« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.27

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

3-0 勝利(2011.04.24 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

中断明けはホームから。
久しぶりの埼スタゴール裏。なんかホッとする。

店の構成も若干変わっているようだが腹ごしらえはいつもの山田うどん。
キツネの揚げが赤い座布団みたいに変化していた。

中断明けで体が鈍っているところに「歌え浦和を...」を4回はかなりハード。
(2日経った今でも両ふくらはぎが筋肉痛だ。)
試合開始前にピッチに水をまく。ペトロのリクエストらしい。相手に速い選手もいるが、パスのスピードを上げたいという意図なのかな。
結果は出たからこれからも継続するんだろう。

さてこの日の先発は、
GK 山岸
DF 峻希、スピラ、永田、宇賀神
MF 暢久、柏木、マルシオ
FW 達也、原口、エジミウソン
サブには順大、坪井、野田、青山、セルヒオ、マゾーラ、高崎

選手入場時は3色横のストライプのビジュアルとバックスタンドにハートの12の3色デカ旗で好きにならずにはいられない。
キックオフ前に黙祷。震災後、黙祷する場面にいたのは初めてだった。真面目に祈った。涙がこぼれた。
試合の雑感
・黙祷終了直後から大脱走で試合開始、黙祷から続く一連の流れで一体感が生まれた感じがした。
・暢久がアンカー気味に構える布陣で中盤の距離感が良くなっている印象。
・開幕戦と比べてもマルシオとエジの距離感が近くなっており良い感じ。
・永田、スピラの高さのあるCB陣がケネディをキチンと封じているのも頼もしい。
・チーム全体にゴールへの意識が高くなっていてシュート数も多い。これが結果にも結びついている。
・後半に受けてしまったのは今後の課題か。でも無失点に抑えたことは大きい。
・元気の今年に賭ける意気込みを感じた3点目に感動。
・残り5分ちょっとで出てきても見せ場を作るマゾーラはかなりヤバい。自分で撃てば入ったろうに。

久しぶりにホームの勝てる雰囲気のスタジアムに出来た試合。応援する我々も楽しいし、やっている選手も遣り甲斐があるだろう。
そんな雰囲気を自ら捨てて出て行った相手の4番は何を感じたんだろう。

浦和レッズ3-0(前半2-0)名古屋グランパス
得点者:12分マルシオ リシャルデス、25分田中達也、78分原口元気
入場者数:42,767人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.12

準備運動 トレーニングマッチ

見沼用水沿いの桜を愛でるのもかねて、埼スタで行われたトレーニングマッチに出かけてきました。陽気に誘われ自転車で。
一気に満開となって見ごろを迎えた桜。今年は大震災の影響から開花に係るニュースがほとんど報じられませんでしたが、いつの間にか満開。
例年、見沼用水沿いの桜は若干遅めで、周りが完全に満開の中、八部から九分咲き。
きれいな咲き振りを見ていると、気持ちが明るくなりますね。

スタジアムには長蛇の列。チームの状態はやはり気になりますわな。
レディースの練習試合の他にトップチームの試合と同時刻でユースの高円宮杯プレミアリーグ開幕戦があり、トップチームを見るとこちらが見られないのが非常に残念。

山形との試合は恐らく再開時のスタメンと思しきメンバーが出場。
山田さんがアンカー気味に構える布陣はまずまずの安定感。というか、山形の調子が上がってなかった。
開幕戦よりもマルシオがボールに絡めていたのをみて少し安心。
前線の3人もエジを筆頭に動きは開幕当初よりもかなり良くなっているのでその調子で2週間、上げて行ってほしいなぁ。

募金は岡本、大谷コンビの視線を背中に受けつつ直輝の箱に。

気持ちは徐々に復興モード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.01

アウェイ仙台

4/29に仙台、ユアテックで開催とのこと。

地下鉄は動く予定なし。アウェイから駆け付ける民にはなかなか厳しい条件。

判断材料の中ではそんなことは大きなウェイトを占めてはいないんだろうが...。

大人の事情や打算で開催が決まったのではないですよね。

4/29にやってよかったって言えるような雰囲気の試合になることを祈ります。

1か月後がどんな状況になってるかは想像できませんからね。


プロ野球との同時開催にこだわっての開催決定でないですよね。


微妙な判断だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »