« 十旭日 純米吟醸生原酒 改良雄町 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 湘南戦 »

2010.05.20

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

1-1 引き分け(2010.05.15 宮城スタジアム:車)

先発は
GK 山岸
DF 平川、スピラノビッチ、坪井、宇賀神
MF 阿部、細貝、ポンテ、柏木
FW 達也、エジミウソン

山田さんは風邪だったらしい。スピラノビッチがリーグ初先発。まだ21歳、経験だよなぁ。

・これは負けないなと感じさせるに十分な立ち上がり。
・どうもペナルティエリア付近でノッキングする感じ。
・それだけ相手がベタで引いているってことなんでしょう。これを打開する手段を、まだ持ち合わせていない。
・ロビーは好調だが、ゴール前で皆がロビーの位置を気にして、確認してからその次のプレーに移るのはやめようよ。
・先制点はどうなったかは遥か彼方で見えなかった。
・その代わりギシの失態は近くで良く見えたぞ。
・壁を作るところからぎこちない。落ち着いて良く考えてからやってくれよ。緊迫する場面で落ち着きが無いんだよなぁ。
・後半の猛攻も至らず。負けそうもない予感は的中したが、まさか引き分けとは。
・ひかれた相手にセルヒオを出すのはどうもいい手とは思えない。ノッキングが激しくなる。追いかける展開で(1-1で追いかける展開とは言わないが...)、相手をなめたプレーは何の意味もないぞ。
・シュートが相手に当たって思わず天を見上げると飛行機雲。二桁は線が引かれていた上空。どんだけ通るんだ。航路なのかな。

壁に当たっていることは否めない。状況は去年よりはマシだが。
閉そく状況を打開できる選手がいないのが痛い。
どこかで1回、殻を破ればブレイクする感じはある。それだけに生易しい祝福もいらないが、ペットボトル投げいれも何か違う感じがして、選手を見送ったらサッサとスタジアムを後にした。

遠征記はたたみます。

午前7時に自宅を出発。
東北道、岩槻から一路北へ。連休翌週なので混雑はさほどではない。
羽生近辺で流れが悪くなるが止まるほどではなく何とか流れる。
佐野を過ぎたあたりから流れが良くなり、以後は渋滞なし。
東北道 仙台宮城IC流出は10時半前。

17時キックオフで駐車場の脱出に難儀することを考えると、遠征のお楽しみ牛タンはランチで済ましておくべきと判断。

前日から店を予約しておく。
国分町界隈に駐車。
市内繁華街は青葉祭りで山車がアーケードの至る所に。

11時半の店の開店まで小一時間あるので事前のお土産買い。
地元百貨店の藤崎で「萩の月」。チョコ味の「萩の調」べとのパッケージを職場&自宅に購入。

そういえば前回、白謙で笹かまを買ったっけと思いだし、三越へ。
現在、その時に買った笹かまをつまみつつ遠征記を打ってます。

これで時間は丁度良くなり牛タンを食しにお店へ。
「雅」、ちょっと前までは「閣」の支店でしたが、名前が変わりました。閣は行ったことがあるがここは初。
予約の必要がなかった位の一番乗り。
ランチセットを注文。タン焼きとタン煮込みのセット。
遠征の目的が半分近く達成されたと思うほどの充実感。

全てが小上がりの中に4人掛けのちゃぶ台4つにカウンター6席ほどの小さい店。
うちらの後には続々と赤サポ来訪。
とにかくアットホームな店です。
この日はアルコールはグッと我慢。夜の来訪は必至だな。

腹ごしらえ完了で一路、宮城スタジアムへ北上。
死ぬほど伸びている列に順番を確保し駐車場へ。

2003年には脱出に1.5時間掛った駐車場。
この日は浦和者と地元の人を分ける手立てを講じてました。
比較的、出口に近い位置に駐車ができる。すんなり出れるのか?

開門は2時半、車で少し時間を潰し3時頃にスタジアムに向かうも未だ、長蛇の列。
丘で列が吐けるのを見届け入場したのはキックオフ1時間前の4時。どんだけ入場の手際が悪いんだ。

試合の雑感は前述なので省略。

スタジアム周りを反時計に回り、ダッシュして駐車場へ。
歩行者の捌きと車の流出の捌きが適切に行われており、何と5分で出庫。これは驚き。

事前に深夜までやっている牛タン屋を予約しておいたのだが、そんな必要は無く。
その店をキャンセルし、雅の姉妹店である閣へ電話をし席を確保。
試合は思い通りにいかないが、こんなところが思い通りになるとは...。

閣は前回よりも小奇麗になた感じ。気のせいか。
タタキは絶品でした。嫁の許しが出てビールと共に。至福の時と書きたいところですが、肝心の試合の結果が伴わないので何とも。

後から到着したベガサポが「引き分けだから乾杯」とぬかしたのには、思わず殴ってやろうかと思わせましたが、そこはオッサン。そんなことはせずに冷やかな視線を送るのみ。

汗を流すために長町方面に向かい、極楽湯 仙台南店へ。複合娯楽施設の中にあるスーパー銭湯ですが、きれいで700円の割に施設が充実していてなかなかリーズナブル。
試合の結果を忘れるほどはリフレッシュできなかったけれどもそこそこリフレッシュ。

東北道 仙台南ICから流入し、国見SAで仮眠。

帰り道は常磐道を経由。東北道から磐越道を経由して常磐道へ。
途中、いわき湯本ICで降りて小名浜漁港へ。
市場食堂でキンキ(赤次)の干物の朝食。なんともぜいたく。
脂の乗り具合が絶品。感動。

いわきららミュウでお土産を買い家路に着く。

いわき湯本ICに戻り常磐道を南下、友部SAに五浦ハムのハム焼き露店が出店していることを事前に察知し、当然の如く休憩し当然の如くハム焼きを喰らう。
何ともおいしい。

後は一気に帰るのみ。
柏で降りて野田~松伏~春日部と経由して自宅へ。

足らないのは勝点2。

|

« 十旭日 純米吟醸生原酒 改良雄町 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 湘南戦 »

コメント

>後から到着したベガサポが「引き分けだから乾杯」とぬかしたのには、思わず殴ってやろうかとお揉ましたが

レッズサポの人種差別等の下劣な暴挙が話題になってますが、なるほど。
その一端を垣間見ました。

投稿: 通りすがり | 2010.05.20 09:36

浦和サポは
他のチームサポが浦和と引き分けたから
乾杯!っていうのは殴りたくなるほど不愉快なことなのか?

どのチームにも勝ちまくらないと
満足出来ないのか?

相手のチームに負けてもらわないと
不満なのか?

相手も負けまいとして
勝とうとして必死なんだぞ。

なんか変じゃないか?

投稿: 仙台サポ | 2010.05.20 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/48396387

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 仙台戦:

« 十旭日 純米吟醸生原酒 改良雄町 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 湘南戦 »