« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 引き分け発進でよしとしよう »

2010.03.30

敵状視察 ナビスコ ホーム 磐田戦

ナビスコはホームの磐田戦でスタート。

磐田戦というとすぐに雨という連想が成り立ちますが、幸いにして予報は晴れから曇り。気温も今日と比べればかなり暖かいようで何よりです。

オプションの少ない相手さんはリーグ戦と同様の布陣なのでしょうか、うちがどのような布陣で臨むかの方が興味が沸くところ。
まぁ、そんなに急変はさせないのでしょうけれども。

守備の立て直しが急務     こう書かれていながらリーグ戦はここまで7失点。昨季J1最多失点とは知りませんでした。その末の補強がCBのイ カンジンとSBのパク チュホではやはり厳しいかと。CBの柱が居ない感じですねぇ。因みに最近は多いではなく加賀がスタメン出そうです、CBは。
布陣を眺めてみると、ツートップは凄いんだがそれ以外の部分はバランスを欠いた布陣だなぁと思わざるをえません。いい選手いっぱいいたのにどうしてるんだろう。

Soccer-JJ     いい選手の一人、上田は西に代わりスタメン濃厚との情報。過去、西に痛い目に遭わされた事を思うと気が休まりますが、果たしてどうなるか。那須のアンカーよりは底に二人を並べる布陣の方が、確かにバランスは良さそうです。
やっぱり埼スタの相性は良くないんですね。

三光鳥の話     気になるのは前節のホームでの無様な敗戦のようで、興味の対象はリーグ戦のホームでのガンバ戦の様子。水曜日のナビスコ初戦にはまたく触れていただけないのは寂しい限りです。
確かに布陣に華がない。韓国代表をJリーグで鍛錬させるためのチームに見えてきてしまいます。

|

« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 引き分け発進でよしとしよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/47953173

この記事へのトラックバック一覧です: 敵状視察 ナビスコ ホーム 磐田戦:

« 参戦の記録 アウェイ C大阪戦 | トップページ | 引き分け発進でよしとしよう »