« 長いオフの始まりにあたり | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »

2009.12.11

クラブ経営の極意とは

今日の日経にタイトルの見出しがついた吉田誠一さんの記事が出ていました。

なかなか興味深かったので自分自身の記憶に残す意味でもエントリーを。

バルサのソリアーノ元副会長へのインタビュー記事。


・サッカークラブにとってのいい商品とはいいチームであり、いいプレーであり、勝利です。

・5年ほどのスタンスで物事を見るべきで、5年間に2度優勝できればよい。

・感情に任せた決断はいけない。負けた直後にした決断は最悪であることが多い。試合に負けた晩に監督を解任することはあってはならない。

・育成に力を入れれば、自分たちの欲しいタイプの選手を手にできる。

・下部組織はトップチームと同じプレースタイルを身につけさせること。

・人件費はクラブ収入の50%を超えてはいけない。


下部組織に見につけさせるプレースタイルがなければ意味がない。そこから始めないとね。今年はその1年目だった訳だ。

著書の「ゴールは偶然の産物ではない」を読んでみようかなと思い図書館で予約しようとしたら、図書館には無かった。

|

« 長いオフの始まりにあたり | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/46996999

この記事へのトラックバック一覧です: クラブ経営の極意とは:

« 長いオフの始まりにあたり | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 »