« 敵状視察 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大宮戦 »

2009.10.20

参戦の記録 アウェイ 新潟戦

1-0 勝利(2009.10.17 東北電力ビッグスワンスタジアム:車)

午後4時キックオフ、開門は午後2時ということでゆっくり目の午前8時頃に出発。
関越道 所沢から新潟へ。三連休の翌週のためか思ったほどの渋滞は無く順調。休憩は越後川口での1回のみ。12時過ぎには新潟中央ICから流出。

待機列は南側の歩道から東側の歩道に折れ北に向かって延々と連なっている状況。前週に松本で痛い負けを喫しているにもかかわらず。
出易い高速沿いの駐車場からスタジアムへのルート途上に建設中だった野球場は完成。駐車場と野球場の間の道路も4車線に整備されスタジアムへの行き来は今回からは大きく迂回することに。

ここ何年かの経験で新潟は寒いという印象があったが、好天で比較的過ごし易い陽気。秋の青空がきれいだ。
ボケッとしているとあっという間にウォーミングアップ開始。

先発は
GK 山岸
DF 堀之内、坪井、闘莉王、細貝
MF 阿部、啓太、ポンテ、原口
FW 達也、エジミウソン
人材難の右SBはホリ。でも控えには平川がいる。意味深。控えのGKは大谷。宇賀神もサブに入る。

松本での敗戦をバネにしてサポートにも力が入る。
・いきなりの得点。今年は逆にやられるケースが多かっただけに、これで今年の悪い流れが逆転することを願いたい。
・2トップのエジと達也がCBからの球の出先をよく追い回すことで守備のペースをつかむ。狙いどころをきちんと絞ることは有効だ。
・阿部ちゃんのマルシオリシャルデスへのマークも至極効果的。
・ホリのSBは本職以上に忠実に上下動を繰り返す。SBはやはり運動量が命。
・ゴール前の坪井へのパス回しは寿命が縮まるからやめましょう。ほんとに。
・啓太痛んで直輝に交代。直輝はそのままボランチ前目に入る。
・審判にナーバスになり過ぎ。異議でのイエローはもったいない。
・いっぱいあったセットプレーに全く得点の匂いがしなかったことは反省点。
・ゴール前まで来る好機は度々あったが、ゴール前で少し捏ね過ぎの感。シュートの意識を強めたい。実際はコースが無いのかもしれないが。
・達也に代えて高原。達也のプレー時間が延びてきている。そろそろ結果がほしいところ。
・動き回ったホリは両足攣って平川に交代。平川のゴール前でのクリアーのもたつきには肝を冷やした。

0分の得点を90分守り切った形にはなったが、守り抜いたという内容ではなく、回復の兆しが見える内容だったと思う。
大きな敗戦の後だっただけに勝利という結果は大切だ。チームがバタつかなくて済む。

終了直前に降り出した雨も屋根に守られ難を逃れる。
雨の中、駐車場に向かいすんなりと駐車場から出る。新潟亀田ICに向かう道の選択を多少誤り高速に乗ったのは午後7時。
行きと同じ越後川口で休憩。赤い人だらけのSAで土産を買い家路に。自宅到着は午後10時半。来年は泊まりでおいしいものを食べてこようかな。

アルビレックス新潟0-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:0分エジミウソン
入場者数:39,963人

|

« 敵状視察 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46530937

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 新潟戦:

« 敵状視察 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 敵状視察 ホーム 大宮戦 »