« 変化していこうよ | トップページ | 高円宮杯U-18プレミアリーグ 対流経柏 »

2011.09.17

参戦の記録 ナビスコ2回戦 ホーム 大宮戦

2-0 勝利(2011.09.14 埼玉スタジアム2○○2:車)

仕事は午後半休をとりスタジアムへ。
残暑がぶり返して本当に暑い。少し秋の乾いた風に慣れたところでの蒸し暑さは体にこたえる。

アッパースタンドを開ける意味が無いくらい少ない観客。チーム状態が悪い上にシーチケ対象外の試合とくる悪条件、恐怖の1万人割れも覚悟する入りの悪さながら何とか1万3千人。

先発は、
GK 加藤
DF 平川、スピラ、永田、宇賀神
MF 小島、柏木、直輝
FW マルシオ、セルヒオ、原口
中盤の底に小島。十分にやれると思うし期待したい。
セルヒオを1列目の真ん中という今までに無かった布陣。
ランコも今ひとつ、この前の高崎の出来の悪さを考えるとそれもありかなと。

ゴール裏とメインの断幕はメッセージ性のあるものだけに絞り応援も基本はチャントなし。選手の自覚を促す。

・前半は互角か。
・浦和の好機はマルシオの無回転、大宮はラファエルのシュートを小島が跳ね返したシーンとピンパオンとの1対1を順大が止めたシーン。
・1列目の真ん中がポストを得意としないセルヒオなので、流れて受けて角度をつけてサイドへという意図か。前半は少しパスの精度が悪かったかな。
・後半もメンバー変わらずスタート。
・直輝のボール奪取が目立つ。でも残念ながら1枚カードをもらってしまった。でも気持ちは感じる。
・小島も安定感あり。
・大宮がフッと抜けた時間帯に前線でマルシオがボールカット、直輝を経由してセルヒオがPA内に進入し倒されてPK奪取。
・マルシオが完璧なコースで決め手重圧から開放される。
・2点目は小島から元気への浮き玉の縦パスで元気がスピードを落とさずにGKをかわして流し込み2-0。
・久しぶりに安心して見ていられる試合に。
・セル→ランコ、平川→宇賀神。
・ランコがシュートを決めるときはいつもオフサイド。
・残り10分で直輝→梅崎。直輝がいない週末の予行演習か。

最後は少し疲れてバタつくも無失点で試合を終える。アウェーゴールを与えなかったことは大きい。
日曜日の敗戦から中2日、不安な気持ちでこの試合を迎えたが、「よし、次」という気持ちでスタジアムを後にする。久しぶりに気持ちが上向いた。

それにしても帰り道が人も車も少なかったこと。

浦和レッズ2-0(前半0-0)大宮アルディージャ
得点者:52分 マルシオ リシャルデス、65分 原口元気
入場者数:13,036人

|

« 変化していこうよ | トップページ | 高円宮杯U-18プレミアリーグ 対流経柏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/52751311

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ2回戦 ホーム 大宮戦:

« 変化していこうよ | トップページ | 高円宮杯U-18プレミアリーグ 対流経柏 »