« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.29

参戦の記録 ホーム 新潟戦

2-0 勝利(2010.09.25 埼玉スタジアム2○○2:車)

4時キックオフで正午頃にスタジアムへ。
台風が海上を北に抜けて朝方の曇りから天気は回復。秋特有の高い青空が広がり始める。
彼岸を過ぎたらすっかり秋の気候。短パンからGパンに装いは変更。

駒場でのレディース、ボーイズマッチのU-13、そしてトップチームと新潟相手の三連戦。
駒場はパスし埼スタの二試合にかける。

小中学校の運動会シーズンに当るこの時期。土曜開催だと4万人いかない。この日は3万2千人弱。分かってはいるがやはりスタンドが寂しいのは悲しい。

ボーイズマッチは零封して2-0勝利。願わくば北のゴールで点を決めて欲しかったが文句は言うまい。レディースと合わせてここまで5-0、幸先は良い。

千葉国体の開会式に向かうブルーインパルスがダイヤモンドデルタで埼スタ上空を通過する。六番機がチョットズレてたが秋の空には映えるね。帰りはスタジアム南方を通過して行った。

さて肝心のトップの試合、先発は
GK 山岸
DF 平川、スピラ、暢久、サヌ
MF 細貝、柏木、ポンテ
FW 達也、エジミウソン、原口

平川が1週休んだだけで復帰し岡本はサブ。同じく怪我から復帰のセルヒオもサブ。

・前半は新潟ペース。90分は続かないだろうと明らかに分かるペースでプレスを掛けてくる。
・ここ最近は序盤で回せていたが、相手の圧力が強く球回しが乱れる。
・15分頃にヘディングで競って着地に何かあったかスピラが倒れて×。この試合は何とかなるが以降のDFの層が気になる(結局、8週間とのこと、痛い)。
・ただブラジル人頼みの攻撃に肝心のブラジル人が居ない新潟の悲しさ。チョだけ押さえれば何とかなると明らかに感じさせる。
・押されてはいたが危ない場面は数えるほど。怖さはない。
・はじめは1トップのエジの下に右10、中11、左24だったがやってくうちに自然とポンテが真ん中に。
・前半も25分を過ぎたあたりから徐々に圧力が弱まり球を回せるようになってくる。サヌからエジでの右のアウトに掛けたトリッキーなシュートはGKに弾かれポストをかする。惜しい。
・終了間際の柏木の美しい弧を描いたシュートが決まるのも圧力が弱まった中での必然の流れか。
・後半開始しばらくしてサヌを下げ、平川を左に回して岡本を右SBに投入。岡本、この日はかなり落ち着いていた。もう完全に戦力。
・新潟の動きは前半と比べて明らかに落ちており、後半は浦和ペース。
・動きの落ちてきたポンテに代えて25分過ぎにセルヒオ。
・その9分後に右で粘った達也から攻撃参加した岡本につなぎ最後は角度のないところからセルヒオで追加点。采配が当ったと言っていいかな。

ようやくホームで勝利。いつ以来かなんて忘れたがとにかく気分は良い。
ポンテが次節出場停止、スピラが怪我で多分次節はダメと翌週のことに不安は尽きないが、好天での気持ちの良い勝利、素直にこの日は勝利を楽しんだ。

最後に一言。主審は酷かった。そりゃぁ、人間の視界は180°も無いけど、ちょっとくらい首振って周りを見てよって。

浦和レッズ2-0(前半1-0)アルビレックス新潟
得点者:45+1分柏木、81分セルヒオ
入場者数:31,973人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.24

敵状視察 ホーム 新潟戦

勝てば少なくとも新潟よりは上の順位になります。
どこまで上がっていけるか、一つ一つしっかりと。

アウェイへ行こう!!!   新潟戦がアウェイでなくて良かったと思えるくらい、新潟の芝は酷い。砂場の上のサッカーでは新潟には勝てそうにないから...。マルシオリシャルデス頼みのサッカーは健在。いないと勝てない、いれば勝てる、ハッキリしてる。
25日は出るの?出られないの?

悠々アルビ適     直前の練習の様子。前節に活躍したミシェウも別メニューという苦しい台所事情。でも大本営発表は前向きですが、腕に傷を負うチョ ヨンチョル頼みというのが実態。それでもうちより上にいるのだから、マルシオの力というのは凄いんだなと実感。
出ないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.22

参戦の記録 ホーム 清水戦

1-1 引き分け(2010.09.18 埼玉スタジアム2○○2:車)

4時キックオフで正午頃にスタジアムへ。
暑いが許容できる暑さ。

有志が来場を呼びかけるビラを配ったりしていたが、この時期は学校行事とかあってなかなかスタジアムに人が集まらない。
結局、4万人割れ。でも、スタジアムの一体感は出てきた。クラブの経営的にはチケット販売数なのだろうけれども、まずは雰囲気作り。
それは出来つつあると思う。

先発は
GK 山岸
DF 岡本、スピラ、暢久、サヌ
MF 細貝、柏木、ポンテ
FW 峻希、エジミウソン、原口

怪我の平川の代わりに岡本。どんどん若手が出てくることは好ましい。
腕の脱臼から戻ってきた達也が久しぶりにベンチ入り。

・相手が上位のチームであろうとも、支配されるということはなくなってきた。安定した序盤の入り。
・岡本も安全運転ながらそつなくこなす。
・前節キレを欠いていたエジにキレが戻り素晴らしい得点。
・その後の1対1を元気が決めてればねぇ...。
・失点のシーンはフッと抜ける悪癖が久々に顔を出した感じ。
・HTにポンテ→達也。よく動けていたがスペースを与えてもらえなかった。腕を気にしているそぶりも無く、今後に期待は持てるかな。
・焦ってくるとシュートを打たなくなるのが不思議。

またもホームでの勝利はお預け。本格的に涼しくなるのを待つしかないのかなぁ。
暑さ寒さも彼岸までか。

浦和レッズ1-1(前半1-1)清水エスパルス
得点者:19分エジミウソン、38分岡崎(清水)
入場者数:38,909人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.20

高円宮杯U-18 Round16

大和にて。

札幌ユースに2-4で敗戦。
今年はRound16で終了です。

逆転した後の試合の仕方もありますが、押し気味の序盤に逆に先制されたのが後々まで響いた感じ。
キチンと球を回すサッカーはトップと似て良いのですが、決めきれないあたりも似ているヤングレッズ。

でも、いいサッカーしてました。
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.17

敵状視察 ホーム 清水戦

蒸し風呂のようだった味スタが物凄く前のことに様に感じる位、一気に涼しくなって迎える埼スタでの三連戦は、ご丁寧にもチームカラーがオレンヂのチームを三つ並べてくれてます。

スタートは清水。
高円ではユースが6-2で圧勝、あやかりたいところ。

蹴狂日記     18節以降は1勝4敗ですか。11失点というのもなかなかエグイですね。疲れているときは疲れているときなりの戦い方のできるチームが最終的には一番勝点を積み重ねるのでしょう。そういう意味ではうちもあちらさんもまだまだ。

Jの奥底     とても詳しい前節清水戦の記録。私もたまたまスカパーで見てましたが内容は大宮の完勝でした。
ナビスコがあり中二日のタイトな日程の中、相性の良さからかヨンセン、太田といったあたりをサブに温存したのはやはりどこかで大宮を甘く見たんじゃないのかなぁ。ヨンセンを先発から外した試合は勝ったことが無いらしい。1節早くあたりたかった思わずにはいられない。
この辺りは試合順序の綾かなぁ。

オレンジ親父     三保でのシュート練習映像。確かに入らない。警戒するのはセットプレーかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.14

参戦の記録 アウェイ FC東京戦

1-0 勝利(2010.09.12 味の素スタジアム:車)

収まりかけてきていた残暑がぶり返しほぼ真夏の気候の昼間。
7時キックオフの時間設定に感謝。

出遅れたのでさいたま新都心から大宮線~5号線~中央環状線~4号線~中央道で所要時間は40分。しかし開門には間に合わず。

出遅れたので飛田給、西調布周辺の駐車場に空きは無く、少し離れた駅の1時間100円の駐車場に車を止め、京王線で西調布へ。
飛田給で降りるといい結果が出たためしがないので西調布。

人ごみが掃けた駐車場をゲートに向かって歩く。夕方になってよい感じの風が吹き始め少し安心するも、入場したら蒸し風呂状態。
背後が壁で閉ざされている味スタ。痛い誤算。

アメダスのデータ見てみると府中の気温は27.5度で風力4。とてもそんな環境ではないスタジアム内。
タバコの煙も無いのに照明の光がもやって見える。蒸し暑い。

集まって肩組んで跳ねて汗が吹き出る。
ピッチ上もさぞ蒸し暑かろう。

先発は
GK 山岸
DF 平川、スピラ、暢久、サヌ
MF 細貝、柏木、ポンテ
FW 峻希、エジミウソン、原口

けが人続出の中、天皇杯でもセルが怪我で離脱。代表組が帰ってきたがギリギリのメンバー構成。
2種登録されたユースの矢島は、この日は高円宮杯に出場でトップには帯同せず。

・蒸し暑い中での試合、動ける方が支配できる。週半ばにナビスコがあった相手よりもうちの方が総じて動けていた。
・その中でエジのコンディションがいまいちの感。トップに基点が作れないとサイドからの攻めも厳しい。
・スピラの成長? コンディションのアップ? が著しい。ヤマとの組み合わせは安心してみていられるし球際にも強さが出てきて非常に良い。
・蒸し暑い中での萌と柏木で構成する中盤は非常に良く動いていた。阿部ちゃんが抜けた後のチームの中心。その調子でガンバレ。
・峻希と原口の絡みは見ていて何かを感じさせる。これに直輝が絡んでいれば言うことないのだが...。
・ポストとバーにそれぞれ1回救われる。両方とも入ったらスーパーという感じだったか。
・PKを得たときの原口の切れ込みは鋭かった。PKはロビーお願いという感じ。
・残り15分くらいでエジ交代。無理して出てた感じもあるが...。て大きな怪我に繋がらない事を祈る。

PKの1点を守りきって完封。最後の10分間位の守備の時間は(今野の空振りに助けられたが)一体感があった。そういう意味では嬉しい1-0だった。

帰りは飛田給から電車に乗って駐車場に向かうも、人身事故で電車が止まりホーム入場規制というアウェイの洗礼。
丁度、動き出したタイミングで大事には至らず、9時40分位には駐車場着。
帰りは20号線~環八~笹目通り~新大宮バイパスの下道で10時50分くらいには北浦和着。
百歩で空腹を癒し帰宅。

半分寝ながら見たビデオはもう一度、見直そう。

FC東京0-1(前半0-0)浦和レッズ
得点者:66分ポンテ(PK)
入場者数:29,959人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.10

敵状視察 アウェイ F東京戦

リーグ再開で味スタ瓦斯戦。
4勝8敗9分でうちと7差の13位。

選手の世代交代の辛さはうち以上に感じている相手。
ここと比べると、高円を獲った時の世代がトップチームに5人いる浦和はまだましな方かと感じます。

CBの人材不足はいずこも一緒。
浦和はベテラン頼み、あちらは別ポジションの選手頼み。どちらも苦しい。

宇宙の海は俺の海     ナビスコ予選突破は羨ましいが、この時期のピッチの詰まった連戦はさぞかし辛かろうのナビスコ準々決勝第2戦はアウェイでの試合。
台風で辿り着けなかったサポ多数念を送るもスコアレスでアウェイゴール数で負けという何ともやるせない結果には...。
このメンバー構成がベストとは思えないし、どんな布陣で来るのやら。
休養十分で乗り込んで来る(マジうぜぇー)といわれてますが、こちらもそんなに面子に余裕がないんですけれども...。
相手の先発当てるよりも、うちとこの先発を当てる方がたぶん難しいと感じます。

相性の良さ継続で勝とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.08

参戦の記録 天皇杯2回戦 東京国際大学戦

7-0 勝利(2010.09.05 駒場スタジアム:徒歩)

前々日に1回戦を戦い勝ち抜いてきた埼玉県代表との戦い。
駒場での天皇杯の緒戦というのはトラウマがあるが、いくらなんでも大学生県リーグレベルに負ける訳にはいかない。

炎天下を徒歩で駒場に向かう。市高通りからファミマに寄って駒場緑地から東待機列へ。

天皇杯というイメージとは全くかけ離れた厳しい残暑。入場後の西日が眩しいと言うか暑いというか痛いというか...。

駒場のピッチは暑さにバテたか痛々しい姿を晒す。

メインやバック2階の入りは疎らだが、自由席部分は結構な入りで1万人弱、天皇杯初戦にしては良く入った方か。

先発は
GK 山岸
DF 峻希、山田、坪井、平川
MF 濱田、柏木、ポンテ
FW 原口、エジミウソン、エスクデロ

けが人続出、国際Aマッチデーで代表は抜かれるはでユースの矢島をメンバーに入れるぎりぎりのメンバー構成。

・実力差、コンディションの差、ホームアドバンテージ。さすがに去年の二の舞は繰り返さないしっかりした試合展開。
・去年の敗戦の戦犯と言って良いヤマと平川の動きが去年とはぜんぜん違った。
・開始5分の先制点で落ち着き、30分のPKで開放感。後は日頃、公式戦で見れないメンバーの動きを確認する時間。
・濱田の落ち着き具合が目立つ。相手との力のさもあるだろうが今後に期待できる出来。
・峻希が出たときの原口のやる気度合いは、やはり何か刺激を受けるものがあるのかな。2得点だったがそれ以外の切り込んでの惜しいシュートが入っていると1枚剥ける感じになるのだが、それは次戦以降にお預け。
・高崎、林、永田といった辺りも確認できたことは満足。

7-0の快勝。土曜日の高円の2試合を含めると、2日間で23ゴールを見ることが出来た週末に満足。

旅立つ阿部ちゃんを良い雰囲気で送り出すことが出来た。
堀のある埼スタでは実現出来ない別れの雰囲気。
その雰囲気を感じた残る選手が何かを感じてくれる事を祈りつつ足取り軽く駒場を後に。

浦和レッドダイヤモンズ7-0(前半4-0)東京国際大学
得点者:5分エジミウソン、30(PK)・45+1分ポンテ、39分セルヒオ、48・88分原口、72分高崎
入場者数:9,701人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.04

敵状視察 天皇杯2回戦 東京国際大学戦

埼玉県代表、東京国際大学との天皇杯2回戦です。

水戸の監督を三年前に招聘し、強化途上の大学チーム。
県の大学リーグ1部に上がってきて関東学連入りを狙ってるんでしょうね。

県予選でユースが1-3で負けた相手。
ケチョンケチョンに叩きのめしてほしいところでが、その辺りは入り方次第でしょう。

しかし、ユースがもし勝ち進んでたら、高円との取り合いはどうしたんだろう...。
は、いらない心配か。

とにかくキチンと勝ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »