« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.24

参戦の記録 さいたまシティカップ 大宮戦

0-3 敗戦(2011.02.20 NACK5スタジアム大宮:徒歩)

前日にボルテでレプリカを買ったついでに大宮公園まで行き並び列を確保する。百番台前半。
試合当日、朝7時半の点呼に向かう。100台前半で三列目。まぁ、そんなもんか。
出足はやはり遅いように感じる。

家に戻り支度をして再度出発。
徒歩で大宮に向かう。

新都心、郵政から合同庁舎の足元を北へ。
スーパーアリーナは「けいおん」のイベントでありえない位の人だかり。勢いのあるイベントは集客力が違う。

アリーナ先から線路を渡り中山道に降りて氷川参道の最初の鳥居をくぐり北進。
新都心から大宮公園まで40分。開門時間の11時少し前に待機列に到着。

意外と広いNACKのゴール裏、三列目の入場でも上の方の真ん中辺に席の確保は可能だった。

試合前はPSM恒例?の新チャント。今年のはかなり覚えやすい。と言っておいて今は思い出せないのだけれども、またその場になったら思い出すだろうから焦らない。

監督、コーチが変わり試合前のウォーミングアップのやり方もカラッと変わる。新しいシーズンであることを感じる瞬間。

先発は
GK 山岸
DF 平川、暢久、永田、宇賀神
MF 啓太、柏木、達也、マルシオ、原口
FW エジミウソン
4-2-3-1の布陣。典型的な。
サブにはマゾーラも控える。

・去年よりも縦へのパスを意識したサッカーか。
・ワントップのエジがまだトップコンディションに程遠い感じ。
・右の達也、左の原口が積極的に突っかける感じは去年より可能性があるか?
・マルシオはまだフィットしていない感じ。ボランチに入った柏木もまだまだ。
・永田の高さと安心感はいい感じ。やっと日本人のちゃんとした4バックのCBが入ってきたという感じ。
・大宮はラファエルが左に張りイ チョンスのワントップ。大してフィットしている感じではなかったが...。
・後半、物凄い力ずくのシュートと謎のPKと人が足りずにそれでも前掛かりになったところのカウンターで3失点。
・結果は完敗だが、PSMだから流そう。
・怪しげな判定を繰り返したこの日の主審、「今村」は今後、要チェックだ。
・左サイドに交代で入ったマゾーラは、劇薬の予感。監督が今後どう使って手馴らすかだな。
・中盤底の底上げが必要だと感じさせた試合。

内容も開幕2週間前にしては少し淋しい。2週間で頑張って上げてくれ。まずは次週の栃木戦だ。

帰りも歩きで来た道を戻る。
負けたが外食。与野のクアトロ、トレ。家族的ちょっとした記念日でもあったし。
隣席の客が賑やかだったり、サプライズのお客が来たりと試合より楽しめたのは良かったのか悪かったのか。

大宮アルディージャ3-0(前半0-0)浦和レッズ 
得点者:53分金(大宮)、75分ラファエル(大宮)、90+3分 東(大宮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.18

敵状視察 さいたまシティカップ 大宮戦

鳥栖戦をお休みした者にとっての初2011年バージョン浦和です。

相手よりも気になるのは自分のところの仕上りですが、相性の悪い隣のチームもやはり気になるところ。
ここで勝点を相当程度失ってますからねぇ。

相手さんが合宿の最後で行った岡山との練習試合の1本目の布陣が現時点でのレギュラーメンバーというところでしょうか。

GK 北野
DF 杉山 深谷 金英権 村上
MF 青木 上田 渡部 藤本 ラファエル
FW 李天秀

前の方は脅威だね。

でもやっぱり、うちの方が去年と比べると変更点が多いやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

まんさくの花 純米吟醸 吟丸

まんさくの花 純米吟醸 吟丸 生原酒 21BY

原料米:秋田酒こまち
精米歩合:50%
アルコール分:17%
酸度:1.6
日本酒度:+3.0
アミノ酸度:1.0
酵母:秋田No.12
杜氏:高橋良治
日の丸酒造株式会社(秋田県横手市)

秋田のお酒です。
購入元からは常温以上でお楽しみをとあります。
確かに、温度が上がるとフワッとした嫌みのない香りが広がります。

味わいは変に媚びないストレートな飲み口。
それに何とも言えない風味が香る、いいお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.13

敵状視察 PSM 鳥栖戦

正式には、「ベストアメニティスタジアム・ネーミングライツ継続記念試合」だそうです。
杯はかかっていないようですね。

九州遠征はリーグ戦の福岡戦に取っておかざるを得ない経済状況。
スカパーを録画して夜にじっくり見ることにします。

合宿中に同じ九州内でPSM。まぁ、タイミングが合ったからと思いきや、いろいろと動かれた方が居て実現した試合のようで(サガンティーノ 17 Skip)、先方さんの意気込みも相当のよう、それなりの雰囲気の中で試合ができることは喜ばしいことです。

相手うんぬんよりも自チームのメンバーがどうなるかが気になるところですが、監督談によると翌日の京都との練習試合とそれぞれで90分の出場を前提に試合に臨むとのこと。
現時点でのベストということでは無さそうですが、新戦力がどの程度フィットしているのかに注目して試合を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »