« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

2011.06.26

印象深い引き分けで

1日経ってもあのPKの弾道が目に焼き付いてますね。

ハンドじゃないとかいう話もありますが、明らかにハンド。
名古屋には見えない位置、浦和のゴール裏はみんな見てた。

手には当たってた。とるかとらないかは扇谷次第。
扇谷は見える位置にいた。千代反田の右後ろ。右手の二の腕に当たった。
で、扇谷はとった。それだけのこと。

元気が、どフリーのマゾーラに球を出さなかった件があるので、マゾーラが球を抱えて離さなかったのも、まぁ、うなずけるか。
そもそも、エジ、マルシオの次のPKキッカーって決めてなかったのか?
アバウトなチームだこと...。

いろいろな雑音があるなかで、落ち着いてあのPK。
博打じゃなくて、高木が動いたから と信じよう。
動かなかったら引っ張ってズドンだったと。

で、勝点は1だけ。
苦手の東海アウェイ、よしとしようじゃないか。

高円優勝世代は頼りになる。

|

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/52049531

この記事へのトラックバック一覧です: 印象深い引き分けで:

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »