« 敵状視察 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯3回戦 徳島戦 »

2010.10.06

参戦の記録 アウェイ 大宮戦

2-1 勝利(2010.10.02 埼玉スタジアム2○○2:車)

ホームスタジアムでのアウェイはいつもと勝手が違う。
午後1時キックオフでその6時間前に当抽ってことは前抽の時間と変わらない。

7時開始の当抽も列はすんなり掃け、7時20分には終了。一度、スタジアムを離れ自宅へ。
開門は10時半なので、1時間チョット自宅で過ごし再びスタジアムへ。

正面から日差しを浴びる時間に座席に居続けるのは厳しく、外のコンコースで時間を潰す。
出店している店もいつもとは違い、妙なものに行列が出来る。
前回は替玉100円で人気を博した味仙ラーメン、今回は替玉100円サービスはないものの、お値段リーズナブルで結構な行列。

大人の事情があったのか、栗鼠ポイのゲーフラはなし。
あちら側に「大宮独立」ってのが出てたと思ったら、こちら側には「大宮孤立」のゲーフラ。準備が良いね。

この週あたりは幼稚園、保育園の運動会シーズン。13時キックオフじゃ当然、人の集まりも悪く、こりゃ2万人台だなと思いきや公式発表は33,660人。何を余分にカウントしたんだ?

さて苦しい台所事業の中、先発は
GK 山岸
DF 平川、暢久、坪井、サヌ
MF 細貝、柏木、達也、原口
FW エジミウソン、高崎

いつもの4-2-3-1からこの日は2トップに変えた形。
ポンテ出停、スピラが怪我、岡本がU-19代表で抜け、怪我明けの梅崎、2種登録の矢島がサブに入るギリギリのメンバー設定。

・中盤でうまく相手に圧力を掛けられた前半。危なげない試合運び。
・こぼれを拾って反転して柔らかく高崎にクロスを頭で先制。
・2点目は右足のループ気味に柏木。
・1ゴール1アシストの文句ない働きぶりをザッケローにはなにを思って眺めたか。
・前半終了間際に李天秀にDFが引っ張られたところをラファエルに突かれ失点。
・これで楽勝ムードが一転。
・後半は大宮が盛り返した感じながら危ない感じはなし。
・動きの落ちた高崎をホリに交代。4-3-3的な感じ?
・終了間際に元気を濱田に、達也を林に交代して逃げ切り。

強い方の埼玉の称号を奪還。名実共に。

終了3時で明るいのは何か変な感じがする。
アウェイの洗礼でスタジアム内の通路を通れず、一度外に出てバック裏を回り南広場へ。

来年も懲りずに埼スタでやってね。もう少したくさん人を連れて行くから。ダービーがあった場合は。

大宮アルディージャ1-2(前半1-2)浦和レッズ
得点者:4分高崎、16分柏木、45分ラファエル(大宮)
入場者数:33,660人

|

« 敵状視察 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯3回戦 徳島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/49658976

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 大宮戦:

« 敵状視察 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 敵状視察 天皇杯3回戦 徳島戦 »