« 参戦の記録 ナビスコ1回戦 ホーム 山形戦 | トップページ | 滅失 »

2011.06.14

参戦の記録 アウェイ 大宮戦

2-2 引き分け(2011.06.11 NACK5スタジアム大宮:自転車)

朝九時に列整理のために一度スタジアムに行く。
競輪開催日で待機列は野球場の外周に引き込まれる。

朝方に一度止んだ雨が再び降り出し、午前中一杯はいかにも梅雨といった天候。
一度家に戻り、開門前の3時半過ぎに改めてスタジアムへ。
天候は回復、日も差すほど。

入場までにえらく時間がかかり中に入ったのは5時過ぎ。
日も傾き暑くもなく寒くもなく観戦に最適な環境。
震災以降、東電管内で始めてのナイトゲームとのこと。事前には減燈との話もあったが、そうしている様子はなかったかな。

さてこの日の先発は、
GK 加藤
DF 峻希、暢久、永田、宇賀神
MF 啓太、柏木、マルシオ、原口
FW 高崎、エジミウソン
と前節と一緒。リーグ戦でも順大を使ってきた。
スピラは代表から戻ってきているが、CBの先発は暢久のまま。
主審は家本、今回は当たりだったと言えよう。

で試合の雑感
・球を持たしてはもらえるが、しっかりとスペースを埋められてDFの裏を取れるような場面がなかなか訪れない。
・守備面ではラファエルと李天秀を捕まえられているのでそれなりに安心して見ていられたのだが。
・スローインからの早いクロスをうまくラファエルに頭で合わせられ先制を許す。ヘディングはいつも暢久のところを突かれて失点するんだよなぁ。
・後半開始時に高崎→達也。
・しっかりとやって逆転をと思っているところでのセットプレーからの失点は何ともいただけない。どフリーで深谷に頭で合わされてるのが遠目にも良く見えたぞ。
・後半に入って主審家本がいつものようにナーバスに笛を吹き始める。ゴール前で飛び込んだマルシオが交錯して倒れたのをPKにしてくれる。エジが決めて2-1。
・僅か3分で1点戻す。逆に考えればなんて無駄な失点してるんだってところ。
・2-1になってかなり押せ押せの感じになってくる。元気のドリブルがキレる。
・暢久をスピラに交代。これ以上、セットプレーでの失点は確かにしたくないわな。
・残り15分ちょっとでマゾーラ投入。代わるのが柏木か啓太で混乱。ツッチーが13を下手くそに書いて8に見えたというのが真相か。
・マゾーラ左、元気右がいつもの構成だがマゾーラを真ん中、達也が右で元気が左。
・大宮は元気のドリブルを止められない。元気の得点は倒された瞬間、主審を探してしまい、次に目を戻すとゴールに球が吸い込まれていた。蹴った瞬間は見られなかったんだなぁ。
・残り10分ちょっと、逆転したかったなぁ。
・いつもは強引にシュートを打って相手に当てるマゾーラがエジにパスしちゃうんだから...。

アウェイでの追いついての引き分けは、今のチーム状況を考えれば上出来だが、逆転していれば確実に今の低迷状況を抜け出せる感じだっただけに残念。
一番輝いていた元気は五輪予選のため4試合離脱。それに代わる輝きを誰が放つのだろうかね。

大宮アルディージャ2-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:37分 ラファエル(大宮)、53分 深谷(大宮)、56分 エジミウソン、78分 原口
入場者数:12,221人

|

« 参戦の記録 ナビスコ1回戦 ホーム 山形戦 | トップページ | 滅失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/51936073

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 大宮戦:

« 参戦の記録 ナビスコ1回戦 ホーム 山形戦 | トップページ | 滅失 »