« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »

2011.05.02

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

0-1 敗戦(2011.04.29 ユアテックスタジアム仙台:車)

午前2時半に自宅を出発。
東北道 久喜ICから北へ。
福島・栃木の県境あたりから福島市辺りまでは路面に凹凸があり走りづらい。

被災地へ向かう車の中にレッズサポの車もちらほら。車数は多く流れが鈍くなることもあったが、渋滞の発生はなく7時過ぎには仙台南ICから仙台南部有料道路へ。

今泉ICで下り、県道10号線を北上。未曾有の津波の被害を目に焼き付ける。言葉が無い。
仙台東部有料道路より西側に行くと津波の被害は全く感じられない。

市内の道路は構造物と土盛りの部分の継ぎ目はすべからく段差が生じており、応急で復旧した跡が目立つ。
倒壊した建物には出くわさなかったが、屋根が傷んでブルーシートで手当てしている家屋やガラスの割れた建物も点在。
スタジアムのある泉中央周辺に目立った被害は見受けられず。
スタジアムも特に変わったところはなし。

アウェイゲートの横に自衛隊の音楽隊の車両。迷彩服にてピッチ上で演奏。二度と見れない光景だろうなぁ。

試合開始前に市長と県知事のあいさつ。
この手のあいさつがアウェーであった場合の勝率が良くないことが頭をよぎる。

先発は前節と同様。
GK 山岸
DF 峻希、スピラ、永田、宇賀神
MF 暢久、柏木、マルシオ
FW 達也、エジミウソン、原口

・しっかりと後方でブロックを作ってSB裏に長いボールを送ってくるという分かりやすいサッカーをしてくる仙台。
・これをやられると浦和はピリッとしない。
・ボールは持てるがドン詰まってスペースができない。
・宇賀神のクリアーが相手にあたり外に出たと思ったらラインを割らずに残っていて梁に時間を与えた形でクロスを入れられ中で頭で合わせられて失点。油断した。
・ギシの判断の遅れやキックミス、球離れの悪さが目立つ。り済みが作れない。
・後半に達也→高崎で4-4-1-1みたいな布陣に。
・高崎の裏に出ようとする動きで変化がつきペナ周りでチャンスを作れるようになるも最後が合わない。
・暢久→マゾーラで元気を右に回す。いいところまでは行くが最後が抜けない。
・雨が降ってきてパスにスピードがついてより押し込めるようになるも後半の時計の進みが早く気だ付いたらロスタイムという感じ。
・スピラもあげての総力戦も時間をうまく使われタイムアップ。
・執念で負けていたかなぁ...。

喜ぶ仙台サポの歓声を背中にスタジアムを後にする。
途中、土産を買うも笹カマは生産できてないので販売されておらず。津波の被害をそういう面でも実感。
帰りの東北道、福島付近できれいな虹が北東の空に架かる。
仙台のための1日だったてことか。
午後9時前には自宅周辺に戻ってきた。与野本町の王将で寂しく反省会。

ベガルタ仙台1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:40分太田(仙台)
入場者数:18,456人

|

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/51535009

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 仙台戦:

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »