« 敵状視察 天皇杯2回戦 東京国際大学戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »

2010.09.08

参戦の記録 天皇杯2回戦 東京国際大学戦

7-0 勝利(2010.09.05 駒場スタジアム:徒歩)

前々日に1回戦を戦い勝ち抜いてきた埼玉県代表との戦い。
駒場での天皇杯の緒戦というのはトラウマがあるが、いくらなんでも大学生県リーグレベルに負ける訳にはいかない。

炎天下を徒歩で駒場に向かう。市高通りからファミマに寄って駒場緑地から東待機列へ。

天皇杯というイメージとは全くかけ離れた厳しい残暑。入場後の西日が眩しいと言うか暑いというか痛いというか...。

駒場のピッチは暑さにバテたか痛々しい姿を晒す。

メインやバック2階の入りは疎らだが、自由席部分は結構な入りで1万人弱、天皇杯初戦にしては良く入った方か。

先発は
GK 山岸
DF 峻希、山田、坪井、平川
MF 濱田、柏木、ポンテ
FW 原口、エジミウソン、エスクデロ

けが人続出、国際Aマッチデーで代表は抜かれるはでユースの矢島をメンバーに入れるぎりぎりのメンバー構成。

・実力差、コンディションの差、ホームアドバンテージ。さすがに去年の二の舞は繰り返さないしっかりした試合展開。
・去年の敗戦の戦犯と言って良いヤマと平川の動きが去年とはぜんぜん違った。
・開始5分の先制点で落ち着き、30分のPKで開放感。後は日頃、公式戦で見れないメンバーの動きを確認する時間。
・濱田の落ち着き具合が目立つ。相手との力のさもあるだろうが今後に期待できる出来。
・峻希が出たときの原口のやる気度合いは、やはり何か刺激を受けるものがあるのかな。2得点だったがそれ以外の切り込んでの惜しいシュートが入っていると1枚剥ける感じになるのだが、それは次戦以降にお預け。
・高崎、林、永田といった辺りも確認できたことは満足。

7-0の快勝。土曜日の高円の2試合を含めると、2日間で23ゴールを見ることが出来た週末に満足。

旅立つ阿部ちゃんを良い雰囲気で送り出すことが出来た。
堀のある埼スタでは実現出来ない別れの雰囲気。
その雰囲気を感じた残る選手が何かを感じてくれる事を祈りつつ足取り軽く駒場を後に。

浦和レッドダイヤモンズ7-0(前半4-0)東京国際大学
得点者:5分エジミウソン、30(PK)・45+1分ポンテ、39分セルヒオ、48・88分原口、72分高崎
入場者数:9,701人

|

« 敵状視察 天皇杯2回戦 東京国際大学戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/49382841

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯2回戦 東京国際大学戦:

« 敵状視察 天皇杯2回戦 東京国際大学戦 | トップページ | 敵状視察 アウェイ F東京戦 »