« 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 »

2010.06.01

参戦の記録 ナビスコ ホーム 清水戦

0-1 敗戦(2010.05.30 埼玉スタジアム2○○2:車)

前抽の無いナビスコのホームの試合、キックオフ6時間前の大抽選会に参加するために9時前にスタジアムへ。

抽選後、一度家に帰る時間も無いので、美園のイオンに向かい腹ごしらえ、買い物で時間を潰す。
フードコートは同様の行動をするレッズサポ多数で10過ぎながらそこそこの賑わい。

心配された天候も曇天ながら雨は降りそうに無い雲の高さ。
いつもとは違うセクター分けされていない入場に違和感を持ちつつも問題なく入場。

入りの悪さが心配されるもこれを逃すと当分、ホームでの試合が無いこともあり、カップ戦ながら3万4000人超え。悪くない雰囲気でリーグ抜けに向けた大事な試合を迎えられえる。

さて先発は
GK 加藤
DF サヌ、山田、スピラノビッチ、宇賀神
MF 細貝、堀之内、柏木、ポンテ
FW 達也、エジミウソン

坪井が怪我で離脱し、CBがヤマとスピラノビッチというのは初めての組み合わせ。
右SBにサヌで宇賀神が左というのも初めてか。
細貝のキャプテンマークが目立つ。

大事な試合、ウォーリアーからPride of Urawaでスタート。

・水曜日の駒場とは違う動きの良さ、気持ちの見える立ち上がりには満足。
・前半はほぼ浦和ペース。SBが高い位置でプレー出来ていた。
・負傷して担架で運ばれていくのにファールすら取ってくれない審判に罵声を浴びせてもしょうがない。達也→セル。
・ポストに2回も嫌われる不運。めげずにやるしかない。
・後半もほぼ浦和ペース。どうしてもセルのところでペースダウンする。何で相手を正面に見てから抜こうとするんだ?
・動きが落ちてきた辺りからやたらに頑張って柏木が走る。有言実行する姿に気持ちが動かされる。
・ホリ→啓太、宇賀神→原口。共に足が攣って交代。宇賀神のところは当初、柏木だったが宇賀神が攣ったため急遽変更。
・共にルーズになりゴール前の応酬になり途中から入った原にヘディングで決められる。

残りの3分とロスタイムの4分はガックリ感が出てしまい追いつける雰囲気を醸し出せず。
同点で終盤にPride of Urawaで負けたのって過去にもあったなぁと...。
内容は悪くなかったもののこの試合は結果が大事な試合。予選通過はかなり厳しい状況に。
頑張った選手に鞭を振る訳にも行かず、かといって生温い拍手もいけないし...。

負けという受け入れ難い現実を引きずり家路に。
良かったのは雨が降らなかったことのみ。

浦和レッズ0-1(前半0-0)清水エスパルス
得点者:87分原(清水)
入場者数:34,040人

|

« 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/48508208

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ ホーム 清水戦:

« 敵状視察 ナビスコ ホーム 清水戦 | トップページ | 敵状視察 ナビスコ アウェイ 横浜戦 »