« 参戦の記録 ナビスコ2回戦 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ杯準決勝 G大阪戦 »

2011.10.03

参戦の記録 アウェイ G大阪戦

0-1 敗戦(2011.10.02 万博記念競技場:車)

先発
GK 加藤
DF 宇賀神、スピラ、永田、野田
MF 小島、柏木、直輝
FW マルシオ、ランコ、原口
マゾーラはメンバー落ち。ナビスコ大宮戦の出来を考えると仕方が無いか。原がメンバー入り。
右SBが宇賀神とは。ガンバ相手にSBは守備力重視だと思うのだが、連戦を避けたのか。

ガンバにとっては20周年の記念の試合らしい。ボール投下したり人文字作ったりと色々やってました。ユニも記念の黒ユニで。
普通、こういう普段と違ったことやるチームには負けフラグが立つものですが、今の浦和にはそれを追い風する感覚すら無くなってしまった様子。

10年目の監督に率いられた一流チームと、監督をとっかえひっかえ代える一流になりたいけどなりきれないチームの戦い。
痛いほど監督のチーム作りの差を感じさせられた試合に。

・ナビスコで2点とお目覚めだったランコもガンバとしては御しやすいFWだったよう。カウンター以外は縦に抜ける動きをしないFWは強いとはいえないガンバのDFでも楽々完封。
・中盤を支配された状況。何で相手はパスコースが複数あって、うちのチームは素人でもわかるパスコースしかないんだろう。
・我武者羅に頑張る直輝、柏木の姿が悲しい。戦術ってものを授けてあげられないのか。
・前半0-0で折り返せればひょっとしてと思い始めた時間に遠藤→イ グノに中央を割られ順大の股を抜かれて失点。唯一の勝ちのプランが崩壊。
・ラフーニャとイグノがしきりにDFの裏を狙う動き。ちゃんと対策を考えてくるチームは違う。それに引き換えうちはサイドからの個人の突破に頼るだけの駄目なサッカー。
・ペトロはそんな10年前のサッカーでも日本では通用すると思ってんのか。
・ファールでしか止められない状況も頻発、両SBは前半に二人とも黄紙を受領。宇賀神は累積で出場停止のため野田をピッチから下げて最低限のリスク管理。後手に回る采配。
・小島に代えて梅崎。マルシオが1列下がり梅崎右。
・このあたりから相手の中盤がルーズになりボールが持てるようになる時間も。
・ただ、最後のパスの意思疎通だとか、シンプルにやるべきところで一手間かけすぎたりとかで決定的なチャンスはなし。絶望感が次第に...。
・順大から梅崎へのパントキックからのカウンターがこの日一番の見せ場だったか。
・前掛りになりカウンターを数度食らうもラフィーニャに助けられる。0-3で済んだかどうか。

前向きに語れる話題が何も無い試合。やっている選手も辛かろう。
相手サポも展開されるサッカーのひどさに哀れみ感じたんではないか。
気持ちを強く持って事に当たらないと落ちちゃうね、これは。何とかせねば。

ガンバ大阪1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:28分 イ グノ(G大阪)
入場者数:20,053人

遠征の記録はたたみます。

車での遠征に日曜日夜の関西での試合はきつい。

当日出の当日深夜帰りでは体が持たないので、前日夜入り。
午後4時半過ぎに自宅を出て戸田南から首都高を5号線~中央環状~3号線で東名へ。伊勢湾道~東名阪~新名神を経由して万博到着は午後11時。
渋滞は大橋JCTでの20分くらい。

ペットボトルを列に置いて宿を取った江坂へ。軽く部屋で一杯やって睡眠。

翌朝の始動は9時過ぎ。ミスドで朝食後、10時半の列整理のため万博へ。

列整理後、車で梅田へ。イカ焼き(阪神スナックパーク)&うどん(うどん棒)というお決まりのパターンで腹ごしらえ。
電力不足や原発事故の影響を引きずる首都圏よりも繁華街の人手が多いように感じるのは気のせいか。

2時半の開門に合わせるために1時半前に梅田を離れ万博へ。他のイベントがあるせいか、南駐車所の車の数は例年より多めだが、ビジター側の待機列は例年より短く陸橋のおしまいくらい。寂しい風景。

ガンバの設立20周年記念試合ということらしく、色々とイベントをしていたが、スタンドにいると貧弱な音響施設にフルボリュームで音声を流しているので割れた音が非常にうるさく落ち着かないのでスタンド下で1時間ほど休む。
合間に見えたシジクレイ(懐かしい)が日本語が上手なのに感心。

タイミングが合うわけの無いボールの投下とカウントダウン等、色々突っ込みどころ満載のイベントのざわつきも、試合には全く影響せず、完敗。

選手を見送り南駐車場へ急行。吹田IC流入は7時15分。
帰りも新名神~東名阪のルート。四日市の渋滞は名神での表示は6㌔だったが通過時には3㌔ほど流れが悪くなっただけ。
ただ、東名方面の情報板に通行止め情報の文字。袋井~掛川間が事故で通行止めとのことで、豊田JCT通過時にも解消の情報は無く、東海環状~中央道にルート変更。小仏トンネルの渋滞は17㌔との表示だったが、通過する12時過ぎには渋滞は解消しており圏央道を経由して関越道所沢流出は午前1時過ぎ。自宅到着は午前1時半でした。

負けた試合の帰りの運転は眠くならないのは何故なんだろう。

|

« 参戦の記録 ナビスコ2回戦 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ杯準決勝 G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/52902006

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ G大阪戦:

« 参戦の記録 ナビスコ2回戦 アウェイ 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ杯準決勝 G大阪戦 »