« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »

2011.06.09

参戦の記録 ナビスコ1回戦 ホーム 山形戦

2-0 勝利(2011.06.05 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

9時の当日抽選のために車でスタジアムに行き一度、帰宅。11時過ぎに改めて自転車でスタジアムに向かう。

予選リーグからホーム&アウェイのトーナメント方式に変わったナビスコの大会形式。
第7節仙台戦のチケットを手に埼スタへ。

当抽200番以降の待機列の人の少なさに愕然とする。2万人超えるかな?
前日ほどの日差しはなく蒸し暑さはあるが我慢できる程度。
天気予報では夕方、一雨あるような話だったが雲は高く持ちそうな感じ。

さてこの日の先発は、
GK 加藤
DF 峻希、暢久、永田、宇賀神
MF 啓太、柏木、マルシオ、原口
FW 高崎、エジミウソン
サブは達也、直輝の名前も見える。

試合開始少し前に来た人はマッチデーが売り切れで買えなかったらしい。初めてのことじゃないか(人が多過ぎて売り切れたことはあったが)。
寂しい限りだ。

で試合の雑感
・前週に引続き4-4-2で試合に臨む。
・まだまだスムースなビルドアップとはいかずぎこちない各駅停車のサッカー。
・ただ、この日の相手、山形のできはそんなぎこちない浦和以下で主導権は一応握れる。リーグ戦でうちよりもしたの順位に居るだけのことはある。
・引かれて2トップに走り込むスペースはないが、サイドにスペースがありSBが上がること数度。
・サイドに基点を作ってから元気がカットインしてシュートを放ちゴールを奪うが他の選手がオフサイドとのことでノーゴール。1点損した感じだが、この日はそれでも点は取れそうだなという感じがしたのは相手の酷さからか。
・前半終了間際に宇賀神の上がりからペナ内に侵入した高崎が倒されPK、エジが蹴るので少しどよめいたが、シミケンがあまりに動くのが早く難なくゴールし先制。
・久々出場の順大はボールがあまり飛んでこないせいもあるが極めて落ち着いてプレー、球離れも早く見ていてストレスを感じないプレー振り。
・後半も引続き攻勢。
・マルシオのミドルがバーを直撃等、見せ場はあるがゴールを割れない少し嫌な展開。
・柏木→達也でマルシオが1列下がり達也が右サイドへ。
・相手が達也の仕掛けを全く止められず、右サイドはやりたい放題だがゴールにはなかなか繋がらない。
・高崎→マゾーラ。飛び道具で打開を図るがマゾーラのシュートは相手に当たっちゃうんだよね。
・エジ→直輝、この日一番の拍手。
・押してたけどPKの1点止まりで勢いつかないなと思った89分に元気が得意のコースに切れ込み鮮やかなゴールをサイドネットに突き刺す。これでかなり救われた感じ。

三試合連続引き分けがチームの底だったと信じたい。このカップ戦の勝利で反転攻勢に転じたいね。
次は苦手の大宮、アウェイでのダービーだ。

浦和レッズ2-0(前半1-0)モンテディオ山形
得点者:45分 エジミウソン、89分 原口
入場者数:23,275人

|

« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/51892340

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ1回戦 ホーム 山形戦:

« 参戦の記録 ホーム 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »