« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 山形戦 »

2009.09.07

今年も高円宮杯U-18が始まった

ユースの高円宮杯のグループリーグ、今年の会場はNACKと駒場と埼スタ第2です。

初戦はNACKでFC東京U-18と。
強い日差しの中、往復ランニングで行ってまいりました。

日蔭はカラッとした風が吹き抜けて以外と良好な観戦環境。

09090601 第1試合の米子北 対 静岡学園から観戦。
インターハイ準優勝の米子北が組織されたサッカーで静学を圧倒。3-1で勝利。
運動量とコーチングが半端じゃない。良いチームです。浦和は米子北が3試合目、静学が2試合目です。

第2試合がレッズユースとFC東京U-18、同じ組の別カードが点差の開いた試合だったからか静かな感じの立ち上がりの前半。
09090602
東京がFKからポスト、レッズユースもMFの飛び出しからのミドルがバーを叩くもそれぞれ無得点で折り返し。

個人技から物凄いミドルを食らって追う展開の後半。右サイドをえぐったクロスをファーでヘディングで決めて同点。
終了間際、左サイドにうまく球がこぼれたところからグラウンダーのクロスを流し込み逆転。

レッズが勝つ姿を久しぶりに、とても良い形で見ることができて少しスカッとしました。

次の駒場での静学戦はトップチームと被るので行けないけれど、今日の勝利でリーグ突破の展望は描けてきてますね。
楽しみ楽しみ。

2種の試合で審判野次ったり、指示ラーになるのはみっともないからやめましょうよ。
アマチュアの試合だよ。

終了間際に堀さんが選手に指示出してるのに(その指示が当たって逆転ゴールが生まれたのだが)、スタンドから訳のわからん指示飛ばすなって。

ユース世代に関心が行って、見に来られるのは大いに歓迎。ただ、トップチームと同じ雰囲気の殺伐感はユースにはいらない。

そもそも、ウィットがない直接的な野次は、トップチームの試合でもウザイし。

野次ってるやつの顔は狭い会場だから確認できたけれど、普段あまり見かけない顔だよね。

|

« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 山形戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46137270

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も高円宮杯U-18が始まった:

« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 山形戦 »