« 赤っ恥 | トップページ | 井筒ワイン マスカットベリーA »

2009.10.13

参戦の記録 天皇杯2回戦 松本山雅FC戦

0-2 敗退(2009.10.11 松本平広域公園球技場アルウィン:車)

9時間後に起こる悲惨な事態を予見できるわけもなく、午前6時に自宅を出発。
東松山から関越を上り、圏央道、中央道経由で長野道の塩尻ICまで。途中、相模湖付近で多少の渋滞にはまるも大したことはなく、9時過ぎに流出。

キックオフは午後1時。試合後はすぐに家路につかなければならない事情があり、遠征の副業は試合前の僅かな時間にこなすしかない。
松本市内に出ると何かと時間がかかりそうなのでスタジアム近辺で。

塩尻桔梗ヶ原は信州ワインの産地。買って帰る。
井筒ワイン。嫁さんが試飲し数本を購入。運転手の自分はジュースで我慢。
買ったうちの白1本はクーラーバックに入れて氷で冷やす。家に帰った時に冷えた1本で祝杯という目論見だったのだが。

桔梗ヶ原からスタジアムに向かう。カーナビの選択した道案内は混んでいる国道を通るルート、思いのほか時間がかかる。
空港に隣接したスタジアム。近い駐車場は既に満車。既に入場している知り合いに聞くと、中の状況は席がなくなるほどではないとのことでひとまず離れて食事に向かう。

蕎麦屋くらいいくらでもあるのだろうと高をくくっていたら、これが全く見つからない。事前に調べていなかったのもまずかったのだが。
仕方なく空港に向かい、ターミナルに何かあるだろうと思いきや、そこは超ローカル空港の悲哀。「食堂」然としたお店が1件あるのみ。断念。

結局、昼飯はコンビニでおにぎりとなってしまいまった。スタジアムに早めに入り山賊バーガーでも食べたほうがよっぽどアウェイらしかったかも。

再びスタジアムに向かう。スタジアム近くの駐車場の満車状態は確認済。空港西側の駐車場に向かう道路の渋滞も確認済。
結局、少し歩くことになるが空港東側の駐車場(ドームの近く)に車を止め歩く。不満というほどの距離ではない。
逆に、帰りはスムースに出られ良かったかも。

掘り下げ式になっているスタジアム。スタンドの傾斜はあり上の方でもかなり見やすい。埋まっているようでも密度が非常に濃いわけではなく、12時過ぎ入場でもそれなりの場所を確保。

さてスタメン。
GK 山岸
DF 平川、山田、坪井、細貝
MF 鈴木、直輝、ポンテ、原口
FW エジミウソン、達也
高原が扁桃腺を腫らしてメンバーから落ちたのは知っていたが、峻希までもがメンバー落ち。携帯を忘れた上にメンバー紹介でサブを紹介しないのでサブがよくわからない。
加藤、近藤、ホリ、濱田、梅崎、ファイサルは確認。もう一人は現地では林と思っていたのだが、永田だったようです。

北から南に強めの風、前半は風下で試合開始。

・キックオフ直後から重そうなプレー。時にヤマと平川のところが滅茶滅茶重たい。
・攻守の切り替えの遅さが相手にやれると思わせたのは確か。
・見た目、芝が深そうでパスのスピードは上がらない。テンポが出ない一因だったかも。
・風上から大きくけって裏を狙うという極シンプルな戦術の相手にバタつく、攻めあぐむ。
・それでもさすがに支配し、ミドルを数本打った前半。枠には飛ぶがGK正面ばかり。
・失点は坪井の衰えとギシの判断の悪さが...。
・さすがに目が覚めたのか責める前半終了間際。ガラガラの右サイドをようやく抉るもクロスの精度を欠き不発。ここで追いつけないのが痛かった。
・後半、平川をホリに代え、ヤマを右SBにして修正。初めっからそうしておけば良かったのにとは言いたくはないが、それほど右サイドのバランスは悪かった。
・動きの落ちた達也に代えて梅崎。達也もまだまだだなぁ。
・とにかく攻めるが最後のところがどうにも迫力不足で決まらない。相手も良く守ってがた、それにしても決まらない。相手にも守りのリズムが出てくる。
・焦りからか何なのか、前半打っていたミドルも影をひそめる。
・元気の軽いプレーから攻め込まれ、クリアーがしょぼくて逆に叩きこまれ0-2、何人かがこの時点でスタンドを後にしていた。
・元気を近藤に代え、ホリと直輝をそれぞれ1列前に出すも時すでに遅し。
・5分以上のロスタイムも策なく完敗。

結果も内容も今期ワースト。30歳近辺の選手の動きの悪さが目立つ。負けるべくして負けた感じ。

こういうときはサッサと帰るに限る。選手のゴール裏への挨拶の前にスタジアムを出る。
背中で大きなブーイングがあがっているのを聞きながら駐車場へ。

すんなり流出し、塩尻北IC流入が3時30分。中央道経由と上信越道経由を悩んだが、上信越道経由を選択。
松井田妙義と富岡の手前でそれぞれ10キロ程度の渋滞にはまりうんざり。藤岡から先の関越は事故渋滞25キロの情報にさらにうんざり。
北関東道から伊勢崎に抜けてそこから17号でひたすら南下。
これは順調で午後8時には自宅着。
ついていない遠征は帰り道まで巡りが悪かった。

松本山雅FC 2-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:12分柿本(松本)、72分阿部(松本)
入場者数:14,494人

|

« 赤っ恥 | トップページ | 井筒ワイン マスカットベリーA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46463194

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯2回戦 松本山雅FC戦:

« 赤っ恥 | トップページ | 井筒ワイン マスカットベリーA »