« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.25

諏訪泉 純米吟醸 満天星

諏訪泉 純米吟醸 満天星 20BY

米:山田錦(25%)、玉栄(75%)
酵母:9号
精米歩合:50%
アルコール分:17%以上18%未満
日本酒度:+1.5
酸度:1.9
諏訪酒造株式会社(島根県八頭郡智頭町)

諏訪泉は長野ではなく鳥取の因幡の地酒です。

飲み口は柔らかでフワッとしています。
味わいには深みがあり、スムースに入っていく。
ついつい手が伸びて酒量が進むお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.24

シーチケ到着

我が家にもやっとシーチケが届きました。

毎年、届いたというエントリーをネット上で見かけてから暫くしないと届かない我が家。

おまけで付いてくるホルダーやカバンの話題についても、いつも周回遅れ。ネタばれしている状態で届いてフーンって感じ。

去年ほどのインパクトはないが、実用重視で作ったと勝手に解釈して今年も使い続けてみようかな。

去年ほど作りはシンプルでないので、潰しは効きづらいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

ACL開幕

ACL組は一足お先に開幕ですね。
縁遠くなった大会だけに素直に羨ましい。

鹿さんは中超2位にホームで1-0の発進。
松木は良いですねとガナッていたけれど、モタツキ感はあり付け入る隙はありそうな感じ。

開幕まで残り10日余り。コンディションを整えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

エスプリ・ルージュ

10021401 バレンタインで嫁さんが買ってくれた(一緒に買いに行ったが)何とも魅惑的な洋菓子。

アンリ シャルパンティエのエスプリ・ルージュ。
見た瞬間に浦和者の心を捉えて離さないその見てくれ。

伊勢丹浦和店の地下1階で、自分的には一番輝いてました。

中はミルクチョコレートのムース。

おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

オフィシャルサポーターズクラブ

家族で登録しているオフィシャルサポーターズクラブのグッズが佐川急便でやってきました。

旗を3000円で買う気持ちで毎年登録してます。

今年の旗はここ最近よりも赤のトーンが鮮やか。
埼スタの北ゴール裏の風景画ベース。良いんじゃないでしょうか。

20周年記念のニットマフラーは人数分。これもかなり良い。
これだけで元が取れてる感じ。
セコイか。

カードとピンバッチも例年通り付いていましたが、カードは穴が空いていないのが玉にキズ。
自分で穴をあけてぶら下げるタイプにしないと...。

気がつけば開幕まであと1カ月を切ってるんだよなぁ。

再来週位からモードを切り替えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっぴん るみ子の酒 袋搾り

すっぴん るみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒 うすにごり

米:山田錦(阿波産)
酵母:9号
精米歩合:60%
アルコール分:17.9%
日本酒度:+5
酸度:1.7
アミノ酸度:1.2
合名会社森喜酒造場(三重県伊賀市)

あらばしりの袋搾り、うす濁りです。
渋みと酸味のバランスが特徴的。
何かのつまみとというよりも、軽めのアテで酒そのものを味わいたいおいしいお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

フェスタで始動

レッズフェスタ2010で今年のサポート体制もボチボチ始動です。

フィンケ体制になってからはチームの始動が早くておいてけぼりの感じ。開幕3月に向けては日程の発表、チケット発売が始まる2月上旬から徐々に体制を整えて。

その始動のきっかけがフェスタ。
内容がどうのとか野暮なことは言わず、久しぶりの仲間と会って挨拶して笑顔でシーズンを始める。そんな時間。

風は強いものの雨とか最悪の事態は避けられたのは何より。

フェスタに先立ち、選手・スタッフ全員で東のコーナー付近で集合写真を撮影してました。直輝が松葉杖だったのは痛々しかったが...。

イベントそのもののスケールはダウンした感じは否めませんでしたが、売店に選手がいたりと距離感は近くなった感じがして、それはそれで良かったかも。

6ゲートのお見送りはロビー、エジ、順大、林、坪井でした。
ロビーの穏やかな笑顔が印象的でした。たぶん今年でお別れなんだよね。当たりだったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

デフレ知らず

2010シーズンの日程発表。

気になるのはアウェイの日程とチケット発売。

チケット発売にかける労力を考えればチケットの値段云々は大したことは無いのだが、それにしても納得のいかない値段設定は多々ありますなぁ。

去年からなんだが神戸の3,000円って何なんだ。指定なのか。あのトイレ事情で3,000円はぼったくりだろう。平日ナビスコは2,000円っていうのが余計に腹立たしい。

1,500円とリーズナブルだった京都も2,000円と値上げ。世の中デフレですよ。何も周りにわざわざ価格を合わせなくても...。

とかとか文句を言いつつ、膨大な時間コストをかけて争奪戦に明け暮れる、値段云々を語るのはバランスを欠いているか。


平塚が2回とは。ナビスコはともかく8月のリーグは...、閉口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.03

役に立たない高速道路無料化

選挙の時から実現には疑問符の付いていた高速道路無料化。

37路線、延長で18%と体裁は繕ったものの予想通りのあきれた内容。
アウェイ遠征にはほとんど役に立たない!

でもって役に立っていた1000円高速は見直しと打撃。実施の6月までどの位、長距離アウェイがあるのか気になるところ。

選挙の公約なんてこんなものと諦めはあるものの、納得は行かないなぁ...。

平成22年度高速道路無料化社会実験計画(案)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

鏡野 純米生原酒

鏡野 純米無濾過生原酒

原料米:アケボノ
精米歩合:55%
アルコール分:17~18%
日本酒度:+5
酸度:1.6
アミノ酸度:1.0
株式会社アリサワ(高知県香美市土佐山田町)
平成21年12月製造

おりがらみです。白濁するくらい。
開けるときに口金を切って傾けたら自然に蓋が飛んで中身が少しこぼれました。
飲み口にさほどの発泡感は感じませんが、まだ生きている感じがあります。

柔らかな飲み口、55%まで磨いてありますが、吟醸香の様なものは全くなく、スーッと入っていく感じです。

1升2,520円で購入、コストパフォーマンスは高いです。満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »