供。

先発は
GK 都築
DF 山田、坪井、闘莉王、細貝
MF 阿部、啓太、ポンテ、原口
FW セル、エジミウソン
高原がサブにも入っていない。体調不良らしいが...。神戸戦の頑張りを見ているだけに残念。
代わりはセル。達也が久しぶりにメンバー入り。

・左足では滅多にシュートを撃たないセルが左足でミドルを決めて先制。まぐれっぽい感じもあるが、シュートは撃たなきゃ入らないからねぇ。
・神戸戦の高原イズムを受け継いだのは原口だったか。よく動きペナルティエリア近辺で鋭いドリブル突破を図ること数度。ゴールという結果は出なかったが時間の問題という感じ。
・原口とエジが奪ったPKを決めたのはポンテ。闘莉王が近寄っていったので少しヒヤリとした。
・ロングボールの処理からピンチを招く守備の不安の解消は道半ば。相手が山形じゃなかったらもう少し厳しいスコアになっていたと思われる。
・前半のうちからセルが傷んで梅崎に交代。どフリーのシュートを外す。決めてくれ。
・エジの夏休みは継続中。バーに嫌われたシュートはいいシュートだったしそこまでのドリブルにもスピードがあった。トンネル脱出までもう少しか。
・後半は押し気味ながら膠着。数度の好機を逃し嫌な空気が漂い始める。
・ここでこぼれを拾って豪快にシュートをネットに突き刺した細貝はエライ。
・ポンテ→ホリ。この交代、フィンケは好きだよなぁ。
・3-1になったら前線に顔を出すのを自重していた闘莉王がやたらに前の方に。オウンゴールは闘莉王の得点にしてやらんとかわいそうだった。
・達也は達也だねぇ。いいねぇ。

久しぶりに歌うWe are Diamonds。やっぱり勝利は気持ちがいい。ここから負けが続いた分、勝ちを続けていきたいやね。

大量のアウェイツアーバスの横を通り家路に。
日没寸前の見沼田圃を走り帰宅。
勝ったら肉、わたなべで牛切りおとしを買い自宅ですき焼き。勝利の後のビールは格別だ。

|

« 敵状視察 ホーム 山形戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46212830

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 山形戦:

« 敵状視察 ホーム 山形戦 | トップページ | 敵状視察 アウェー 川崎戦 »