« 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 広島戦 »

2011.08.22

参戦の記録 アウェイ 甲府戦

2-3 敗戦(2011.08.20 国立霞ヶ丘競技場:電車)

前日までの猛烈な暑さから一転、曇りがちの涼しい天候。
柏戦もそうだったが、今年の国立での試合はどうも雨との関係が深い。

京浜東北で与野駅から秋葉原、総武線で信濃町下車。アウェイは代々木門なので千駄ヶ谷の方が近いのだが、駅を下りてからの買い物に信濃町駅横のミニストップが便利なのでいつのこちら経由。
ホーム甲府のツアーバスを横目に絵画館前を通過し2時半過ぎには代々木門に到着。

入場してしばらくしてもアウェイゴール裏はスカスカ。バック上段なぞ開く訳もなく、寂しい国立の風景。
折角の甲府サイドのご配慮での国立開催。アウェイとバック上段まで赤く染めてさしあげたいんだが、昨今の経済情勢とチームの不出来では望むべくもない。
甲府さんゴメンナサイだ。

予報では6時ころから雨の予報だったが空は何とか持ち降り始めず。

先発は
GK 順大
DF 峻希、スピラ、永田、平川
MF 啓太、柏木、直輝
FW 達也、ランコ、原口
出場停止明けのマルシオは体調不良からかベンチスタート。
前節から暢久とスピラが入れ替わっただけの布陣で試合スタート。

・左に張る甲府のパウリーニョを捕まえ切れない。
・付いている峻希が振り切られてしまうのもあるが、中のハーフナーマイクを把めていないDFにも問題が。
・パウリーニョの1点目とハーフナーマイクの2点目は、共に申し分ないゴールシーン、何とかならんかね。
・セットプレーで柏木のFKで返すもその後の展開に行き詰まりを感じて案の定の失点で1-3、案の定って言うあたりがこちらのチームへの信頼度が低いことを表しているのだが...。
・1点差で折り返せば相手が少しはバタつくものの、2点差では何とも。
・HTで直輝に代えてマゾーラで2トッフ。でも、機能してるとは言い難いなぁ。
・切羽詰まった時のマゾーラは中に切れ込むので相手にバレてんだよね。
・ランコに代えてセル。これも中に球が集まる交代。
・相手が甲府じゃなかったら、あと2点は取られただろうな。
・最後は啓太をマルシオに代えて前掛かり。ようやく日の目を見て柏木のキープからセルのシュートで1点差。遅いよ。

相手を舐めてかかってたでしょっていう典型のような試合。ゴール裏に油断が無かったのかと言われれば、そりゃぁ、若干の上から目線があったことは否定しないが、選手ほどじゃぁないかな。
ホームでのパウリーニョのバー2発をきっちりと返されての完敗。

降格ラインを気にしつつの星取り勘定が今の浦和には必要なことを実感。
そういう意味で痛い敗戦だよ。

帰りも信濃町経由で与野まで。
腹が減った状態でのコンビニショッピングは侘しいのぅ。

ヴァンフォーレ3-2(前半3-1)浦和レッズ
得点者:13分・43分 パウリーニョ(甲府)、19分 ハーフナー マイク(甲府)、23分 柏木陽介、83分 エスクデロ セルヒオ
入場者数:21,589人

|

« 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/52535719

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 甲府戦:

» 柏木・原口A代表 [REDS-WING2]
REDSからは二人が選出されましたね、まあ、今のチームの体たらくであっても、ザックはしっかり見ていてくれたことが素直に嬉しいですね。 やはり、就任から負けなしの代表監督は、どこかのアホ監督とは一味違います。 北朝鮮戦では、前半で勝負を決めてもらって二人を是非実戦で試して欲しいものです。 *GKでは密かに加藤が選ばれるのではないかと期待していました。このまま精進していって欲しいな~。 ... [続きを読む]

受信: 2011.08.26 11:50

« 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 広島戦 »